2021年10月新発売!!KYOGOKUケアカラーセラムとは?トリートメントで髪に高発色とツヤを!

目次

KYOGOKUカラーセラムとは?

ヘアケアとヘアカラートリートメントが両立する、塩基性の染料を配合した新しいアイテムです。

2021年10月20日発売開始予定。

現段階ではパッケージデザインや、一部カラーバリエーションの成分が情報解禁となりました。

KYOGOKUカラーセラムのヘアケア成分

KYOGOKUカラーセラムは塩基性の染料を特殊な配合比率で配合しており、透明感のある鮮やかな発色が特徴のカラートリートメントです。

従来のヘアカラートリートメントやヘアカラーバターなどは、どれだけ再度の高い色の発色が出るかどうかを競う形で様々なメーカーから発売されました。

KYOGOKUカラーセラムは色味はもちろんですが、さらに髪の毛のケアにもこだわっています。

そこでたどり着いたヘアケア成分が「バオバブ種子油」です。

バオバブ種子油

バオバブオイルは、抗酸化作用が強いことが特徴です。

美容オイルとして有名なアルガンオイルの約2倍、食用として人気のオリーブオイルの10倍以上の抗酸化作用を持っています。

バオバブオイルの代表成分

主な脂肪酸(100gあたり)

飽和脂肪酸 31.5%
ステアリン酸6.5 %
アラキジン酸1 %
パルミチン酸24 %
一価不飽和脂肪酸 36%
オレイン酸36 %
多価不飽和脂肪酸 29.5%
リノール酸27.5 %
α-リノレン酸2 %
  • オレイン酸:保湿力が高い、乾燥肌に良い、老化を防ぐ、など
  • リノール酸:肌になじみやすい、肌を柔軟にする
  • パルミチン酸:老化を防ぐ、肌の抗酸化、など
  • リノレン酸:肌になじみやすい、肌を柔軟にする、など
  • ステアリン酸:肌の抗酸化など
  • ビタミンA:肌の活性化、肌の抗酸化、ハリのあるお肌にする、など
  • ビタミンC:シミやシワ、くすみなどに良い、など
  • ビタミンD:肌の免疫機能の活性化、肌のバリア機能を高める、肌荒れの予防、など
  • ビタミンE:肌の活性化、など

バオバブオイルの効果効能

バオバブオイルはアンチエイジングに優れたオイルです。

老化と共に少なくなる水分を保ち、ハリを与え、酸化を防止してくれます。

フリーラジカルを抑える作用もあります。

保湿、滑らかな肌に

バオバブオイルは優れた保湿作用があります。

同時に肌を滑らかにしてくれます。

肌を保護

バオバブオイルは、紫外線や極端な気温の変化などといった、過酷な外の環境から肌を守ってくれます。

傷を治す

瘢痕形成作用にもバオバブオイルは優れています。

傷や傷痕、シミ、ストレッチマークなどの治癒に効果的です。

カラーセラムは3色展開

  • ファンシービビットブルー
  • ファンシービビットピンク
  • ファンシービビットパープル

それぞれの使用結果や中身の色味などは、発売は近づいたタイミングで順次公開予定です。

この記事を書いた人
難波 優二
  • 株式会社kyogoku専務取締役
  • 美容学校教員
  • 美容ディーラー
  • 美容メーカー勤務
  • 接客の全国大会で全国2位
美容師として勤務ののち、美容専門学校にてヘアメイクの講師を務める。
その後美容代理店、全国チェーンの理美容室のSV、美容メーカーにて勤務。
現在はKYOGOKU PROFESSIONALを運営する株式会社kyogokuの専務取締役に就任。
KYOGOKUの運営する各サイトの管理、KYOGOKU商材の広報活動を統括。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる