ブリーチがついても脱色しない!KYOGOKUエプロンの3つの利点

ヘアカラーをする際に、カラー剤が洋服につくと染まってしまい大変です。

そのため最近では、エプロンの着用が当たり前になってきました。

SNSなどを見ていても、エプロンをしながらヘアカラーを塗布してる投稿をよく見かけます。

しかし、ヘアカラーエプロンの種類は少なくネットで探しても「これが欲しい!」と言えるものは見つかりづらいです。

そこで紹介したいのが「KYOGOKUエプロン」です。

私もKYOGOKUのアカデミー講師をしながら、現場のサロンワークで着用しています。

正直、ここまで機能性がありコストパフォーマンスの高いエプロンはあまり見かけません。

この記事は以下のような悩みを抱えてる人にぴったりです。

  • ヘアカラーエプロンを探してる
  • 正直、どのエプロンを使えばいいかわからない
  • ヘアカラーエプロンを探しても、どれも高くて買えない
目次

KYOGOKUエプロンの3つ利点

KYOGOKUエプロンを実際にサロンワークで使用してみて、3つの利点を感じました。

それはこちらです。

  • ブリーチ剤がついても脱色しない
  • 計算された丈の長さ
  • エプロンの着心地

これらを1つずつ解説していきます。

\公式SHOPはコチラ/

KYOGOKUエプロンはブリーチ剤がついても脱色しない

KYOGOKUエプロンは、ブリーチ剤がついても脱色しません。

ブリーチ剤はオキシを2倍、3倍で混ぜて作るので粘着性が低いです。

そのため、ブリーチ剤は通常のカラー剤と比較すると飛び散りやすい欠点があります。

飛び散りやすいブリーチ剤は、いつの間にか洋服などに付着してしまってます。

美容師のみなさんもサロンワーク中、洋服にブリーチ剤が付着してショックを受けた経験があるはず。

しかし、KYOGOKUエプロンはブリーチが付着しても色が抜ける心配がありません。

このエプロンをプロデュースした京極琉がこちらの動画で解説しています。

実際に私もサロンワーク中にブリーチが飛び散ったりしましたが、色が抜けるようなことはりませんでした。

エプロン自体が脱色する恐れがないので、一度購入したら長期間の使用が可能になります。

丈の長さがポイント

KYOGOKUエプロンには、2つの大きなポケットが付いてます。

このポケットはゴム手袋や耳キャップなど、ちょっとしたものを入れたいときに使えて便利です。

そして、KYOGOKUエプロンが他のエプロンと最も違う点が「丈の長さ」です。

通常のエプロンよりもKYOGOKUエプロンは丈が長いのが特徴。

身長が183cmある大柄な私が来ても、これくらい丈の長さがあります。

ヘアカラーエプロンをネットで探した経験がある方はわかるかもしれません。

実はネット上で販売している、ヘアカラーエプロンはどれも丈が少し短いんです。

KYOGOKUエプロンは、すっぽりと膝下まで覆ってくれるのでカラー剤が飛びっても洋服につく心配もありません。

実際のKYOGOKUエプロンのサイズはこちら。

丈などのサイズが合わないと、オーダーメイドでヘアカラーエプロンを作らないといけなくなります。

調べてみたんですがオーダーメイドでヘアカラーエプロンを注文すると、金額が2万~5万くらいするので高額です。

アシスタントの方だったら、高すぎて手が出ません。

KYOGOKUエプロンは、6,600円という価格で良心的なのも魅力の1つです。

さらにKYOGOKUエプロンは黒を基調に作られていて、縦長のシルエットなので「細身に見える効果」もあります。

この細身効果は、KYOGOKUエプロンを購入された方からの口コミにもありました。

こういう効果って意外と嬉しかったりしませんか?

美容の仕事に携わってる以上、第三者からスマートに見えるって大事だと思います。

実際に着用してみて、細身効果を実感してみてください。

\公式SHOPはコチラ/

着心地が良くエプロン特有のゴワつきがない

私も15年美容師をしているので、これまで様々なヘアカラーエプロンを着用してきました。

その結果、ヘアカラーエプロンを着用してきて2種類に分かれると思ってます。

1つ目…ヘアカラーなどを弾く撥水効果があるエプロンだけど生地にゴワつきがある

2つ目…ゴワつきがなく着心地も良いけど、撥水効果が弱くカラー剤で染まってしまう

これまでヘアカラーエプロンを購入するときは、このデメリットを受け入れてどちらかを選ぶしかありませんでした。

しかし、KYOGOKUエプロンはこの2つのデメリットを解消したヘアカラーエプロンと言えます。

KYOGOKUエプロンは超軽量のコットン素材で作られており、肩への負担がありません。

さらに着用中も薄いカーディガンを羽織ってるような着心地で、サロンワークの邪魔になる心配もないです。

美容師の願いを叶えたKYOGOKUエプロン

今回のテーマ「ブリーチがついても脱色しない!KYOGOKUエプロンの3つの利点」についてまとめていきます。

  • 撥水効果がある
  • 黒地で丈も長いので細身効果がある
  • 価格が6,600円で他社の比較してもお買い得
  • 超軽量のコットンを使っており着心地が良い
  • 丈の長さが他のヘアカラーエプロンよりも長い
  • ヘアカラー剤やブリーチ剤がついても脱色しない

どのヘアカラーエプロンを購入いしていいかわからない方は、KYOGOKUエプロンを使えば間違いありません。

アシスタントからスタイリストまで幅広く使えるヘアカラーエプロンになっています。

この記事がヘアカラーエプロン選びの参考になれば嬉しいです。

\公式SHOPはコチラ/

この記事を書いた人
京極琉
京極 琉
  • SALON RYU代表
  • ロンドンでの世界大会優勝
  • KYOGOKU ACADEMY主宰
  • KYOGOKU PROFESSIONAL代表
  • SNSフォロワー総数100万人以上

21歳で「salon ryu」を開業。
2018年にはロンドンで行われたInternational Visionary AwardのCut&Colour部門でグランプリ受賞し、世界一の美容師の称号を得る。
プロの美容師のための商材ブランド「KYOGOKU PROFESSIONAL」の立ち上げや、美容師のためのオンライン学校「KYOGOKU ACADEMY」の主催など、美容業界の発展に尽力している。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする