KYOGOKU IROMEヘアカラーソフトクリスタルとは??内容成分を徹底解明!!

KYOGOKUprofessionalより発売されている、KYOGOKU  IROMEヘアカラーシリーズについて、今回はソフトクリスタルに配合されている成分をほぼすべて解説していきます!

KYOGOKU IROMEヘアカラーとは?

14色からなるこのIROMEヘアカラーは、低アルカリでローダメージ設計でありながら透明感のある発色を実現したヘアカラーになっています。

また、IROMEヘアカラーにはほかのカラー剤には無い画期的なシステムを採用しています。

それが「KG OPTICAL ACTIVITY SYSTEM」です。

KYOGOKU IROMEのKG OPTICAL ACTIVITY SYSTEMとは?

IROMEカラーシリーズに採用されている、オプティカルアクティビティというシステムは、日本語に置き換えると光学活性(こうがくかっせい)という意味になります。

主に3つの働きが合わさってこのシステムを構築しています。

①KGダイヤモンドブリーチでベースをつくる

IROMEカラーは、ダブルカラーで最大の効果を発揮する染料の選定をしています。

そのため、ダブルカラーのベースを整えるためのブリーチ剤にもこだわりを持っています。

開発したブリーチ剤は、一度でしっかりとリフトアップをさせながら、ケアブリーチのような仕上がりを実現させています。

②KGカラーで透明感のある色をつくる

後ほど詳しく解説していきますが、カラー剤に配合する染料も通常とは異なる作り方をしています。

殆どのカラー剤は、8トーンが1番発色がでるように調整されていることが多いですが、IROMEヘアカラーにはそもそもトーンの表記がありません。

ベースをリフトアップさせた髪の毛に、いかに透明感のある色が作れるかを基準に色味の調整を行っています。

そのためカラー剤をキャンバスの絵に色を塗るかのように、色味を自由に操ることが可能になっています。

技術者の腕次第で、無限の可能性を秘めたカラー剤と言えるでしょう。

③KGカラーシャンプーでしっかり長持ちさせる

ダブルカラーの大きなデメリットは、髪の毛の元々ある色素を取り除いているため、褪色が比較的早いという点です。

IROMEカラー剤は低刺激でローアルカリ処方なので、褪色の原因となるダメージも軽減させています。

ただそこで終わらせるのではなく、施術後の色味の持続にも着目しています。

そこで開発したのがKYOGOKUカラーシャンプーです。

染めた色味に合わせて使い分けられるように3種類を開発。

カラーシャンプーに配合されている染料は単色ではなく、リフトアップした髪の毛に残ってしまう黄ぐすみなどを取り除くパープルを配合しています。

これにより、透明感のあるヘアカラーを崩すことなく、色味を長持ちさせることができるように設計されています。

これらのシステムを通して、光り輝くような透明感のあるヘアカラーを常に実現できるように作られています。

IROMEヘアカラー 低刺激で透明感のある理由

IROMEヘアカラーが、低刺激で透明感のあるカラーが実現できる処方は以下の3つです。

IROME①ペリセアキレート

「キレート」は邪魔な金属イオンを封鎖して、ヘアカラーを綺麗に見せる作用があります。

このキレート効果は、エデト酸塩という成分が関係しています。

さらに浸透促進作用のあるペリセアという成分が、染料を定着させてヘアカラーをより綺麗に見せる働きをしてくれます。

IROME②ローアルカリモイスチャー

ローアルカリモイスチャー処方は2つの働きからなっています。

マイクロアルカリ(低アルカリ)

IROMEヘアカラーシリーズはアルカリ度2.0〜3.4という数値です、

これは従来のヘアカラーと比べ、約2分の1程度ですので、それだけ低ダメージと言えます。

モイスチャー(保湿)

コレステロールやレシチン(リン脂質)という成分が髪に柔らかさを与えてくれます。

さらにカチオン化ポリマーという成分が、毛髪を保護する働きを持っているので、髪の毛にツヤを与えてくれるのです。

IROME③ダブルコンフリー

このダブルコンフリーとは、刺激緩和の作用があるコンフリーエキスが、1剤と2剤を合わせることにより従来品の約2倍の量になることから名付けられています。

ブリーチ毛に対して使用することを想定しているIROMEヘアカラーは、ブリーチをよくされるお客様のことも考えて低刺激処方にしているのです。

この3つの処方を組み合わせることで、透明感のあるヘアカラーと低刺激という、普通では対照的な2つの働きを両立させているのです。

IROMEヘアカラーソフトクリスタルの有効成分

IROMEソフトクリスタルの有効成分は、強アンモニア水です。

ソフトクリスタルはライトナーとしての側面があるためアルカリ剤が配合されていますが、ブリーチパウダーに配合されている過硫酸アンモニアとは違い、強アンモニア水を配合しています。

そのため、ブリーチ剤よりも優しく緩やかにリフトアップが可能となっています。

ノンブリーチでのトーンアップの役割や、パステル系に仕上げる際の彩度の調整、仕上がりの透明感upなどに使用可能です!

サロンワークの中でも、ブリーチはしたくないけど鮮やかなヘアカラーがしたいというオーダーはよくありますよね?

本来であれば無茶な要望だったりするのですが、このソフトクリスタルを使用すれ場ある程度可能になります。

ブリーチを使わずに暗い髪色から透明感のある発色を実現させるためには、必要不可欠なカラー剤となっています!

また、ブリーチ剤に少し混ぜることで、柔らかにトーンアップさせることも可能です!

IROMEヘアカラーソフトクリスタルまとめ

IROMEヘアカラーシリーズは、低アルカリで透明感のあるヘアカラーを実現させるために様々な工夫が施されています。

少し内容が難しくはなりましたが、カラー剤の染料の配合などを詳しく知る事で、よりレベルの高いカラー施術が出来るようになります。

KYOGOKU IROMEソフトクリスタル

Sns share up
コメントコメントを書き込む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。