KYOGOKU IROMEヘアカラーシリーズ 抹茶の染料成分を徹底解明していきます!!

KYOGOKUprofessionalより発売されている、KYOGOKU  IROMEヘアカラーシリーズについて、今回はIROMEエ抹茶に配合されている成分をほぼすべて解説していきます!

KYOGOKU IROMEヘアカラーとは?

14色からなるこのIROMEヘアカラーは、低アルカリでローダメージ設計でありながら透明感のある発色を実現したヘアカラーになっています。

また、IROMEヘアカラーにはほかのカラー剤には無い画期的なシステムを採用しています。

それが「KG OPTICAL ACTIVITY SYSTEM」です。

KYOGOKU IROMEのKG OPTICAL ACTIVITY SYSTEMとは?

IROMEカラーシリーズに採用されている、オプティカルアクティビティというシステムは、日本語に置き換えると光学活性(こうがくかっせい)という意味になります。

主に3つの働きが合わさってこのシステムを構築しています。

①KGダイヤモンドブリーチでベースをつくる

IROMEカラーは、ダブルカラーで最大の効果を発揮する染料の選定をしています。

そのため、ダブルカラーのベースを整えるためのブリーチ剤にもこだわりを持っています。

開発したブリーチ剤は、一度でしっかりとリフトアップをさせながら、ケアブリーチのような仕上がりを実現させています。

②KGカラーで透明感のある色をつくる

後ほど詳しく解説していきますが、カラー剤に配合する染料も通常とは異なる作り方をしています。

殆どのカラー剤は、8トーンが1番発色がでるように調整されていることが多いですが、IROMEヘアカラーにはそもそもトーンの表記がありません。

ベースをリフトアップさせた髪の毛に、いかに透明感のある色が作れるかを基準に色味の調整を行っています。

そのためカラー剤をキャンバスの絵に色を塗るかのように、色味を自由に操ることが可能になっています。

技術者の腕次第で、無限の可能性を秘めたカラー剤と言えるでしょう。

③KGカラーシャンプーでしっかり長持ちさせる

ダブルカラーの大きなデメリットは、髪の毛の元々ある色素を取り除いているため、褪色が比較的早いという点です。

IROMEカラー剤は低刺激でローアルカリ処方なので、褪色の原因となるダメージも軽減させています。

ただそこで終わらせるのではなく、施術後の色味の持続にも着目しています。

そこで開発したのがKYOGOKUカラーシャンプーです。

染めた色味に合わせて使い分けられるように3種類を開発。

カラーシャンプーに配合されている染料は単色ではなく、リフトアップした髪の毛に残ってしまう黄ぐすみなどを取り除くパープルを配合しています。

これにより、透明感のあるヘアカラーを崩すことなく、色味を長持ちさせることができるように設計されています。

これらのシステムを通して、光り輝くような透明感のあるヘアカラーを常に実現できるように作られています。

IROMEヘアカラー 低刺激で透明感のある理由

IROMEヘアカラーが、低刺激で透明感のあるカラーが実現できる処方は以下の3つです。

IROME①ペリセアキレート

「キレート」は邪魔な金属イオンを封鎖して、ヘアカラーを綺麗に見せる作用があります。

このキレート効果は、エデト酸塩という成分が関係しています。

さらに浸透促進作用のあるペリセアという成分が、染料を定着させてヘアカラーをより綺麗に見せる働きをしてくれます。

IROME②ローアルカリモイスチャー

ローアルカリモイスチャー処方は2つの働きからなっています。

マイクロアルカリ(低アルカリ)

IROMEヘアカラーシリーズはアルカリ度2.0〜3.4という数値です、

これは従来のヘアカラーと比べ、約2分の1程度ですので、それだけ低ダメージと言えます。

モイスチャー(保湿)

コレステロールやレシチン(リン脂質)という成分が髪に柔らかさを与えてくれます。

さらにカチオン化ポリマーという成分が、毛髪を保護する働きを持っているので、髪の毛にツヤを与えてくれるのです。

IROME③ダブルコンフリー

このダブルコンフリーとは、刺激緩和の作用があるコンフリーエキスが、1剤と2剤を合わせることにより従来品の約2倍の量になることから名付けられています。

ブリーチ毛に対して使用することを想定しているIROMEヘアカラーは、ブリーチをよくされるお客様のことも考えて低刺激処方にしているのです。

この3つの処方を組み合わせることで、透明感のあるヘアカラーと低刺激という、普通では対照的な2つの働きを両立させているのです。

IROMEヘアカラー抹茶の有効成分(染料)

ここからは、IROMEヘアカラー抹茶の有効成分を、1つずつ細かく解説していきます。

成分から色味を知って考えるという他ではなかなかない切り口で、抹茶の特徴を追求していきますね!

その前に染料の種類を知っておこう!

1剤と2剤を合わせて染める、酸化染毛剤に使用される染料には、

  • 直接染料
  • 染料中間体
  • 調色剤(カップラー)

これらの3つのグループに分けられます。

酸化染毛料は、この3つの酸化染料の種類や組み合わせを変えることで、染毛色を大きく変化させることができます。

特に調色剤(カップラー)との組み合わせが、最終的な仕上がりに大きく影響します。

調色剤(カップラー)は、水に溶かしただけではほとんど無色で、そこに過酸化水素水をまぜたとしてもほとんど変化はありません。

しかし、ここに染料中間体を加えると、染料中間体単独の色とは異なる色に発色します。

調色剤(カップラー)は単独では酸化されても発色しませんが、染料中間体と組み合わさることによって、重合して発色するのです。

その組み合わせにより色にバリエーションをもたせることができます。

このように、色を調節するができるということで、カップラーは調色剤と呼ばれます。

ではこのことを踏まえて、有効成分を1つずつ解説していきます!

硫酸トルエン-2,5‐ジアミン

もっともよく使用される染料中間体である「パラフェニレンジアミン」と似た色域を持っていますが、暗く染まりにくくやや青みの色に強く、赤みの色は彩度がでにくいのが特徴です。

カップラーと組み合わせることによって、バイオレット系・アッシュ系、・マット系を出すことができます。

逆に、ゴールド系・オレンジ系・レッド系などを、他の染料中間体が無い状態で出すことはできません。

塩酸2,4-ジアミノフェノキシエタノール

レゾルシン

カップラーの中では最もよく用いられる染料。

染料中間体と反応するときに多量体を形成しやすいため、くすんだ色が得意である。

直接染料以外で、汎用性の高い酸化染料で黄みの出せるカップラーは、このレゾルシンだけです。

※殺菌作用があるため、クレンジングや頭皮ケア製品に使用されていたりします。

2,6-ジアミノピリジン

マット系が得意なカップラーです。

比較的汎用性の高い酸化染料では、彩度の高い緑を出すことのできる唯一の染料です。

パラニトロオルトフェニレンジアミン

赤みを帯びた黄色をしている直接染料です。

濁りのない色を出すことができます。

主に赤や黄色など鮮やかな色で、パラニトロオルトフェニレンジアミンは赤みをおびた黄色の染料です。

 日本人の髪色をきれいに発色させるために、よく配合されています。 

直接染料にはこのほかニトロパラフェニレンジアミン(赤系)やパラメトキシメタフェニレンジアミン(青紫系)などがあり、全体的なトーンをウォーム系にします。

有効成分をまとめるとどんな色味になる?

有効成分に記載されている染料をまとめると

☑直接染料

パラニトロオルトフェニレンジアミン

☑染料中間体

硫酸トルエン-2,5‐ジアミン

☑カップラー

レゾルシン

2,6-ジアミノピリジン

このように分類されます。

基本的な配合は、鮮やかな緑が出せるIROMEエメラルドグリーンと似た染料バランスですが、よりくすみ感が出るように、レゾルシンの分量などを調整しています。

IROMEヘアカラー抹茶の仕上がり

ベースのトーンが違う毛束に抹茶を単品で染めた結果がこちらです。

緑系のヘアカラー剤は、各社鮮やかな緑で製造することが多いですが、色素の残留が気にならない色味でマット系のヘアカラーが出来る珍しいカラー剤に仕上がっていますね!

バージン毛に対しては単品使用は難しいですが、赤身が強い髪の毛に対しての補色に使用したりは出来そうですね!

抹茶のアルカリレベルと発色レベル

KYOGOKU IROMEヘアカラーにはアルカリレベルや色素の濃さの表記がありません。
初めて見た方は不思議に思ったかもしれませんが、これにはしっかりとした理由があります。

まず従来のヘアカラー剤には、各色にレベルが振り分けられていますよね?
例えばアッシュの8レベルのカラー剤であれば、アルカリレベルは8レベルまでリフトアップする量が含まれ、発色に必要なティントの量も8レベル相当のものが含まれています。

当然ながらバージン毛に対してヘアカラーをするのであれば、ベースのリフトアップに必要なアルカリ量を入れる必要があります。
しかし、ダブルカラーや既染部に色を入れる場合はリフトアップさせる必要はない訳なので、必要以上のアルカリ量になってしまい髪の毛に余計な負担をかけてしまいます。


IROMEヘアカラーがローアルカリ処方と言えるのは、各カラー剤に必要以上のアルカリを入れずに、さらに色素の量を多く入れる処方にしているからです。
そのため、IROMEヘアカラーのカラー剤に含まれるアルカリ量と色素の量は、レベルが同じではなくずれが生じます。

つまり、発色させる色素のレベルよりも高いアルカリを含まないのが、IROMEヘアカラーの最大の特徴です。

それではバージン毛を染められないのでは?と思われるかもしれませんが、そういった場合にはソフトクリスタルというライトナーを用意しています。

現代のヘアカラーに求められているのは、きれいに発色する色味です。
髪の毛への負担を限りなく減らしながら、しっかりと発色させるだけの色素を持ち合わせた新しいシステムを用いたカラー剤が、このIROMEヘアカラーシリーズです。
IROMEヘアカラーは使い込めば使い込むほどに、髪の毛に優しく高発色なヘアカラーの施術が可能になる、多くの美容師やお客様が求めていたカラー剤となっています。

ヘアカラーの常識は、このIROMEヘアカラーによって間違いなく変わっていくことでしょう。

アルカリレベル発色レベル
LvLv7

IROMEヘアカラー 抹茶まとめ

IROMEヘアカラーシリーズは、低アルカリで透明感のあるヘアカラーを実現させるために様々な工夫が施されています。

少し内容が難しくはなりましたが、カラー剤の染料の配合などを詳しく知る事で、よりレベルの高いカラー施術が出来るようになります。

KYOGOKU IROME抹茶

Sns share up
コメントコメントを書き込む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。