【KYOGOKUカラーセラム】全3色のレビュー!魅力や使い方を徹底解明します

脱色後

10月20日発売予定の「KYOGOKUカラーセラム」を一足先にレビューしました。

「カラーセラムってそもそもどういう仕組みなの?」「どんな色になるのか知りたい」を解決します。

カラーセラムの魅力や様々な使い方もご紹介しているので、これを見ればきっと詳しくなれますよ。

カラーセラム特有の性質を利用して、もっとカラーの可能性を広げましょう!

●塩基性カラーの仕組み

塩基性カラーという名前は聞きなれませんが、カラートリートメントの正式名称です。

まずはどういう仕組みで髪を染めていくのかを解説します。

塩基性カラーは、髪の表面について発色します。

分子が大きいので髪の内部に浸透できず、そのまま髪表面に付着、イオン結合して髪に色を付けるのです。

健康な髪は「+」のイオンを帯びているのはご存じでしょうか。

しかし、パーマやカラーなどダメージが加わると、髪は「+」ではなく「-」のイオンを帯びていきます。

塩基性カラーは「+」のイオンをもっているので、「-」のイオンを帯びているダメージ毛によくくっつきます。

ちなみに、同じようにリフト力がなく色味をのせる目的で使用するヘアマニキュアは「-」のイオンを帯びているので、ダメージ毛より健康な髪の方がどちらかというと相性がいいでしょう。

ではマニキュアはダメージ毛には使えないのか、といえばそうではなく「HC染料」といわれる分子の小さい染料が入っているので内部まで染色できダメージ毛も染められます。

塩基性カラーにも「HC染料」は含まれていますが、マニキュアと比べると少量なのが特徴です。

●KYOGOKUカラーセラムとは?

kyogokuカラーセラムとは?

それでは今回登場したKYOGOKUカラーセラムとはどういうものなのでしょう?

詳しく検証していきます。

カラーセラムの発色レビュー

まずはハイトーンの毛束を用意しました。

ハイトーンの毛束

そして、それぞれのカラーセラムを塗布していきます。

刷毛で馴染ませながら塗って、その後10分放置。

カラーセラム塗布

10分後・・・

カラーセラム仕上がり

とてもきれいな発色になりました。

かなりビビットなカラーなので、ヘアスタイルのアクセントにもぴったりです。

10分だけでこんなにしっかりと染まっています。

発色のよさが、わかっていただけたのではないでしょうか?

これはカラーセラムが塩基性の染料を、特殊な配合比率で配合することで実現できているのです。

次は、カラーセラムの発色意外の魅力もご紹介します!

【カラーセラムの魅力➀】ヘアケアについて

カラーセラム成分

このカラーセラムの魅力のひとつにヘアケア成分へのこだわりがあります。

従来のヘアカラートリートメントやヘアカラーバターなどは、発色をどれだけ出せるかに注力して作られていました。

ですがこのカラーセラムは発色はもちろんのこと、保湿成分でもあるバオバブオイルを配合しているので潤いを与えます。そのほかにもヒアルロン酸や加水分解ケラチンも配合しており、ダメージヘアには特に嬉しいアイテムとなっています。

発色だけではなく髪本体にも気遣いがあるんですね。

【カラーセラムの魅力②】色素残留しない

カラートリートメントは手軽に自分できれいな色を保てる便利アイテムですが、カラーチェンジの際厄介になることも。

一般的なカラートリートメントはどうしても残留色素が髪に残ってしまいます。

そのため希望に沿ったカラーが叶わないなんてこともあるのです。

そこで、ここでひとつ検証をします。

先ほどカラーセラムで色を付けた毛束に、ブリーチを使ってリフトアップするとどうでしょうか

どれくらい残留色素があるのか試してみます。

ダイヤモンドブリーチ

使ったのはこちら。

ダイヤモンドとリッチクリスタル+です。

それでは塗布していきましょう。

ブリーチ塗布

それぞれ毛先部分に丁寧に馴染ませます。

塗布後、2分置きました

残留色素

たった2分でこんなにきれいに色素が落ちました。

毛先だけ見ると、元の色がほぼ消えています。

カラーセラムは色素が本当に残留しにくいことがわかりました

そのため、頻繁にカラーチェンジをする人にもおすすめできるアイテムです。

◆ダイヤモンドについて

ダイヤモンドはKGカラーのシルバーコレクションのひとつ。

ワセリン効果で保湿、痛みを緩和してくれる従来のカラー剤とはちょっと違うところが魅力です。

ペリセアが染料を毛髪内部に定着させるので、きれいな発色が叶います。

染料の有効成分はメタアミフェノールで、グレイのようなくすみのある色合いです。

ほぼ色味がないので、一般的なクリア剤のような目的で使うとわかりやすいでしょう。

KYOGOKU IROME ダイヤモンド

◆リッチクリスタル+について

ハイトーンをつくる高性能ブリーチであるリッチクリスタル+。

メラニンと酸化染料を効率よく分解していくので、短時間で素早くリフトアップできるのが特徴です。

一度のブリーチでより白に近い髪色を目指せます。

粉っぽくないので髪に馴染みやすく、スムーズな施術が可能に。

クリーミーな質感で髪の乾燥も防ぐので、ムラになりにくいところも魅力です。

デキストリン配合で髪に潤いを与えます。

赤味の強い日本人特有の髪質でも、よりきれいなハイトーンに近づけます。

オリジナルの薬剤配合で、黒染めまで落とせるところもポイントです。

ダイヤモンドとリッチクリスタル、この二つを混ぜることでブリーチがより安定します。

リフトアップする際もムラになりにくく、扱いやすくなります。

KYOGOKU IROME リッチ クリスタル +

さらにダイアモンドの保湿性が頭皮への刺激も緩和したり乾燥を防いだりします

ブリーチ単体で使うのでは実現できなかった、手触りや質感を求めるなら「ダイヤモンド」と「リッチクリスタル」のミックスした「ダイヤモンドブリーチ」がおすすめです!

(推奨比率ダイヤモンド10%)

●カラーセラムはこんな場合に活躍します

カラーセラムの発色の良さ、さらに残留しないことが魅力でした。

ではどんな場合に活躍するのでしょうか。

◆ダブルカラーで発色のいいカラーをしたい人

ダブルカラーで発色のいいカラーをしたい人

ダメージが気になるダブルカラーをした髪に、ヘアケア成分を配合したカラーセラムはぴったりです。

髪に負担の大きいダブルカラーは「-」のイオンを帯びています。

そこにカラーセラム(塩基性カラー)の「+」がくっつくので、発色のいいカラーが定着します。

カラーセラムのきれいな発色を楽しみましょう。

◆インナーカラーの色味の追加

インナーカラーの色味の追加

インナーカラーにアクセントカラーを入れたあと、しばらく経つと色落ちしてきます。

そこで定期的に同系色のカラーセラムをアクセントカラーをしている箇所に部分的に塗布することで、ダメージを重ねることなく色素をプラス。

長くアクセントのインナーカラーが楽しめます。

◆シャンプーに少し混ぜて、カラーシャンプーとして

シャンプーに少し混ぜて、カラーシャンプーとして

普段使いのシャンプーにカラーセラムをミックスすれば、カラーシャンプーのようにラフに使えます。

シャンプーで薄まる分、ムラになりにくいので全体に馴染ませやすいでしょう。

ナチュラルに色味をのせられるので、軽く色素を補う目的で使えます。

●カラーセラムの価格

カラーセラムの価格

KYOGOKU PROFESSIONAL カラーセラムシリーズ

  • Fancy Vivid Pink(ファンクシービビッドピンク) 200g
  • Fancy Vivid Purple(ファンクシービビッドパープル)200g
  • Fancy Vivid Blue(ファンクシービビッドブルー)200g

小売希望価格は各2970円(税込)です。

カラーセラムでもっと自由な髪色を

カラーセラムでもっと自由な髪色を

カラーセラムは、従来の塩基性カラーとは違った透明感のある鮮やかな発色が特徴です。

きれいなカラーもヘアケアも諦めたくない、そんなときに役立ちます。

販売開始は10月20日予定です。

カラーチェンジを頻繁にする人でも、残留色素がほとんどないので気軽に使えます

ぜひ、きれいな髪色を持続させるのに取り入れてみてくださいね。

Sns share up
コメントコメントを書き込む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。