圧倒的にスピードアップ!KYOUGOKUマジッククリップの使用方法

丁寧な仕事と同じくらい、スピーディーな仕事は大事です。

しかし、技術スピードを維持しながら仕事の質も保つのは至難の技。

さらにスピードを意識するあまり、仕事が雑になっては失客の原因にもなってしまいます。

そこで今回はアカデミー講師の立場から、ヘアカラーの塗布スピードを早くするアイテムを紹介!

結論、ヘアカラーの塗布スピードがアップすることで技術の向上と売上アップが見込めます。

特にこのような悩みを抱えてる美容師さんに使って欲しいです。

  • アカラーの塗布スピード遅い
  • 1人オーナーのため2人体制でヘアカラーを塗れない
  • 簡単にヘアカラーの塗布が早くなる方法を知りたい

スタイリスト、アシスタント関係なく使えるアイテムなので参考にしてみてください。

\KYOGOKUマジッククリップはこちらから購入できます/

目次

KYOUGOKUマジッククリップでヘアカラーの塗布が時短できる

ヘアカラーを塗布する際に、ダッカールを使うシチュエーションって多いと思います。

しかし、ダッカールを使っていてこのように感じた経験はないでしょうか?

  • ダッカールがヘアカラー剤がつく
  • ヘアカラーの塗布時間が遅くなる
  • ダッカールに髪がひっかかる

KYOUGOKUマジッククリップは、これら全てを解消することが可能です。

さらにヘアカラーの塗布スピードも簡単に早くなります。

早速ですがヘアカラーの塗布スピードをアップさせるアイテムがこちらです。

「Salom Ryu」オーナー、京極琉が開発に携わった「KYOUGOKUマジッククリップ」です。

このようにダッカールの背中部分に櫛の歯がついてるのが特徴。

ただ、これだけ見ても「どうやって使うの?」と思いの方もいるはず。

ヘアカラーをする際、下記の画像のようにリタッチ部分が2〜3センチ生えている状態ってありませんか?

こういったヘアカラーのリタッチ部分を染めるときに、KYOUGOKUマジッククリップは重宝します。

KYOUGOKUマジッククリップ1本でダッカールの必要なし

KYOUGOKUマジッククリップの使い方を説明します。

まずはトップ部分に装着しましょう。

クリップ自体も長さがあるので、メンズのようにレディースと比較して頭が大きな人でも装着することが可能です。

髪を引っ掛けるとこのようになります。

あとはリタッチ部分にヘアカラーを塗布しながら、KYOUGOKUマジッククリップに髪を引っ掛けるだけです。

実際にヘアカラーを塗ってみるとこのような感じになります。

一般的にリタッチ部分を上から塗布する場合は、毎回ダッカールを使って留めながら塗ります。

そうしないと髪が落ちてきて塗布の邪魔になるからです。

さらにダッカールを使うと、留めた部分にヘアカラー剤が溜まる恐れもあります。

ヘアカラーが溜まってしまうと、その部分だけ明るくなり色ムラの原因にも…

しかし、KYOUGOKUマジッククリップを使ってヘアカラーの塗布をするとダッカールを使う必要がありません。

毎回のダッカールの取り外しがないので、塗布もやりやすいです。

その結果、圧倒的なヘアカラーのスピードアップが期待できます。

KYOGOKUマジッククリップは長い髪もちゃんとキャッチできる?

KYOUGOKUマジッククリップの説明していて「ロングヘアでも使えるの?」と思った方はいないでしょうか?

これくらいの長さのロングヘアのお客様に使ってみました。

KYOUGOKUマジッククリップで留めてみるとこんな感じです。

1cm幅で4パネルくらい取りましたが、問題なく髪をキャッチしてくれます。

念のために他のロングヘアにも使ってみました。

この方は、先ほどのお客様よりも毛量が多いロングヘアです。

毛量があってもしっかり留まります。

万が一、留まり方が緩いなと思ったら少し捻って留めれば問題ありません。

ほとんどの髪の長さに対応しているので、安心して使えると言えます。

KYOGOKUマジッククリップはブリーチ塗布でも使える?

KYOUGOKUマジッククリップは、ブリーチの塗布でも使えます。

逆にブリーチのような、塗布スピードが求められるヘアカラーこそ使ってもらいたいです。

ブリーチのリフトアップの速さは通常のヘアカラーの比ではありません。

ブリーチを塗布して5分もしたら、髪がどんどん明るくなっていきます。

ブリーチ塗布を常に2人体制で入れるなら、リフトアップが早くてもカバーできます。

しかし、土日の忙しい営業だとなかなか2人体制では入れません。

オーナー1人の美容室だと、そもそもアシスタントがいないのでブリーチ塗布は常に1人です。

特にこれくらいのロングヘアのブリーチは塗布時間がかかります。

KYOUGOKUマジッククリップを使えば、1人でもブリーチ塗布も素早く塗ることができます。

ヘアカラーの塗布スピードが遅くて失敗した経験がある方に試してみてください。

ヘアカラーの塗布に関する世界が変わります。

KYOUGOKUマジッククリップが必要な理由

KYOUGOKUマジッククリップの使い方は理解されたと思います。

次に「なぜ?他のダッカールではなく、KYOUGOKUマジッククリップが必要なのか?」を説明します。

KYOUGOKUマジッククリップを推す理由は1つだけです。

それは先ほどから説明していますが「塗布スピードが早くなる」からです。

ヘアカラーは塗った瞬間から発色が始まります。

そのため、どんなに丁寧に塗れていても時間がかかってしまうと色ムラになって仕舞います。

普段から2人でヘアカラー塗布をしていると、塗布時間も早く色ムラになる可能性は低いです。

しかし、1人でのヘアカラーの塗布は時間との勝負になります。

素早く終わらせないと時間差で色ムラになってしまい大変です。

つまり、色ムラを防いでヘアカラーをキレイに染める鍵は塗布スピードにあるんです。

そのためにKYOGOKUマジッククリップを使って欲しいと考えます。

スピードアップが売上アップに繋がる

人気が高く売れてる美容師ほど「技術スピードは速い」です。

なぜなら、売上を上げるためには時間をかけて自己満足な仕事をしていてもダメだということを知ってるからです。

プロはサロンワークで決められた時間内で、最大限のパフォーマンスをしなければなりません。

私たち美容師は、以下のように時間を切り売りして働いています。

【カットの場合】

  1. カウンセリング5分
  2. カット15分
  3. シャンプー10分
  4. ブロー10分
  5. 仕上げ5分

そのため、1日に担当できるお客様の人数には限りがあります。

人数の限界があるということは、自ずと売上の天井も決まってきます。

そのような状況で売上アップを目指すなら、以下の2つをどうにかしないといけません。

  • メニュー単価を上げて売上アップ
  • 技術スピードを早くして担当人数を増やす

実際問題、すぐにメニュー単価を上げるのは難しいです。

しかし、店全体で技術スピードをアップさせることは可能です。

技術スピードがアップすると、担当するお客様の数を増やせます。

お店に1日10人のヘアカラーのお客様が来店されたとします。

スタッフみんなが時間を意識してヘアカラーの塗布をしたら、一人当たり5分くらいは縮まるのではないでしょうか?

そうすると10人×5分で50分の時間が作れて、本来なら予約を取れなかったお客様を担当できるんです。

お客様をいつもより1人多く来店してもらえるだけで、KYOUGOKUマジッククリップの元は十分に取れます。

まとめ

今回のテーマ「圧倒的にスピードアップ!KYOUGOKUマジッククリップの使用方法」についての内容をまとめます。

  • ダッカールを何個も使わずリタッチ部分の塗布できる
  • 長い髪でもしっかりと留めることができる
  • 特別なスキルは入らず、すぐに使える
  • 塗布時間のスピードアップが見込める
  • ブリーチの塗布にもぴったり

技術スピードは一朝一夕では早くなりません。

それでもKYOUGOKUマジッククリップを使えば、明日からすぐにスピードアップが可能です。

この商品がみなさんのサロンワークのプラスになることを祈っています。

この記事を書いた人
RYUTA TOMONO (友野龍太)
RYUTA TOMONO (友野龍太)

2021年5月より京極琉のオファーを受諾しThe Diamond Kyogokuにディレクターとして移籍。
海外有力誌の表紙や巻頭特集を飾るなど国際的に活躍。
ヘアスタイリスト界のオスカー:NYのThe IBI Award2020で日本人初となるファイナリスト入りを果たし世界3位を受賞。
世界最大の美容の祭典:ロンドンのALTERNATIVE HAIR SHOW2021に於いて次世代のアーティスト20に選出。ヘアショーに出演。
2022年春夏ミラノコレクションで日本の2つのブランドでヘアメイクディレクターを務めた。
ヘアデザインの芸術的認知を目指して東京から世界に発信を続けている。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる