KYOGOKUカラーシャンプーは染める級に色味が入る?1日つけておいてみた結果

髪をカラーリングした後の褪色に欠かせないのが「カラーシャンプー」。

シルバーシャンプー、紫シャンプーなど、各メーカーで様々なアイテムがありますが、KYOGOKUが用意しているのは

  • ブルーパープル
  • ピンクパープル
  • ブロンド

の3種類。

どのカラーシャンプーも1回使うだけで見た目だけでなく、手触りまで違うと評判です。

今回はそんなカラーシャンプーを「1日つけておいたら」という検証をしていきます。

\ KYOGOKUから―シャンプーはこちらから /

目次

KYOGOKUカラーシャンプーの特徴

KYOGOKUカラーシャンプー

KYOGOKUのカラーシャンプーの特徴は

  • カラーシャンプーとしての効果を最大限に引き出すミニマリズム処方
  • 医療分野でも活躍する「水」の使用
  • 2種類の染料で透明感のあるコーティングを実現

希望の色・質感を出すために、必要最低限の原料とこだわり抜いた純水を使用しています。

また、1本でシャンプー・カラーケア・コンディショナー・トリートメント・毛髪ケア・地肌ケアの6役で、大切な髪の毛を守っています。

1本で6役を実現しているんです。

髪の毛のケアにも力を入れているので「傷みが気になる」という方にもおすすめです。

KYOGOKUカラーシャンプーの色味を見る

左からブルーパープル、ブロンド、ピンクパープルです。

毛束にしっかりと塗布して放置します。

どれも原液なので濃いですよね。

ちなみに、通常使う場合はこんな感じ

通常は泡立てた状態で髪を包むようにつけるので、見た目がこのようにやわらかい色にみえます。

先ほどの原液を塗った毛束の1日放置したものはこちら!

通常ならありえないのですが、今回は1日放置してみました。

流すとこんな感じです。

濡れているとちょっとわかりづらいですが、どうでしょうか・・・。

KYOGOKUカラーシャンプー暗めベース

10レベルほどのベースに塗布した結果がこちら。

15分と1日を比べると、やはり1日置いたほうがしっかり色味が入っているように思えます。

KYOGOKUカラーシャンプー明るめベース

14レベルくらいの明るめベースでは違いが見てわかります!

どの色も濃くなっていますが、特にブルーパープルがキレイに入っています

\ KYOGOKUカラーシャンプーはこちらから /

KYOGOKUカラーシャンプーを1日置くと

ブルーパープル使用感

時間をおけばおくほど色味が入りやすいカラーシャンプー。

KYOGOKUカラーシャンプーは通常は3分の放置タイムでOK。

1日置くのは普段では無理なので、濃く色を入れたいときは出来るだけ長めに放置し、それを毎日積み重ねていく方法がいいでしょう。

ぜひ素敵なカラーをキープしてみてくださいね。

この記事を書いた人
石川 舞
石川 舞
  • スピードマツエクのディプロマ取得
  • SABFAのメイク講習で検定ディプロマ取得
  • MSOJメイク検定2級取得

ナチュラルな大人可愛いから今時の可愛いまで、お客様に合わせたヘアデザインをご提案させて頂きます。メンズ似合わせカットや、透明感カラーが得意です。またアイリストのディプロマ取得済み。早いスピードと丁寧な技術でアイの施術も行っているのでヘアと合わせたトータルな似合わせのご提案は是非お任せ下さい。

KYOGOKU公式ラインでは様々なキャンペーンや情報を配信しています。

こちらも登録してみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる