ピンクヘアカラー オススメのカラースタイルと染め方

今回解説していくのは、柔らかい雰囲気や可愛らしいイメージを作りやすいと根強い人気があるピンク系のヘアカラースタイルです!

派手すぎないかなと少しはードルが高いと感じている方も多いカラーですが、実は肌なじみも良く、彩度や色味の調整でどんなファッションにも合わせやすいのがピンクカラーの特徴です。

オススメのピンクカラーのスタイルの解説も行いますので、気になったヘアカラーがあったらぜひともチャレンジしてみてくださいね!

目次

ピンクヘアカラー

ピンクカラーとは、その名の通りピンク系のヘアカラーを部分的にあるいは全体に取り入れている、モテ系カラーの代表的なヘアカラースタイルです!

色味の調整でブルーベースやイエローベースに変えられ、どんな人にもに合わせられるのもオススメできるポイントです!

ピンクヘアカラーのメリット

ピンクカラーのメリットはたくさんありますが、特にポイントとなる2点を解説していきます。

ツヤ感アップ

ピンクヘアカラー

ピンクカラーは、髪の毛のベースにある赤味を程よく残した色味で、ツヤ感を表現しやすいのが特徴です。

透明感や軽さも表現できるので、柔らかい雰囲気に仕上げたいときにピッタリのヘアカラーです。

彩度調整でイメージを変えられる

ピンク色=派手にとられがちですが、必ずしもそうではありません。

彩度の調整を行うことで、大人っぽく落ち着いたイメージに仕上げることも出来るので、好みに合わせてチャレンジすることが出来ます!

ピンクヘアカラーのデメリット

褪色が早い

ピンク系のヘアカラーのデメリットは、褪色が少し早いというところです。

「ピンク」という色素はないので、赤や紫系の色味を薄めに入れていくという手法が基本的なアプローチになります。

そのため、濃い染料を入れられない分少し褪色が早く感じてしまいます。

ただ、その解決方法はこの後解説していきますので、安心してくださいね!

オススメのピンクヘアカラー

ではここからは、様々なピンクカラーを紹介していきます。

気に入ったピンクカラーが見つかったらチャレンジしてみてくださいね!

①ディープトーンピンクカラー

ピンクカラーでも、彩度高めで明度は少し低めに仕上げたピンクヘアカラーです。

少し大人っぽい印象を与えてくれる、チャレンジしやすい色味ではないでしょうか?

もう少しブラウンを強く入れても良い場合は、ノンブリーチでもキレイに表現することが出来ます。

ここまで深めに色を入れられれば褪色も緩やかで、長く色味を楽しむことが出来ますし、褪色の課程も非常にキレイです。

②スモークピンクカラー

少しスモークがかった、アッシュ系のピンクも非常人気が高いです。

甘くなりすぎず、大人可愛いモテヘアーにしたい方は、とってもオススメの色味になっています!

③サーモンピンクカラー

肌がイエローベースの方にとっても合いやすいピンクヘアカラーです!

髪の毛がもともと持っている黄味も活かして染めるので、褪色も非常に自然に進行していきます。

肌なじみが抜群に良いので、どんなファッションにも合わせやすいのがポイントです!

④大人ピンクベージュ

ピンクの色味を抑え、ベージュカラーをメインに仕上げたナチュラルピンクスタイルです!

この動画の仕上がりは明度が高く設定していますが、もう少し明度を抑えたスタイルも人気が非常に高いです!

初めてピンク系のヘアカラーをするという方も、チャレンジしやすい色味ではないでしょうか??

⑤透明感抜群!ピンクホワイト

髪の毛の黄味を極限まで抑えた、透明度抜群のピンクホワイトヘアカラーです!

透明感を強調するために彩度は高くし過ぎずにカラーをすることで、この動画の質感を再現しています!

⑥ピンク×ブルーヘアカラー

ピンク✖プルーは非常に相性が良く、鮮やかさを強調できるインパクト強ヘアカラーが仕上がります!

他の人と被りたくない方、普通のヘアカラーに飽きた方は一度チャレンジしてみてください!

⑦ホワイト×ピンクインナーカラー

インナーカラーにピンクを配置するのもオススメです!

すき間から覗くピンクが可愛いすよね!

動画のスタイルはホワイトカラーに入れていますが、他にも「黒✖ピンク」や「ベージュ系✖ピンク」といったような組み合わせもオススメです!

⑧シルバーピンクヘアカラー

シルバーやグレーカラーをメインに、少しピンクのテイストをくわえるのもツヤ感や柔らかさが強調されるのでオススメです!

白髪染めとして、シルバー✖ピンクのヘアカラーも実はひそかに人気があります。

明度の調整もできるので、もう少し暗めのカラーだとより挑戦しやすいかもしれませんよね!

⑨ピンク×エアタッチカラー

単色のカラーよりもツヤを強調したり動きが付けられるエアタッチのヘアカラーでピンクカラーを再現しても可愛いですよね!

ピンクだけどかっこいい、上級者のヘアカラーに挑戦するのもオススメです!

⑩メンズピンクカラー

メンズにもピンクカラーはオススメです!

横浜流星さんがドラマでピンクヘアーをしていたり、ユーチューバーでピンクヘアをしている方もいたりして、徐々に男性にも人気が上がってきたピンクヘアカラー。

ピンクカラーは柔らかな質感を表現できるので、髪の毛が多かったり太くて硬い方にとってもおすすめです!

⑪ミルクティーピンク

ミルクティーのようなピンクベージュのカラーも人気です!

ベースの髪質や明るさによってはノンブリーチでも透明感のあるミルクティーピンクに染めることが出来ます!

⑫裾カラー

最近人気が高まっているのが、裾の部分だけ色を変えて染める「裾カラー」です。

外ハネにしたり、巻いても可愛く仕上がります!

インスタでも投稿数が20万近くになっている今後もっと人気が高まっていくヘアカラーですね!

カラーシャンプーで色味を追加

ピンクカラーのデメリットとして、褪色が少し早いと先ほど解説しましたが、その対策としてカラーシャンプーが非常に有効です。

通常のピンクシャンプーでもいいのですが、明度の高いカラーの場合、髪の毛の黄味と混ざってオレンジっぽくなってしまう危険性があります。

そんな時に使用してほしいのがKYOGOKUカラーシャンプーです。

KYOGOKUカラーシャンプーPP

ピンクヘアカラー

KYOGOKUカラーシャンプーは通常のカラーシャンプーと違い1つのカラーシャンプーに2種類の色味を配合しています。

KYOGOKUカラーシャンプーPP(ピンクパープル)の場合は、文字通りピンクとパープルの2色が配合されています。
ピンクヘアカラー

シャンプーの中身がこちらです↑

見た目には少し分かりづらいかもしれませんが、ピンクの色味と紫の色味が一緒になっています。

ピンクだけでなくパープルが入っていることで、髪の毛の黄味を打ち消してくれるので、ピンク色がキレイに発色するようになっているのです!

ブリーチヘアに使用した例

では、実際にKYOGOKUカラーシャンプーPPを使用した動画を部分的にキャプチャーした画像を見ていきましょう。

ベースとなる髪の毛の状態がこちらです↓
ピンクヘアカラー

ブリーチで色を抜いたままの、黄色が目立った状態です。

このベースの状態に普通のピンクだけが配合されたカラーシャンプーを利用すると、キレイなオレンジヘアーになってしまいます。

KYOGOKUピンクシャンプーをたっぷり目に塗布し、泡立てていきます。
ピンクヘアカラー

しっかりと色を入れたいときは5分以上、流さずに放置時間を取りましょう!
ピンクヘアカラー

しっかりと時間を置いて流すと、これくらいしっかりとピンクの色味が入ってくれます!

元々あった黄味をパープルが打ち消してくれているので、オレンジっぽくなる事もなくキレイに仕上がっていますよね!

ちなみに全頭ブリーチを行った髪の毛にKYOGOKUカラーシャンプーPPを使用した画像がこちらです↓
ピンクヘアカラー

放置時間の違う2パターンを載せていますが、カラーシャンプーを億時間だけでも仕上がりが大きく変わってきます。

自分が求めているヘアカラーによって、カラーシャンプーの放置時間を調整するようにしましょう!

また、サロンできれいなピンクヘアカラーをした時も、褪色してしまった時の色味の追加としても活躍します。

自宅でのヘアカラーのケアは必須ですので、1度チェックしてみてくださいね!

KYOGOKUカラーシャンプー

動画で解説

パステルピンクダブルカラー

ピンクシャンプーの選び方

まとめ

ピンクヘアカラーは、思っているよりも染め方や色味にバリエーションがたくさんあります!

気になったピンクカラーか見つかったらぜひともチャレンジしてみてくださいね!

また、KYOGOKUの公式LINE@をご登録いただくと、プレゼント企画などのお得な情報をお届けします‼

少しでも気になった方は、お気軽にご登録くださいね♪

この記事を書いた人
石川 舞
石川 舞
  • スピードマツエクのディプロマ取得
  • SABFAのメイク講習で検定ディプロマ取得
  • MSOJメイク検定2級取得

ナチュラルな大人可愛いから今時の可愛いまで、お客様に合わせたヘアデザインをご提案させて頂きます。メンズ似合わせカットや、透明感カラーが得意です。またアイリストのディプロマ取得済み。早いスピードと丁寧な技術でアイの施術も行っているのでヘアと合わせたトータルな似合わせのご提案は是非お任せ下さい。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる