【KYOGOKUカラーセラム】FancyVividPurpleの発色と使用感を検証してみた

KYOGOKUから発売された新商品のカラーセラム。

その中でも1番に登場したカラー「FancyVividPurplr」を徹底解明。

気になる色味や様々な使い方を検証していきます。

  • ファンシービビッドパープルの発色が知りたい
  • 仕上がりの質感が気になる
  • 実際のヘアスタイルを見てみたい

そんな人はこの記事を見ればもっとファンシービビットの魅力がわかります。

\KYOGOKU公式通販サイトはこちら/

目次

KYOGOKUカラーセラムの特徴

カラーセラム

はじめにKYOGOKUカラーセラムの特徴を紹介します。

KYOGOKUカラーセラムは塩基性の染料を特殊な配合比率で配合しており、透明感のある鮮やかな発色が特徴のカラートリートメントです。

有効成分には塩基性染料とHC染料が使われている、俗にいう塩基性カラー。

一般的なアルカリカラーは髪のキューティクルを開き髪の色素を抜いて色味を入れるのですが、塩基性カラーはイオン結合を利用して髪の表面に色をのせていくイメージです。

塩基性染料もHC染料も薬事法では染毛料(化粧品)に分類される成分。

多くのメーカーから塩基性カラーは発売されていますが、

KYOGOKUのカラーセラムは高発色なのはもちろん、バオバブ種子油などのケア成分も配合されているので同時にヘアケアも叶えます。

↓こちらののレビュー記事に成分についてが載っています!

【KYOGOKUカラーセラム】全3色のレビュー!魅力や使い方を徹底解明します

カラーセラムキャップ

ちなみに、キャップがスクリューキャップではなくパチッと開くので簡単。

キャップがなくなってしまうトラブルも防止します。

FancyVividPurpleの発色

さっそく発色をみていきましょう。

今回は2種類の毛束を用意してみました。

カラーセラム染めてる

アンダーが10トーンと14トーンくらいの毛束に、カラーセラムFancyVividPurpleを単色で塗っていきます。

このまま10分放置タイムをおきました。

カラーセラム洗いあがり

流してみるとこんな感じになっています。

この段階で両方の毛束からパープルを感じられます。

14トーンの方にいたっては、かなりビビットなカラーに!

カラーセラム仕上がり

どうでしょうか。

クリアな発色ですね!

10トーンのほうは置いて見ると、ほのかにパープルを感じる程度ですが、光にあたると・・・

すごくきれいな透明感のある艶カラーに仕上がっています!

室内とはまた違う雰囲気になりますね。

FancyVividPurpleを使ったスタイル

上記の写真は私の髪にカラーセラムFancyVividPurpleを使ってみたものです。

実験的にサイドの1部分のみ染めてみました。

無造作に手で馴染ませて10分置いて流しただけなのですが、かなり変わったのがわかるかと思います。

黄ばみが消えただけでなくヘアケアも同時に叶うので、しっとりした質感になっていますね。

ここからはKYOGOKUが発信する素敵なパープル系ヘアスタイルを紹介していきます。

インナーカラーに

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする