KYOGOKUカラーシャンプーBP(ブルーパープル)でブリーチ後の黄ばみ抹殺

ヘアカラー後の退色防止で使われるカラーシャンプー。

現在では様々なメーカーがカラーシャンプーを展開しています。

そんなカラーシャンプー戦国時代の中で圧倒的に黄ばみを除去してくれるのが、KYOGOKUカラーシャンプーBPです。

正直、他社とは比較にならないくらい黄ばみを抹殺してくれます。

この記事は以下のような悩みを抱えてる人にぴったりです。

  • カラーシャンプーを使っても効果が低い
  • ヘアケアをしながらブリーチ後の退色を防ぎたい
  • カラーシャンプーのみでホワイトカラーような色を作りたい
目次

KYOGOKUカラーシャンプーBPの効果を比較

15レベルの毛束を用意してKYOGOKUカラーシャンプーBPの染まり方を比較をしてみました。

比較方法はKYOGOKUカラーシャンプーBPを使った毛束を10分と30分放置の2つに分けます。

放置時間によって、毛束にどれだけ色素が入るかの実験していきます。

15レベルの毛束なので、ブリーチ1回分くらいとイメージしてもらうとわかりやすいです。

また、他社とのカラーシャンプーの染まり方の違いも実験していきます。

KYOGOKUカラーシャンプーBPで10分放置後の毛束

KYOGOKUカラーシャンプーBPで15レベルの毛束を染めていきました。

10分放置後の毛束の色がこちら。

かなり黄ばみを除去しているのがわかります。

毛束の色がシルバーになっていて黄ばみを感じません。

KYOGOKUカラーシャンプーBPを使用前と使用後を比較するとこのような感じです。

この結果からKYOGOKUカラーシャンプーBPの色素濃度のレベルが、かなり濃いことがわかります。

一度のカラーシャンプーでここまで染まってくれるなら、お客様のアフターケアで十分に使えます。

サロンワークでもシルバー系やホワイト系の染まりが悪いときに活躍しそうです。

このKYOGOKUカラーシャンプーBPを使えば黄ばみをとってくれて、より透明感のあるヘアカラーが仕上がるでしょう。

KYOGOKUカラーシャンプーBP30分放置後の毛束

次に先ほどと同じ15レベルの毛束に、KYOGOKUカラーシャンプーBPを使って30分放置していきます。

毛束がこちらです。

10分放置の毛束と比較しても、かなり色素が入ってるのがわかります。

10分と30分放置の毛束を並べてみるとこのような感じです。

(左10分放置、右30分放置)

これくらい15レベルの毛束に対して色が入ってくれるなら、KYOGOKUカラーシャンプーBPだけでホワイトカラーが作れそうです。

もしくは、ヘアカラーでホワイトカラー作って黄ばみが残ってしまったらカラーシャンプーを使えば補えます。

また、ブリーチ後のオンカラーで色の入りすぎなどが心配な方は、KYOGOKUカラーシャンプーBPだけで作ってみるのも良いかもしれません。

寒色系のヘアカラーは、カラー剤の選定を誤ると色素が入りすぎる可能性が高いです。

KYOGOKUカラーシャンプーBPを使うことで失敗のリスクがぐんっと減ります。

他社のカラーシャンプーとの比較

他社のカラーシャンプーとKYOGOKUカラーシャンプーBPを比較します。

比較方法は2つとも15レベルの毛束に、カラーシャンプーを30分放置してチェックします。

30分放置後の他社のカラーシャンプーの毛束がこちら。

ちょっと黄ばみや緑っぽさを感じます。

もちろん、他社のカラーシャンプー全てがこのような染まり方ではないと思います。

あくまで、目安として覚えてください。

他社のカラーシャンプーも決して色が入ってないわけじゃないんですが、KYOGOKUカラーシャンプーBPと比較すると弱いかもしれません。

KYOGOKUカラーシャンプーBPと並べてみるとこのような感じです。

(左が他社、右KYOGOKUカラーシャンプーBP)

何度もブリーチをしていて17レベルくらいまで抜けてる髪だったら、他社のカラーシャンプーでも効果はあると思います。

しかし、15レベルの明るさだとカラーシャンプーよりも黄ばみの方が勝ってしまいます。

どちらも使い方次第ですが、より強力に黄ばみを除去するなKYOGOKUカラーシャンプーBPがおすすめです。

KYOGOKUカラーシャンプーBPのヘアケア効果

KYOGOKUカラーシャンプーBPにはヘアケア効果がります。

ブリーチした髪は、どうしてもパサついてまとまりが悪いです。

そのため、多くの方がトリートメントや洗い流さないトリートメントを使いてアケアをしています。

KYOGOKUカラーシャンプーBPと他社のカラーシャンプーの違いは、主成分の1つである水です。

医学の分野で法的に認めらえたパイロジェンフリー超純水を使用しているんです。

実際に使用してみるとわかるんですが、ブリーチ毛でもしっとりした感じに仕上がります。

いつものヘアケアにプラスして、KYOGOKUカラーシャンプーBPを使ってみてください。

度重なるブリーチで髪のダメージが限界にきている方にも、KYOGOKUカラーシャンプーBPはおすすめです。

黄ばみが気になるならKYOGOKUカラーシャンプーBPで決まり!

今回のテーマ「KYOGOKUカラーシャンプーBP(パープルシャンプー)でブリーチ後の黄ばみ抹殺」についてまとめていきます。

  • 30分放置すると濃いシルバーに染まる
  • 他社のカラーシャンプーと比較しても色素が濃い
  • 15レベルの髪に10分の放置でも黄ばみをある程度除去する
  • KYOGOKUカラーシャンプーBPは強力に黄ばみを除去する
  • KYOGOKUカラーシャンプーBPは主成分の1つである水にこだわりがある

カラーシャンプーをいろいろ使ってみて思うのが、メーカーによって効果が全く違うことです。

ブリーチを使ったカラーは決して安くはありません。

せっかく高額なお金を払ってブリーチカラーをしても、色落ち対策をしていないともったいないです。

カラーシャンプーを使って、しっかりと色落ち対策をしていきましょう。

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

この記事を書いた人
井尾充将
井尾 充将
  • 2022/2月オープン予定「&chaLme」代表
  • 美容学校の技術講師
  • 2年連続ホットペッパービューティー
     人気スタイルランキング全国1位(140万人中)
東京の有名店HAIR DIMENSIONにて技術を学ぶ(有名雑誌のヘアメイクなど担当)。
美容師向けの技術講習会多数こなし、全国的なCM撮影のヘアメイクも担当。
現在は美容学校の技術講師を担当し、2022年2月には自身が代表を務めるヘアサロンをオープン予定。
美容師としての社会的地位を向上させる為に日々研究中。
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする