広がるくせ毛を抑えるには!提案力をあげてくせ毛の悩みに応える方法

ひとことで、「くせ毛でボリュームが出てしまう」と言っても、人によってくせの出方は違いますよね。

お客様一人一人に合わせた提案をすることが、プロとしても大切なことです。

今回は、くせ毛に悩むお客様への提案力アップとしてその原因と、ボリュームダウンさせる方法をいくつかご紹介させて頂きます!

目次

くせ毛はボリュームがでやすい

ボリュームが出やすいといっても、全てがダメなわけではありません。

場所によって、メリットになることもあるのです。

もし、お客様がくせ毛で悩まれていたら…

縮毛矯正やストレートだけではなく、くせ毛を活かす提案をするのも一つとして引き出しを増やしておくといいでしょう。

カウンセリングをする中で、どうしてもくせ毛を伸ばすことを一番に考えているお客様なら、ボリュームダウンできる施術を提案するなど臨機応変な対応が求められます

  • くせによるボリュームを活かす

例えばトップが潰れて下の部分に広がりが出てしまうと、重心が下に下がってバランスが悪くなってしまいます。

トップにクセが出るのなら、くせ毛を活かしたパーマもいいかもしれません。

全体のバランスを意識したスタイル作りを考えましょう。

  • くせを伸ばしてボリュームダウンさせる

自分でアイロンやブローをしたり縮毛矯正をかけたり、スタイリング剤で抑えたりすることで、くせを伸ばす方法もあります。

前髪のくせ毛のみが気になるなら、部分的にまっすぐになる施術をする、乾燥でくせ毛のように広がるならトリートメントをしてまとまりやすくする、などボリュームダウンの方法も様々です。

くせ毛を毎日のばすのは大変なので、お客様が楽してきれいを維持できるスタイルを提案しましょう

髪が広がる原因とは?

髪が広がる原因はいくつかあります。

  • 元々のくせがうねる
  • くせ毛特有の乾燥で、パサついたり、チリついたりしている
  • 髪の毛がダメージを受けて、髪の中身がスカスカになり、キューティクルがいびつになって広がる
  • そもそも髪の量が多い

どの原因でくせ毛になっているか、まずは考えましょう。

くせ毛の広がりを抑える方法

くせ毛の広がりを抑える方法は1つだけではありません。

スタイルやお客様自身の普段の生活に合わせていろいろな方法を駆使しましょう。

その1、カットで解決

  1. 髪の量自体を減らす

すかれすぎると余計にバサバサになってしまうので、闇雲にすけば良いっていう話でもないですが、上手に量を減らすとそれだけでスッキリします。

くせが出ているのに、ボリュームが出ていないようにすることも可能です!

セニングで均等にすくのではなく、ボリュームを落とす部分を見極めて毛量調節していきましょう

  1. シルエットを変えることでスッキリさせる

長さを切ったり、ヘアスタイルのバランスを変えることで、くせによるボリュームを活かせるようになります。

どのようにカットすればくせを活かせるのか、スタイリングでいい感じにくせを出してメリハリあるシルエットにするのもいいでしょう。

その2、縮毛矯正で解決

縮毛矯正はどんな髪質、長さ、ヘアスタイルでも可能です。

縮毛矯正は半永久的にくせを真っ直ぐにしてくれるので、湿気の多い日も怖くないですし、毎朝のセットが本当に楽になります。

新しく生えてくる髪はくせ毛のままで伸びてきますので、数ヶ月に1回のメンテナンスが必要ですが、毎日の手間が大変な方にはおすすめです。

ただし伸びてくる毛はくせ毛なので、短いサイクルで美容室にメンテナンスにこれるのか、なかなかメンテナンスにこれないのかを考えてヘアスタイルを提案しましょう。

その3、アイロンで解決

日によってくせ毛を活かしたりストレートにしたり、気分で変えられるのがアイロンでセットする方法の良いところです。

  • 縮毛矯正をかけてしばらくしてくせが出てきたところをちょっと伸ばす
  • 前髪だけ伸ばしてあとはくせ毛を活かす
  • 広がりやパサつきが気になるところを伸ばす

一度濡らしてしまうとくせはもとに戻りますし、雨の日や梅雨時期は効果減ですが、それでもくせ毛の方にとってかなり便利なアイテムです。

その4、スタイリング剤で解決

くせの原因として、髪の水分、油分不足があります。

なので、その水分、油分を補ってあげるとボリュームを抑えることができます

くせを活かす髪型にする場合も、毛先がパサついて見えないようにするためにもスタイリング剤は必須です。

その5、ドライヤーの乾かし方で解決

髪がびしょびしょの状態から、気になる毛先のくせ毛ばかり伸ばして乾かせばオーバードライに

全部乾いた頃には毛先がバサッと広がった状態になりやすいのです。

なので、最初は根元から乾かしましょう!

根元が全体的に乾いてきたら、毛先がストンとおさまるように、軽く引っ張って乾かします。

この時にブラシを使ってあげるとやりやすいです。

ちょっとしたコツをお客様に伝えると親切ですよね。

くせ毛の悩みに応える提案力を身につけよう

お客様に合った髪型と、セットのコツをお伝えすればくせ毛のストレスが軽減します。

くせ毛を活かすのはもちろん、ボリュームダウンも併せて提案力を磨くことで信頼される美容師に。

その人にぴったりのスタイルを考えましょう。

この記事を書いた人
井尾充将
井尾 充将
  • 2022/2月オープン予定「&chaLme」代表
  • 美容学校の技術講師
  • 2年連続ホットペッパービューティー
     人気スタイルランキング全国1位(140万人中)
東京の有名店HAIR DIMENSIONにて技術を学ぶ(有名雑誌のヘアメイクなど担当)。
美容師向けの技術講習会多数こなし、全国的なCM撮影のヘアメイクも担当。
現在は美容学校の技術講師を担当し、2022年2月には自身が代表を務めるヘアサロンをオープン予定。
美容師としての社会的地位を向上させる為に日々研究中。

KYOGOKU公式ラインでは様々なキャンペーンや情報を配信しています。

せひこちらも登録してみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次