シャンプーはいつまでに使い切ればいい?使用期限や保管方法について

シャンプー 使用期限

どれだけ高級なシャンプーでも時間が経ち古くなってくると、かゆみ、腫れ、赤み、発疹などの頭皮の荒れに繋がる場合があります。シャンプーにとって最適な環境で保管して、使用期限を守って使い切ることでシャンプーの効果を最大限まで引き出しましょう。

シャンプーはいつまでに使いきればいい?

シャンプー 使用期限

シャンプーに使用期限があるのか判断に迷うこともあります。ここではシャンプーの種類に応じていつまでに使い切ればいいかお伝えします。

一般的なシャンプーの場合

購入してから一度でも開けていれば半年から1年を過ぎる前に使い切ることをおすすめします。

シャンプーは常に高温で湿度の高い浴室に保管していますので、なるべく早い時期に使い切りましょう。保管場所を浴室ではなく湿気の少ない場所に移動させて管理すると長持ちさせることができます。

未開封のシャンプーは約3年が使用期限の目安です。稀にシャンプーボトルに使用期限が書かれていることもあるので、その場合は指示された期限に従いましょう。

無添加シャンプーの場合

無添加を売りにしたオーガニックシャンプーには品質を維持するための防腐剤が含まれていません。そのため一般的なシャンプーと比較して使用できる期間が短く、未開封であっても使用期限は1年半から2年という場合もあります。

無添加シャンプーにはいつまでに使い切るべきか容器に書かれていることも多いので、その指示に従って使い切りましょう。

アメニティ・サンプル品のシャンプーの場合

ホテルや旅館のアメニティやサンプル品として入手したシャンプーについても一般的なシャンプーと同じ使用期限を守りましょう。開封済であれば半年から1年、未開封であれば3年が過ぎる前に全て使い切るようにしてください。

ただし、一度開封してしまったアメニティやサンプル品のシャンプーは空気に触れたことで酸化して腐りやすくなります。

使用期限はあくまでも目安として考えて、開封をした後はなるべく早めに全て使い切るように心がけてください。

トリートメントやコンディショナーの期限

シャンプーと同様にトリートメントやコンディショナーも一度でも開けていれば半年から1年が過ぎる前に使い切りましょう。未開封の場合は3年が過ぎる前が目安です。

シャンプーの使用期限を伸ばす保存場所

シャンプーを腐らせずに長く保存するための正しい方法を紹介します。

冷暗所や乾燥した場所での保管がおすすめです。高温で湿度の高い場所や直射日光の当たる場所は避けましょう。暑い夏の時期でも高温にならず、カビの生えにくい湿度の低い場所で保管をしてください。浴室は特に高温多湿になりやすいため、シャンプーを置いておくには向かない環境です。

開封済みのシャンプーの保存場所

既に開封されたシャンプーは浴室ではなく、高温で湿度の高くならない環境で保存するのがおすすめです。入浴する前に使用する分量のシャンプーだけボトルから取ってから、使用するというのが使用方法として最も理想的です。

また、いつ開封をしたのか忘れてしまいがちなので、新しいシャンプーの開封時に開けた日付をボトルに書き込んでおくのがおすすめです。

未開封のシャンプーの保存場所

開けていないシャンプーも高温で湿度の高い場所、直射日光の環境を避けて、冷暗所や乾燥した場所に保管しましょう。

Q&A

シャンプー 使用期限

Q.シャンプーの使用期限はどこかに書いてある?

A.シャンプーの容器には使用期限について特に記載されていないことが多いです。

「3年を経過しても有効性や安全面が変わらず、使用しても問題ないものは、使用期限を記載しなくてもよい」と薬事法に規定されているためです。

Q.シャンプーはどうして腐るの?

A.使用している時に空気や水に触れて菌が繁殖することによりシャンプーは腐ります。

菌が繁殖することでシャンプーの品質は著しく下がります。浴室は特に高温で湿度が高く菌が繁殖しやすい環境下なので、浴室以外の場所で保存をして菌の繁殖を抑えましょう。

Q.使用期限の過ぎた古いシャンプーを使うとどうなるの?

A.菌の繁殖したシャンプーを使用すると、頭皮のトラブルが起きる危険性があります。

発疹、かゆみ、腫れといった頭皮のトラブルからフケや抜け毛にも繋がることがありますので、使用期限が過ぎたシャンプーは使用をすぐに止めましょう。

お知らせ

KYOGOKUの公式LINE@をご登録いただくと、プレゼント企画などのお得な情報をお届けします‼

少しでも気になった方は、お気軽にご登録くださいね♪

Sns share up
コメントコメントを書き込む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。