KYOGOKUカラーシャンプーBL(ブロンド)でミルクティーカラーの色持ちキープ

ブリーチを使ったヘアカラーの色落ち防止に使われるカラーシャンプー。

現在、カラーシャンプーは王道のパープル系や個性派のピンク系などさまざな色が展開されています。

そんなカラーシャンプーですが、意外とないのがブロンド系

そこでおすすめなのがKYOGOKUカラーシャンプーBLです。

この記事は以下のような悩みを抱えてる人におすすめ。

  • ベージュカラーの色落ち防止のカラーシャンプーを探してる
  • 今までパープル系のカラーシャンプーしか使ったことない
  • 髪のケアと色落ち防止を同時にできるカラーシャンプーが欲しい

\公式SHOPはこちら/

KYOGOKUカラーシャンプーBLの効果を比較

実際のKYOUGOKUカラーシャンプーBLの効果を比較検証していきます。

比較方法はこちらです。

この15レベルに抜けた毛束を2つ用意して、KYOGKUカラーシャンプーBLで染めていきます。

毛束を用意したら以下のように放置時間を変えて染めていきます。

  • 1つ目…KYOGOKUカラーシャンプーBLを10分放置
  • 2つ目…KYOGOKUカラーシャンプーBLを30分放置

ちなみに15レベルはブリーチ1回分とイメージすると良さそうです。

15レベルの毛束にKYOGOKUカラーシャンプーBLを10分放置

KYOGOKUカラーシャンプーBLを使って10分放置した毛束の色がこちらです。

パープル系やピンク系のカラーシャンプーと違い、ブロンド系は色の変化がわかりづらいかもしれません。

わかりやすいようにbeforeと並べてみるとこんな感じです。

(左before・右after)

しっかりと色が入ってるのがわかると思います。

これくらい色が入れば、ミルクティー系のヘアカラーをした際のカラーシャンプーとして使用が可能です。

15レベルの毛束にKYOGOKUカラーシャンプーBLを30分放置した場合

次にKYOGOKUカラーシャンプーBLを30分放置した毛束です。

それがこちら。

10分放置の毛束と比較しても、色が濃く入ってるのがわかります。

beforeとの比較画像がこちら。

(左before・右after)

ヘアカラーをしたようなレベルで色が入ってます。

さらに10分放置と30分放置の毛束を並べるとこんな感じです。

(左10分放置・右30分放置)

10分放置の方が少し薄いブロンドなのがわかります。

\公式SHOPはこちら/

KYOGOKUカラーシャンプーBLの使うシチュエーション

ブリーチを使ったヘアカラーは、通常パープル系のカラーシャンプーを色落ち対策で使うことが多いです。

実際カラーシャンプーを使っている方の多くが、パープル系カラーシャンプーを使用してると思います。

ここで大事になってくるのが、パープル系とKYOGOKUカラーシャンプーBLの使い分けです。

基本的にパープル系カラーシャンプーは、寒色系のヘアカラー中心に使えます。

さらに、寒色系ではなくても一定のレベルで黄ばみを抑えてくれる効果もあります。

しかし、2回以上ブリーチしている髪にパープル系カラーシャンプーを使うときは注意が必要です。

なぜなら黄ばみを抑えるというより、シルバーのような色が入る可能性があるからです。

もちろん、狙ってパープル系カラーシャンプーを使いシルバーを入れるなら問題ありません。

一方、KYOGOKUカラーシャンプーBLはミルクティー系のようなナチュラル系に近いヘアカラーに対して効果的です。

ブロンド系なのでパープル系カラーシャンプーのように、色が濃く入りすぎて全く違う髪色になることはありません。

KYOGOKUカラーシャンプーBLでアッシュを抑制できる

KYOGOKUカラーシャンプーBLには、ミルクティー系の色落ち防止とは別の効果があります。

それはアッシュ系の色味を抑えてくれる効果です。

アッシュ系のブリーチカラーをするときに最も怖いのが色の入りすぎです。

アッシュ系は少し色が入りすぎるだけで、髪色が暗く見えてしまう扱いが難しい色。

美容師の方だったら、アッシュ系が入りすぎて失敗した経験があるはず。

そんなときにKYOGOKUカラーシャンプーBLをシャンプーのときに使えば、入りすぎたアッシュを和らげてくれます。

この効果は美容師にとってもありがたい効果です。

サロンワークでいざというときに使ってみてください。

ヘアケアをしながらKYOGOKUカラーシャンプーBLで色落ち対策

KYOGOKUカラーシャンプーBLにはヘアケア効果があります。

ブリーチを何度もしていると、髪がパサつき広がりやすくなってしまいます。

ここまで、この記事を読んでくれた読者の方も髪がパサついてダメージが気になっていませんか?

KYOGOKUカラーシャンプーBLは、主成分の1つであるが他社のカラーシャンプーとは全く違います。

KYOGOKUカラーシャンプーBLで使用している水は、パイロジェンフリー超純水というものが使われています。

これは医学の分野で法的に効果があると認めらえたなんです。

実際にKYOGOKUカラーシャンプーBLを使用してみるとわかるんですが、ブリーチ毛でもどこかしっとりした感じに仕上がります。

髪のダメージが気になる方は、KYOGOKUカラーシャンプーBLで色落ち対策しながらヘアケアもしましょう。

ミルクティー系に特化したKYOGOKUカラーシャンプーBLを色落ち対策

今回のテーマ「KYOGOKUカラーシャンプーBL(ブロンド)でミルクティーカラーの色持ちキープ」についてまとめていきます。

  • アッシュ系が入りすぎた場合に色を和らげる効果がある
  • 15レベルの毛束に10分放置でもしっかりとしたブロンドが入る
  • KYOGOKUカラーシャンプーBLのようなブロンド系のカラーシャンプーは少ない
  • 主成分である水にはパイロジェンフリー超純水という医学的に認められた水を使用している
  • ミルクティー系の色落ち防止をするならパープル系カラーシャンプーよりもKYOGOKUカラーシャンプーがおすすめ

KYOGOKUカラーシャンプーBLのような、ブロンド系の色落ちを防いでくれるアイテム少ないです。

ミルクティー系の色落ち対策やサロンワークの際に一本あると、かなり重宝するでしょう。

私もミルクティー系のブリーチカラーをした際は、パープル系カラーシャンプーよりもこちらを提案しています。

今回の内容がカラーシャンプー選びの参考になれば嬉しいです。

\公式SHOPはこちら/

Sns share up
コメントコメントを書き込む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。