白髪の割合別グレイヘアカラーでオススメの明るめカラースタイル

白髪の割合別グレイヘアカラーでオススメの明るめカラースタイル

美容室でのヘアカラーでも、トップ3に入る悩みが「白髪問題」です。
30代後半から気になってくる方が増えてきますが、早い方であれば10~20代の早い時期から白髪が増えくる場合も。

今回はそんな白髪に悩んでいる方でもチャレンジできる、明るいグレイカラーについての解説と、オススメのヘアカラースタイルを紹介していきます!

ヘアカラーの色持ちを良くする方法も解説しますので、チャレンジしてみてくださいね!

目次

グレイカラーとは?

グレイカラー
グレイカラーとは、いわゆる「白髪染め」のことを指します。
一般的に30代以降から増えてくる白髪が目立たなくするように行うヘアカラーで、白髪の白い色と、地毛の黒い色の差を少なくするように染めていきます。

そのため、一般的には暗めのヘアカラーを行う場合がほとんどです。

暗く染めなければいけない?

ほとんどの方が「白髪染め=暗い色」というイメージを持っているのではないでしょうか?
実際にドラッグストアなどで売っている白髪染め用の薬剤や、プロが使用するヘアカラー剤のクレイカラー用の薬剤は暗い色のものが主流です。

しかし、白髪の状態や使用する薬剤、テクニックなどでその常識を覆すことが可能です。
そこでまず、市販品でのセルフカラーとサロンでのグレイカラーの違いを確認しておきましょう。

市販品でセルフで行う場合

市販品の白髪染め用のヘアカラー剤は、基本的には暗い色がメインです。
大体3~6レベルくらいの地毛に近い色から、~8レベルくらいの茶髪程度のラインナップですが、明るい色になればなるほど白髪のカバー力がなくなてくるので、髪質や白髪の割合によってはキレイに染まらないことがよくあります。

そのため、とにかく暗めに染めておけば失敗しにくいことから、セルフでの白髪染めは暗い色が好まれています。

今回紹介するような、明るいグレイカラーは自宅でのセルフカラーではほぼ不可能だと理解が必要です。

サロンでグレイカラーをする場合

サロンでグレイカラーを行う場合は、美容師が髪の毛の状態を確認して薬剤を選定するので、どれくらいの明るさならキレイに染まるかを判断してくれます。
ただ、単色でのグレイカラーをする場合は、サロンでのカラーと言えども、よく明るくすることが出来て8~9レベル程度までです。

それをカバーしていくのがヘアカラー技法なのですが、まず先に暗く染める場合と明るく染める場合の、それぞれのメリットとデメリットを確認していきましょう!

暗く染めるメリットデメリット

白髪がある髪の毛を暗くするメリットは、失敗しにくいという点です。
白髪染めは、白髪の部分とそうでない部分の明度や彩度を同じに近づけていきます。
暗い地毛を白髪の色に近づけるよりは、白髪の部分を地毛の暗い色に近づける方が難易度は下がります。

ただデメリットとしては、新しい髪の毛が生えてきたときに暗く染めた既染部と、白髪が生えてきた新生部都の色の差が生まれてしまうという点です。
根本が伸びてくると、その部分だけ白くなるのでかなり目立ってしまいます。
そのため、短い間隔で根本のリタッチカラーをする必要が出てきてしまいます。

明るく染めるメリットデメリット

明るく染めるメリットとしては、根本が伸びてきたときのコントラストの差を少なくできるという事です。
ただ、施術が難しくなってくるので、サロンでなければ上手くいかないというところがデメリットといえそうです。

明るめグレイカラーにおすすめのヘアカラー技法

明るく染めるグレイカラーと暗く染めるグレイカラー、どちらにもメリットとデメリットがあり、結局どうしたらいいかよくわからなくなってしまいますよね?
そんなときに解決してくれるのが「プロの技」です。

塗り分け施術が有効

明るいグレイカラーで、キレイに染めるためにはヘアカラーの「塗り分け技術」が非常に有効になってきます。
いくつか手法があるので、1つずつ解説していきますね!

ハイライト

上の動画のように、髪の毛のパネルを交互に分け取っていき、筋状に染めていきます。
そうすることによって、髪の毛全体に動きを付けたりすることが出来ます!
また白髪がある場合でも、単色でべた塗りするわけではないので、白髪が目立ちにくくなります。
根本が伸びてきたときも同様に色の差が出にくくなるので、リタッチなどに通う周期をかなり遅らせることが出来ます。

ベースの明るさよりもハイライトの分全体を明るく見せることが出来ますが、白髪の割合が多い場合はベースの色もかなり明るめにしたり、ハイライトの量を増やしたり工夫が必要になってきます。

バレイヤージュ

バレイヤージュ

バレイヤージュとは、フランス語で「ホウキで掃く」という意味があります。
上の画像のように、カラーブラシでVの字を描くように、髪の毛のパネル表面にホウキで掃くようにカラー剤を塗っていきます。
このように塗り分けていく事で、髪の毛の根本から毛先にかけて、非常に自然なグラデーションをいれていくことが出来ます!

バレイヤージュに髪の毛の表面は先ほどのハイライトを入れることが多いのですが、そうした塗り分けを行う事で、白髪が気になりにくくなります。
ハイライト単品よりも、さらに白髪をカバーすることが出来るので、白髪の割合の多い方でもチャレンジしやすい明るめグレイカラーが楽しめます!

エアタッチ

エアタッチはドライヤーの風で落とした髪の毛と、染める髪の毛ではっきりと分かれるので、グラデーションにはならずに根元から毛先まで同じ太さのラインが混ざった状態になります。
通常のハイライトとは違い、スジの太さがとても細かく、とてもナチュラルなのにこなれ感や髪の毛全体に軽さが出ます。
そのため、すごくきれいな色味の白髪ヘアー状態のようにカラーが出来るので、グレイカラーとの相性も非常に良いカラー技法となっています。

オススメの明るめグレイカラー

ではここからは、白髪の比率別の明るいグレイカラーのオススメカラースタイルを紹介していきますね!

白髪比率10%未満

白髪比率が10%未満の、気になりだした層の方におすすめの明るめグレイカラーを解説していきます!

①ナチュラルハイライト

ナチュラルハイライト

白髪の割合が多くなってくると、ベースの明るさとコントラストが出過ぎるので、まだ白髪がそこまで多くない方におすすめのナチュラルスタイルです!

②ピンクグレージュ

ピンクグレージュ

③シルバーバレイヤージュ

シルバーバレイヤージュ

④太目ハイライトグレージュ

ハイライトグレージュ

⑤ナチュラルチョコレートヘアー

ナチュラルチョコレートヘアー

根本が伸びてきても気になりにくい明度となっているので、明るめぐらいカラー初心者の方にもおすすめです。

白髪比率30%前後

続いては、ヘアカラーチャートでもベースとなっている白髪比率30%前後の方でもキレイに見せられる明るめグレイカラースタイルを紹介していきます。

⑥ハイトーンエアタッチ

ハイトーンエアタッチ

ツヤ感も非常に出る人気の高いカラーですが、根本が伸びてきたときは、白髪というよりも黒い地毛が気になってきます。
そのため、次回はバレイヤージュでグラデーションを入れていくなど変化を楽しむのもお勧めです!

⑦ミルクティーアッシュ

ミルクティーアッシュ

⑧顔合わりハイライトバレイヤージュ

ハイライトバレイヤージュ

バレイヤージュで毛先を前髪のハイライト部分と合せることで、全体のバランスが整います。

⑨ピンクグレージュエアタッチ

ピンクグレージュエアタッチ

⑩極太ハイライト

ハイライト

白髪比率50%以上

ここからは、かなり白髪の割合が多い方でもキレイに染められる明るめグレイカラーを解説していきますね!

⑪ホワイト×ブラックエアタッチ

ホワイト ブラックエアタッチ

白髪の割合が多くても問題なく染められるので、白髪比率がおいけど初めての明るめグレイカラーという方におすすめのデザインです!

⑫ピンクグレーヘア

ピンクグレーヘア

彩度をあえて抑えておくことで、根本が伸びてきたときに目立ちにくくなります。

⑬明るめグレージュ×バレイヤージュ

グレージュ バレイヤージュ

⑭インパクト抜群!ユニコーンカラー

ユニコーンカラー

白髪特有の黄味を抑える方法

白髪という名前ですが、日本人などのアジア系の髪の毛の場合は真っ白なわけではなく、結構な割合で黄色い色素が残っています。

そのため、ヘアカラーをキレイに維持する為には、この黄ぐすみを取り除かなくてはいけません。
そんなときに使用してほしいのがカラーシャンプーです。

KYOGOKUカラーシャンプー

KYOGOKUprofessionalでも大人気のカラーシャンプーシリーズがありますが、ヘアカラーの色味によって使い分けをすることで、より効果が発揮されます。

アッシュ系や寒色系の場合

アッシュ系やグレージュ系などの寒色系のヘアカラーの場合はブルーパープルのカラーシャンプーを使用しましょう!

KYOGOKUカラーシャンプーBP

KYOGOKUカラーシャンプーBP

名前の通り、ブルーとパープルの2色が配合されているので、アッシュ系の色味の追加と、黄ぐすみの打消しを同時に行ってくれます。

ブリーチ

このように明るめのヘアカラーに使用した場合に特に効果を発揮するので、明るめのグレイカラーに最適です!

赤味系・暖色系の場合

変わって、赤味系や暖色系のヘアカラーの場合はピンクパープルのカラーシャンプーを使用しましょう。

KYOGOKUカラーシャンプーPP

KYOGOKUカラーシャンプーPP

こちらにはピンクとパープルの2色が配合されていますので、髪の毛の黄ぐすみを打ち消してクリアな暖色系を追加することができます!

ピンク・パープルカラー

褪色したヘアカラーに使用した結果がこちらです↑
1回のシャンプーでもしっかりと黄ぐすみを取り除き、色味の追加が出来るようになっています。

まとめ

白髪染め=暗いという常識は、薬剤の進歩と技術の進歩によってなくなりつつあります。
いままで白髪があるせいで、ヘアカラーをたのしめなかった方は、この機会に明るめのグレイカラーにチャレンジしてみてくだ代ね!

お知らせ

今回使用したカラー剤やカラーシャンプーは、KYOGOKU professionalのオンラインショップで購入が可能です。
1度チェックしてみてくださいね!

京極カラーシャンプー

KYOGOKUカラーシャンプー

KYOGOKUの公式LINE@をご登録いただくと、プレゼント企画などのお得な情報をお届けします‼
少しでも気になった方は、お気軽にご登録くださいね♪

この記事を書いた人
井尾充将
井尾 充将
  • 2022/2月オープン予定「&chaLme」代表
  • 美容学校の技術講師
  • 2年連続ホットペッパービューティー
     人気スタイルランキング全国1位(140万人中)
東京の有名店HAIR DIMENSIONにて技術を学ぶ(有名雑誌のヘアメイクなど担当)。
美容師向けの技術講習会多数こなし、全国的なCM撮影のヘアメイクも担当。
現在は美容学校の技術講師を担当し、2022年2月には自身が代表を務めるヘアサロンをオープン予定。
美容師としての社会的地位を向上させる為に日々研究中。
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする