業務用 各メーカーのブリーチ剤の種類と比較 ホワイト・ケア・クレイ・パウダー

本ページはプロモーションが含まれています

2023年、美容産業は目覚ましい進化を遂げ、多様な先進的な製品が市場に導入されています。
このような背景の中、特に注目されているのがブリーチ剤のカテゴリーです。多くの方が既にお気に入りの商品を見つけている一方で、多種多様なブリーチ剤の中からどれを選べば良いのか、選択に迷っている方も少なくありません。
私自身も多くのブリーチ剤を試用してきましたので、その経験を基に、各製品の独特な特徴や効果を深く掘り下げて紹介します。今回の記事を通じて、読者の皆様がブリーチ剤選びの際の参考として頂ければ幸いです。
目次

ブリーチ剤の種類

今回は美容師200人に聞き取り調査をして、使っている人が多かったブリーチ剤を、用途・シーン別に使いやすいものをリストアップしてみました。
		
  • KYOGOKU PROFESSIONAL:ブリーチモンスター
  • Schwarzkopf:FIBREPLEX powderbleach
  • Schwarzkopf:FIBREPLEX claybleach
  • ARIMINO:BLEACH120
  • KYOGOKU PROFESSIONAL:リッチクリスタル+
  • wella:BLEACHクリーム
  • ACCESS FREE:POWDER BLEACH
  • ミルボン:ORDEVE addicthy Tint Clear

KYOGOKU PROFESSIONAL:ブリーチモンスター

  1. アジア人特有の褐色系色素を短時間で分解し、1度の工程で高品質な「白」を目指すことができます。
  2. ブリーチなのにローダメージ・更に高度なケア力、更に髪の毛が潤う保湿成分配合で「髪の毛の健康」を維持しながら明るい色に仕上げます。
  3. クリーミーなテクスチャーで塗布が容易なので、美容学生でも髪全体に均等に分府しムラなく仕上げることができます。
  4. KYOGOKUのブリーチ剤の中で1番色の抜けが早く、ダメージも最小限に抑えることが出来ます。
  • ムラサキパウダーが作用して、1回で白くリフトアップする。
  • とにかく液滴がたれにくい
  • ケア成分も多く、ホワイトブリーチとケアブリーチの両側面を持っている
  • パウダーブリーチなのにクリーム状になるくらい塗りやすく色ムラにならない

ブリーチの良いとこ取りをしている製品になっています。欠点という欠点はなく、価格が少し高いくらいでしょうか?

Schwarzkopf: FIBREPLEX powderbleach

  • この製品は、ブリーチ作業中も髪のケアが可能。
  • 短時間での髪の色の明るさの変化が期待できるため、ちょっとした色の調整に最適。
  • 他のブリーチ剤との併用がスムーズに行える。
  • 傷みが少ないため、色が持続しやすい。
  • すでにブリーチを施した髪には、より高いリフト力を発揮。
この製品は、少ないダメージで高いリフト効果を求める方や、わずかな色調整を求める方におすすめです。

Schwarzkopf: FIBREPLEX claybleach

  • クレイタイプのブリーチで、塗布範囲外の薬剤の拡散が制限される。
  • リフト速度はゆったりとしている。
  • 耐久性が高い。
  • 明確な境界線を出したい場合に最適。
  • 高いダメージを受けた髪でも使用可能。
  • 他のブリーチ剤と混合するだけで、適切なphや膨潤調整ができる。
ダメージがある髪をわずかに明るくしたい時や、境界線を強調したい時に活躍します。

ARIMINO:BLEACH120

created by Rinker
アリミノ(ARIMONO)
¥4,582 (2024/02/24 15:37:02時点 Amazon調べ-詳細)
  • このブリーチ剤は、市場でも非常に高いリフト性能を持つ。
  • 一方で、ダメージリスクも高め。
  • 赤味に非常に効果的。
特に、極めて明るい色合いを希望する顧客には最適。特定の色残りの強い部分にもピンポイントでの使用がおすすめです。

KYOGOKU PROFESSIONAL:リッチクリスタル+

  • 短時間でメラニンと酸化染料を効率よく分解するので、1度のブリーチでより白に近い色を目指すことが出来る。
  • ブリーチ剤が乾燥しにくくクリーミーなテクスチャーなので、操作性が良くスムーズに薬剤塗布ができる。
  • 色の抜けが早く、髪の毛や頭皮に薬剤が付着している時間が短くなり、ダメージ回避に繋がる。

カラー剤の色素の残留や、しつこい褐色系の染料も落とすことが出来ます。

wella:BLEACHクリーム

created by Rinker
ウエラブリーチ(WELLA BLEACH)
¥2,700 (2024/02/24 15:37:03時点 Amazon調べ-詳細)
  • クリーム形状ながら、パウダータイプのリフト感覚を持つ。
  • トリートメントの成分が含まれており、髪のパサつきを抑える。
  • 液滴の垂れにくさが特徴で、ホイル技法に適している。
クリームの塗布しやすさと、パウダーに近いリフト力のバランスが取れており、特にホイル技法や部分的な使用に適しています。

ACCESS FREE:POWDER BLEACH

  • 明るくなる速度は穏やか。
  • pH値は比較的低め。
  • 色のムラの修正がしやすく、白い帯状の発生が少ない。
  • 赤味にはやや効果が弱い。
複雑な色の歴史の補正や、髪の境界部分を自然に出したい場合に適しています。また、赤味を極端に取り除きたくない時にもおすすめ。

ミルボン:ORDEVE addicthy Tint Clear

created by Rinker
オルディーブ アディクシー(ORDEVE Addicthy)
¥2,828 (2024/02/24 15:37:05時点 Amazon調べ-詳細)
  • 脱色製品。
  • 基本的な色がすでに存在し、前回のカラーだけを落としたい場合に使用。
根本のリタッチだけを行い、全体のカラーが難しい場合、毛先にTint clearを適用するだけで全体のカラーリングがしやすくなります。

KYOGOKU PROFESSIONAL:リッチクリスタル+サファイア

  • 短時間でメラニンと酸化染料を分解し、1度のブリーチ処理でより白に近い仕上がりを目指すことが可能。
  • 色素の抜けが早いので、毛髪や頭皮に薬剤が塗布されている時間を短縮でき、負担を軽減できる。
  • デキストリン配合で髪の毛に潤いを与える。
  • 薬剤の乾燥を防ぎ、ブリーチ剤とは思えないほどクリーミーなテクスチャーで効率よく塗布が可能。

KYOGOKUリッチクリスタル+ サファイア(ウルトラブリーチ)は独自の薬剤配合で、カラー剤の色素の残留や、しつこい褐色系の染料も落とすことが出来ます。

結論

200人の美容師に聞き取りを行い、特に多かったブリーチ剤を今回は紹介しました。
どこのブリーチ剤を使えばいいか分からないと思っていた美容師さんは、今回の紹介を基に、選んでいただければ、大きな失敗はないのでしょうか?
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次