ブリーチ後のケアに失敗しない方法!2回目のカラーが重要な理由や色落ち対策も紹介

本ページはプロモーションが含まれています

ブリーチ後の髪を美しく保つためのカラーリングについて紹介します。

本記事では、ブリーチ後のおすすめのケア方法や色落ちに強いセルフでの染め直し方法なども解説しているので、ブリーチ後の髪色について悩んでいる方は是非参考にしてください。

  • セルフでのヘアカラーリングが不安
  • ブリーチ後のケア方法について知りたい
  • ブリーチ後、色落ちした次のカラーに悩んでいる

本記事では、上記のような悩みにお答えします。

この記事で紹介する「ブリーチ後のケア方法3ステップ」や「ブリーチ後、2回目の染め直しのコツ」などを実践することで、ブリーチのデメリットを解消しつつ美しい髪を長期間保つことが可能です。

結果として、コスパを抑えつつ楽しいカラーリング生活が実現するでしょう。

記事前半では、「ブリーチ後にオンカラーするメリット・デメリット」や「ブリーチ後のケア方法」について、記事後半では「2回目のオンカラーが染まりやすい理由」や「セルフケアのおすすめ手法」について解説しています。

ブリーチ後のケア方法に悩んでいる方には、役立つ情報だと思いますので最後までじっくり読んでください。

目次

Contents

ブリーチ後にオンカラーをするメリット・デメリット

ブリーチ後にオンカラーをするメリット・デメリット

ブリーチとは、化学反応により色素を分解し、髪色を脱色させる処理のことです。

使用するブリーチ剤には、過酸化水素やアンモニアなどの成分が含まれており、色素である髪のメラニンを分解します。

ブリーチ後にオンカラーすることで、より明るい色へのカラーリングがしやすいメリットがあるでしょう。

しかし当然デメリットもあるので、ブリーチ後にオンカラーをするメリット・デメリットについて解説します。

ブリーチ後にオンカラーをするメリット

ブリーチ後にオンカラーするメリットは、以下2つです。

  • カラーの発色が良い
  • 理想的なヘアカラーリングにチャレンジできる

ブリーチにより髪の自然な色素を除去できるので、その後のオンカラー時の発色が良くなります。

またハイトーンカラーや透明感のある色など理想的なヘアカラーリングに挑戦できる点も大きなメリットです。

たとえば、明るいピンクやブルーなどのビビッドカラーは、ブリーチ後にオンカラーすることで思い通りの色合いに仕上がりやすくなります。

このようにブリーチ後にオンカラーするメリットは、「カラーの発色が良くなる」、「理想的なヘアカラーリングにチャレンジできる」ことでしょう。

ブリーチ後にオンカラーをするデメリット

ブリーチ後にオンカラーをするデメリットは、髪質へのダメージが大きくパーマと相性が悪いことです。

ブリーチ後には色素が抜かれ髪にダメージが入りやすい状態なので、その段階でパーマをかけてしまうと、髪質に大きなダメージを与えるからですね。

そのため、以下のような使い方ができないことが欠点です。

  • パーマした後にブリーチ
  • ブリーチ後にパーマ
  • パーマとブリーチを同時に行う

以上のように、ブリーチ後のオンカラーについてはメリット・デメリットがありますので、後悔しないように正しい知識を知っておきましょう!

色持ちを良くするブリーチ後のケア方法3ステップ

色持ちを良くするブリーチ後のケア方法3ステップ

そもそもブリーチには、「色落ちがしやすい」「髪にダメージが入る」などのデメリットがある一方で、カラーリングがしやすくなることは大きなメリットでしょう。

そのためブリーチに挑戦したいけど、色落ちを気にされている方に、おすすめのケア方法を紹介します。

色落ちをおさえるブリーチ後のケア方法3ステップ

  1. ケア効果のあるカラーシャンプーを使う
  2. 洗い流さないトリートメントを髪に馴染ませる
  3. ドライヤーで髪の内側まで乾かす

上記のようなケア方法を実践することで、ブリーチのデメリットを抑えつつ楽しいカラーヘアを楽しめますよ。

1.ケア効果のあるカラーシャンプーを使う

ブリーチ後の髪はダメージを受けやすく、色落ちも早くなります。そのため、カラーシャンプーを使って髪の色と質感を保護することが重要です。

カラーシャンプーを使うと、髪に色素が付着して色落ちを防ぐ効果があります。

さらにカラーシャンプーには保湿成分や補修成分も含まれているので、髪のダメージを修復し、ツヤやコシをあたえてくれますよ。

このようにブリーチ後のケアとして、まずはカラーシャンプーを使って髪の色と質感を守りましょう。

2.洗い流さないトリートメントを髪に馴染ませる

続いて、洗い流さないトリートメントを髪に馴染ませてください。

ブリーチ後の髪はダメージを受けて乾燥しやすくなりますので、髪に水分と栄養を補給し、色持ちを良くすることができます。

洗い流さないトリートメントの効果は、主に以下2点です。

  • 髪の表面に膜を作って水分の蒸発を防ぐ
  • 髪の内部に浸透してダメージを修復し、キューティクルを整える

これにより、ブリーチで失われた色素やタンパク質を保護し、色落ちやパサつきを防ぐことができます。

そのため、洗い流さないトリートメントを髪に馴染ませることもブリーチ後のケアとしてはおすすめです。

3.ドライヤーで髪の内側まで乾かす

最後は、ドライヤーで髪の内側までしっかり乾かすことを意識しましょう。

ブリーチ後の髪は水分が多く残りやすいため、ドライヤーでしっかりと乾かさないと、色落ちや髪へのダメージが進むからですね。

ブリーチは、髪のキューティクルを開いてメラニン色素を除去する処理になります。

そのためブリーチ後の髪は、キューティクルが開いたままになりやすく、水分や外部からの刺激に弱いです。

特に、水分は髪の内部に入り込んで膨張し、キューティクルをさらに剥がしてしまう傾向があり、色落ちにつながります。

このようにブリーチ後の髪は、水分が多く残りやすいため、ドライヤーでしっかりと乾かさないと、色落ちやダメージが進むので注意が必要です。

ドライヤーで乾かす際は、温度を低めに設定し、根元から毛先に向かって優しく乾かしてください。

以上が色持ちを良くするブリーチ後のケア方法3ステップになります。髪へのケアを行いつつ、素敵なカラーリング生活を送ってください。

ブリーチ後のケアにおすすめのアイテム5選

ブリーチ後のケアにおすすめのカラーシャンプー5選

「結局、どのカラーシャンプーやトリートメントを使えばいいの?」

と悩んでいる方向けに、ブリーチ後のケアにおすすめのカラーシャンプーやトリートメントを紹介します。

どれもおすすめですので、自分に合いそうなものを試してみてください。

1.エヌドット カラーシャンプー

1つ目はナプラのカラーシャンプー「エヌドット」です。

ナプラは美容院で勧められることも多く、安心のブランドですよね。

少し色付きが弱めなので、以下のような人におすすめできます。

  • カラーシャンプー初心者で不安な人
  • ナチュラルに仕上げたい人

カラーバリエーションは、「シルバー」「パープル」「ピンク」と3種類展開されています。

2.スロウ カラーシャンプー アッシュ

2つ目は、スロウ(THROW)のカラーシャンプー「アッシュ」です。

こちらも美容院などで定評のあるスロウの市販向け商品になります。

カラーバリエーションはアッシュのみですが、青みが強いので、1度のシャンプーで素敵なアッシュに変身できるでしょう。

一点気をつけるべき点は、均等に髪に馴染ませないといけない点です。

綺麗に発色するので、ムラのようになるとかなり悪目立ちしてしまうからですね。

ケチらず、一度に大量の泡で包み込むようにしましょう。

created by Rinker
スロウ
¥1,121 (2024/02/24 21:00:15時点 Amazon調べ-詳細)

3.エンシェールズ カラーシャンプー

3つ目はカラーバリエーションも豊富なカラーシャンプー「エンシェールズ」です。

こちらの商品は、「ムラサキ」「ミルクティー」「シルバー」「ピンク」とカラーバリエーションが多いですよ。

エンシェールズは、色付きがよく、色落ちもなかなかしないので、ヘアケアに時間をかけたくない人におすすめできます。

created by Rinker
エンシェールズ
¥1,209 (2024/02/24 21:00:15時点 Amazon調べ-詳細)

4.ミルボン エルジューダMO

4つ目は、アウトバストリートメントとして「エルジューダ MO」がおすすめです。

「エルジューダ MO」の特徴は、トリートメントとしての質が高く、タオルヘア後に使うことでさらさらヘアになれます。

また香りも素敵なので、朝晩使うと幸福感が倍増しますよ。

5.Nature & Co ボタニカル カラートリートメント

最後の5つ目は、Nature&Coの「ボタニカルカラートリートメント」です。

「ボタニカルカラートリートメント」はドラッグストアで売っているので、気軽に購入できます。

またカラーバリエーションも多く、展開数は5色です。

  • レッド
  • グレー
  • ブルー
  • バイオレット
  • ブラウン

特にブルー、パープルなどの色味が人気なので、赤みに悩んでいる方におすすめです。

コーセー ネイチャーアンドコーボタニカル カラートリートメント 05 MAPLE BROWN 150g×2個 4971710474657【 Nature&Co】

以上がブリーチ後のケアにおすすめのアイテム5選でした。

ブリーチ後はヘアケアが重要なので、ヘアケア対策に悩んでいる方は是非試してみてください。

ブリーチ後の黄ばみ消しには・・・

KYOGOKUのブルーパープルカラーシャンプーはブリーチ後の黄ばみを抑え、透明感のあるきれいな髪色に。

洗浄力が穏やかなので洗いあがりもきしまず、指通りもなめらか。

放置時間も1~5分と短いので、いつものシャンプーと同じように使えて便利です。

ブルーパープル(いわゆるムラシャン)以外にも、

  • ピンクパープル
  • ブロンド
  • ピンクブラウン
  • アッシュグレー
  • オリーブアッシュ
  • ダークグレージュ

とカラーが豊富なのでお気に入りがみつかります!

色落ち後の染め直し期間を決める要素2つ

次のヘアカラーを染めるまでの期間ってどれくらいがベストか悩みますよね?

上記のように悩んでいる方は、勘が鋭いです!

実は、色落ち後の染め直し期間を意識することが、綺麗な髪を長く保つことに繋がります。

結論として、色落ち後の染め直し期間を決める要素は以下2つです。

  1. 季節
  2. 髪質

それでは、ひとつずつ説明します。

1.季節

色落ち後の染め直し期間は、季節によって変わります。

一般的には、夏は約1ヶ月、冬は約2ヶ月が目安です。

季節によって染め直し期間が変わる理由は、紫外線や湿度などの影響ですね。

紫外線は髪の色素を分解しやすくするため、夏は色落ちが早くなります。

また湿度は、髪の水分量を変化させるため、冬は乾燥しやすいです。

乾燥すると髪のキューティクルが開きやすくなり、色素が流れ出しやすくなります。

たとえば夏に明るい色に染めた場合、約1ヶ月で色落ちが目立ちやすくなる一方で、冬に暗い色に染めた場合は、約2ヶ月間色落ちしない可能性が高いです。

そのため夏は染め直し期間を短く1ヶ月程度と考えておき、冬は染め直し期間を2ヶ月程度と考えておくことをおすすめします。

しかし染め直し期間は季節だけで決まるわけでもないので、厳密に知りたい方はプロの美容師さんなどに相談するのがベストでしょう。

まとめると、染め直し期間を決める要素として「季節」があります。夏は色落ちがしやすいので染め直し期間を短くし、色落ちがしづらい冬は染め直し期間を長くするのが良いです。

2.髪質

髪質も、色落ちのスピードや染め直し回数を決める要素の1つです。

一般的に、細くて柔らかい髪は色落ちしやすく、太くて硬い髪は色落ちしにくい傾向があります。

髪の毛の外側を構成しているキューティクルは、髪の毛を保護する役割を担っていますが、染料が入り込む際に開いたり閉じたりします。

細くて柔らかい髪は、キューティクルが薄くて開きやすいため、染料が入りやすく出やすいです。

一方で太くて硬い髪は、キューティクルが厚くて開きにくいため、染料が入りにくく・出にくい特徴をもちます。

以上のように、髪質は色落ちのスピードや染め直しの頻度に大きく影響するので、自分の髪質を知っておくことが、ヘアカラーのメンテナンス向上につながりますよ。

以上が、色落ち後の染め直し期間を決める2つの要素です。

これら2つを意識して、美しい髪を保つ期間を延ばしましょう!

ブリーチ後に色落ちした時の染め直し期間は?

ブリーチ後の染め直し期間は、「3週間」が目安です。

ブリーチは髪のメラニン色素を脱色するパワーが強いので、結果として色落ちが早くなります。

特にファッションカラーなどは、髪の中に栄養(色素)がなくなりやすく、退色しやすいです。

そのため、色味が落ち切る前に染め直しをすることをおすすめしますよ。 

実際にブリーチした後は、染めた直後が一番綺麗に色味が発色していますが、毎日のシャンプーで徐々に色は落ちていきます。

ご自宅で使っているシャンプー剤の洗浄力の強さにもよりますが、大体1〜2週間経過すると金髪に戻ってしまうでしょう。

このようにブリーチ後の染め直し期間は、「3週間」が目安です。

色落ちが早いブリーチカラーは、定期的に染め直してあげることで、綺麗な色味を保つことに繋がります。

ブリーチ後のオンカラーは2回目のほうが染まりやすい

ブリーチ後のオンカラーは1回目よりも2回目のほうが染まりやすいです。

ブリーチ後のオンカラーとは、ブリーチで髪を明るくした後に、別の色を重ねて染めることを言います。

短期間に2回カラーすることのメリットは、以下4点です。

  • 1回目のカラーでブリーチした髪の黄ばみ・赤みを抑えられる
  • 2回目のカラーで色味を入れられる
  • 2回目のカラーで髪に色素を定着させられる
  • 2回目のカラーで髪にツヤ・透明感を与えられる

このように短期間で2回カラーすることで、断然きれいに仕上がります!

1回目のカラーは退色が早い

ブリーチ後、1回目のカラーではうまく染まりにくい理由は、退色が早いからです。

ブリーチは、髪のメラニン色素を分解して色を抜く処理のため、髪のキューティクルが開いてダメージを受けやすくなります。

その状態でオンカラーをした結果、以下のような状態を引き起こしやすいです。

  • カラー剤が髪にしっかり定着しない
  • カラー剤も乾燥によって退色しやすい

たとえば、ブリーチで金髪にしたあとにピンクやパープルなどのファッションカラーをする場合、1回目のカラーは数日で色落ちしてしまうことが多いです。

しかし2回目以降のカラーで色味を調整したり、定期的にトリートメントやカラーケアをしたりすることで、綺麗にカラーリングでき長期間保つことができます。

このようにブリーチ後のオンカラーは、1回目のカラーは退色が早いので、短期間で2回目のオンカラーをすることが重要であることを覚えておきましょう。

ブリーチ後の2回目のカラーは、綺麗に染まる

ブリーチ後、2回目のカラーは、綺麗に染まる可能性が高いです。

しかし、闇雲に2回カラーリングすればいいわけではありません。

ブリーチ後のカラーを成功させるためには、以下2点を意識してください。

  • 1回目のカラーは色濃く仕上げる
  • 短期間の間に2回目のカラーを行う

その理由は、1度目のカラーリングで作り上げた基盤が2回目のカラーに影響するからです。

たとえばハイトーンのモノトーンに染めたい場合は、1回目のカラーでは色濃くカラーリングさせます。

おそらくその際は、赤み・黄ばみが多少残ってしまうでしょう。

しかし1ヶ月ほど経つと、変な黄ばみや赤みが少ないので、2回目のカラー(モノトーン)が綺麗に染まりやすいです。

結果として、綺麗なヘアカラーが退色しづらい効果もあります。

ポイントは1回目のカラーした後に3週間ほど開けることです。

この期間が短すぎても長すぎても綺麗なカラーリングに繋がらないので、この点は覚えておいてください。

このようにブリーチ後は短期間に2回目のカラーをすることで、髪が綺麗に染まりやすいです。

【まとめ】ブリーチ後のオンカラーは、2回目が重要

以上がブリーチ後のオンカラーが染まりやすい理由です。

長くなってしまったので、ポイントを再掲します。

  • ブリーチ後のカラー1回目は色が定着しない
  • ブリーチ後のカラー1回目は退色しやすい
  • 1回目のカラーは色濃く仕上げる
  • 短期間に2回カラーをすると、染まりやすい

このようにブリーチ後、カラーリングを1度しかトライしないと後悔することが多いです。

そのため1回目のカラーで、色濃く仕上げ、短期間のうち2回目のカラーリングすることをおすすめします!

セルフで染め直しする方法

セルフで染め直しする方法

ブリーチ後は、セルフの染め直しがやりやすいです。

セルフでの染め直しは、一般的にはムラが出やすくなるなどデメリットが多いのでおすすめしません

しかしブリーチ後の髪は色が抜けやすくなるので、髪が染まりやすく、セルフでも比較的簡単に染め直しできます!

セルフで髪を染め直す際のメリットは、以下3つです。

  • 髪の状態に合わせて色味や濃さを調整できる
  • 髪に優しいカラー剤を選べる
  • セルフで染め直すと、コスパが良い

上記のように、自分に合ったカラー剤を選べる点とコスパが良い点が大きいですね。

市販のカラー剤でもブリーチ後の髪に対応したものが多くありますし、美容院にお願いするよりも費用が安く済みます。

そのためブリーチ後はセルフで染め直すことも選択肢のひとつです。

髪の状態や好みに合わせてカラー剤を選び、正しい方法で染めれば、美しい髪色を長く楽しむことができます。

市販のカラーシャンプーでも簡単に染め直しができる

ブリーチ後にセルフで染め直しをする場合、市販のカラーシャンプーを使うと、簡単に色味を補正することや退色を防ぐことができます。

市販のカラーシャンプーは、髪に優しい成分で作られているものが多く、髪に色を付けるだけでなく、保湿や補修に効果的です。

たとえば、黄ばんだ髪にはパープル系のカラーシャンプーを使うと、黄色を紫が相殺するので白っぽくなり、赤みが出た髪にはグリーン系のカラーシャンプーを使うと、赤みが消えて落ち着いた色になります。

このようにブリーチ後の染め直しに市販のカラーシャンプーを使えば、簡単に色味を補正したり、退色を防いだりできます。

お金をかけずに綺麗な髪を保ちたいと思っている方は、市販のカラーシャンプーを試してみてはいかがでしょうか。

セルフで黒髪に戻すのはやめたほうがいい

ブリーチ後にセルフで染め直しをする際に、気をつけておくべきことがあります。

それはセルフで黒髪に戻すことです。

黒髪に染め戻すことが一番難しく、黒に染めたはずが「緑」髪になるケースが多いです。

その理由は、黒の色素には青色の染料が含まれているからです。

さらにもう1つ考えられる理由は、ムラができやすい点でしょう。

ブリーチした髪は色素が抜けていて黒染めがされやすい部分と染まりにくい部分ができ、結果として色ムラのできた黒髪となってしまいます。

ブリーチ後の髪をセルフで染め直すことは簡単ですが、黒髪への染め戻しは難易度が高いのでおすすめできません。

少し色のついた茶髪などは、成功確率が高いです。

どうしても黒髪に戻したい場合は、プロの美容師さんにお願いすることをおすすめします。

ブリーチ後には、2回目のオンカラーによる染め直しと適切なケアが重要

本記事ではブリーチ後に失敗しないケア方法として、以下4点を解説しました。

  • ブリーチ後にオンカラーをすべきメリット・デメリット
  • ブリーチ後のケア方法3ステップ
  • ブリーチ後のオンカラーは2回目のほうが染まりやすい
  • セルフで染め直しをする方法

ブリーチは、色素が抜けてカラーリングの幅が広がる一方で髪へのダメージが大きく、ケア方法が重要です。

しかし本記事で説明したケア方法を実践することで、美しい髪を保ちつつ多くのヘアスタイルを保つことができます。

ブリーチ後のケア方法について悩んでいる方は、是非実践してみてください。

ブリーチ後のカラーに関するよくある質問

最後にブリーチ後のカラーに関するよくある質問を紹介します。

  1. ブリーチのあとカラーするのにどれくらい時間かかりますか?
  2. ブリーチ後にできるカラーリングは?
  3. ブリーチ後のセルフカラーの順番は?

それでは、ひとつずつ説明します。

同じような悩みを抱えている方は、参考にしてください。

ブリーチのあとカラーするのにどれくらい時間かかりますか?

ブリーチのあとカラーするのにかかる時間は、ブリーチの回数や色味、髪質などによって異なりますが、平均的には約1時間半ほどです。ブリーチ後にカラーする場合、髪の毛がダメージを受けているため、カラー剤の浸透や発色が早くなります。

そのため、通常よりも短い時間でカラーが完成するはずです。しかし、ブリーチの回数やカラーリングの色、髪が細いか太いかなどによっても時間は左右します。長くても3時間くらいを見積もっておけば、オーバーすることは少ないでしょう。

このようにブリーチのあとカラーするのにかかる時間は様々なので、長い時間かかることを見込んでおくことをおすすめします。

ブリーチ後にできるカラーリングは?

ブリーチ後のカラーリングは、髪のダメージや色落ちを考慮して、明るめのパステルカラーやグレージュカラーがおすすめです。ブリーチ後、暗めのカラーは色落ちしやすく、髪に負担をかけやすくなります。一方で、明るめのカラーは色落ちしても目立ちにくく、髪に優しい成分が含まれているものも多いです。ブリーチ後におすすめできるカラーリングの1つは、パステルカラーです。パステルカラーは、淡い色合いで優しい印象を与えます。ピンクやブルーなど、好きな色を選べますよ。

もう1つのおすすめカラーは、グレージュカラーです。
グレージュカラーは、グレーとベージュを混ぜたような色で、大人っぽくて上品な雰囲気を演出します。

ブリーチ後のカラーリングは、髪のダメージや色落ちを考慮して、明るめのパステルカラーやグレージュカラーがおすすめです。ぜひブリーチした髪に合わせて、自分好みのカラーを楽しんでください。

ブリーチ後のセルフカラーの順番は?

ブリーチ後のセルフカラーをする順番を全5ステップで簡単に説明します。

自宅で髪を染めるための手順5ステップ

  1. ゴムでブロッキングをする
  2. 生え際に保護クリームを塗布
  3. 染まりにくい部位からカラー剤を塗る
  4. キッチンラップを巻き、時間を置く
  5. アフターケア

上記5ステップに沿って、カラーリングすればうまくいくはずです。
ステップ3では、襟足の髪から顔回り、頭頂部の順で塗るのがコツですよ。

以上5ステップで実践し、コスパよくカラーリングを楽しみましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次