【美容師向け】少しの変化で大きく印象チェンジ!人気のシニヨンを種類別に紹介

まとめ髪の定番であり、お客様にも人気の高い「シニヨン」スタイル。

浴衣やスーツ、ウェディングドレスに合わせたり、お呼ばれやお祝いの席に使えたり、幅広い場面で活躍出来るヘアアレンジです。

今回は、そんな万能シニヨンを種類別に紹介していきます。

シーン別や顔型・髪質に合わせたシニヨンも解説していますので、お客様へのヘアアレンジのお手伝いになればと思います。

少し手を加えたりまとめ方を変えたりするだけで、全く違う表情を見せてくれるので、自分の中のバリエーションも増やすことができますよ。

目次

タイトシニヨン・ルーズシニヨン

タイトシニヨンは凜とした女性の美しさを際立たせ、ルーズシニヨンは優しいほんわかとした印象を与えます。

同じようにまとめたシニヨンでも、ベースの髪が巻いてあるか、まとめた後にほぐすかどうかでこんなにも印象が変わるのです。

さらに、似合う顔型や髪質も違ってきます。

ではさっそく、それぞれのシニヨンについて解説していきます!

タイトシニヨン

全体的にきっきりとまとめているので、クールで洗練された印象を与えることができます。

着物などの和装に良く似合うスタイルで、真珠のアクセサリーと合わせると、より上品に仕上がり、女性らしさを引き出せます。

タイトシニヨンは、あごのラインが奇麗な逆三角形の顔型や、はちが張っていない卵型の方におすすめで、美しく見せることができますよ。

また、直毛の方は一本一本がしっかりしているため、安定したシニヨンになり、良く似合います。

髪の毛を巻いたり、引き出してほぐしたりせずに、そのまままとめる簡単なヘアスタイルなので、お客様にもレクチャーしやすいのではないでしょうか。

仕事場でも使える印象の良い、シンプルなシニヨンです!

ルーズシニヨン

ルーズシニヨンは、その名の通り、緩くふんわりしたシルエットにするために、おくれ毛や引き出す髪を多めにすることがポイントになってきます!

軟毛の方は髪質を生かして、よりふんわりと軽く、かつボリューミーに仕上げることができます。

エラ張りが気になるベース型・四角型の方は、顔周りの毛をルーズに仕上げることで顔の形をカバーでき、やわらかい雰囲気をつくりだせます。

全体にボリュームが出るので、はちの張りを隠したい場合や頭の形を修正したい場合にも使えて、おすすめのスタイルですよ!

見た目がゴージャスなので、結婚式やパーティ会場などの華やかな場面にピッタリなシニヨンです!

ハイシニヨン・ローシニヨン

シニヨンは、結ぶ高さの位置でもイメージが大きく変わって面白いですよね!

次は、ハイシニヨンとローシニヨン、二つのスタイルについて解説していきます!

ハイシニヨン

ハイシニヨンは上部にシニヨンをつくることで縦に長く見え、スタイルアップ効果や小顔効果があり、小柄な方・丸顔の方に良く似合うスタイルとなっています。

また、アップスタイルで目立ちやすいため、成人式や卒業式などで周りと差をつけて注目を集めたいという方にセットすると喜ばれますよ!

位置が高ければ高いほど、プリンセスのような可愛らしさも感じられて、ウェディングヘアとして花嫁さんにも人気があります。

リボンや大きめの髪飾りと合わせると、より派手やかな仕上がりになって、どこから見ても絵になってすてきですよ!

ローシニヨン

ローシニヨンはシニヨンの中でも王道で、普段着のカジュアルな服からパーティ・結婚式用のドレスにまで似合い、幅広い場面で万能に使える大人気のスタイルです。

ハイシニヨンの華やかで元気な雰囲気に対し、ローシニヨンは大人っぽさを演出して落ち着いた印象を与えます。

低い位置でまとめるため、ロングヘアの方はもちろん、ボブヘアのような髪の短い方でもアレンジを楽しめますよ!

ターバンやカチューシャ、マジェステなどのヘアアクセと組み合わせることができ、さまざまな見た目の変化を試せて、定番ヘアでもアレンジの幅が広がりますね!

サイドシニヨン

サイドシニヨンは、基本的にどの顔型の方にも合うスタイルです。

普通のシニヨンだと正面からお団子が見えず隠れてしまいますが、サイドシニヨンだと顔の横にお団子が見えて、写真映えできます!

個性を出したいけれど、ハイシニヨンのような豪華さは控えたいという方には、かわいさと奇麗さを両立させるサイドシニヨンで変化をつけてみてはいかがでしょうか。

また、サイドにまとめることでうなじが見えて、首元を色っぽく見せることができるため、浴衣などのモダンなスタイルにも良く似合います。

三つ編み・編み込みシニヨン

編み目部分を細かく引き出すことで、動きをつけることができるので、ベースを巻かなくても簡単にゆるふわなシニヨンスタイルが完成します。

ベースの巻き髪やパーマをキープしにくい、直毛や剛毛の方にも使えておすすめですよ!

三つ編みシニヨン

普通のシニヨンよりも崩れにくく、帽子を被る方に最適のスタイルです。

また、手直ししにくいデートや結婚式の時にも役に立ちます。

編み込みと違って、編み方や引き出しの調整が細かくできるので、髪の引き出し方によっては、カジュアルにもフォーマルにも幅広く対応できます。

アレンジとして三つ編みにくるりんぱやねじりを入れると、おしゃれ度が増してこなれ感がでます!

プロの技を生かして、ひと手間加えてみてはいかがでしょうか。

編み込みシニヨン

もっと存在感を出したいという方には、トップから全体的にアレンジできる編み込みシニヨンがおすすめです!

三つ編みよりも全体的にボリュームを出すことができ、面長を改善させる効果があります!

まとめの部分だけでなく、前髪やサイドの髪も一緒に編み込めば、顔周りを明るくさせることができて小顔効果も期待できますよ。

剛毛の方は、サイドの編み込みがしっかり丈夫になって、美しい仕上がりになります。

編み込みスタイルにフィッシュボーンをプラスすると、他とは違ったアレンジにもなります。

ウェディングヘアにする時は、編み目に細やかな花や飾りをちりばめると、ナチュラルで可愛らしく仕上がります!

変わったシニヨンも

いくつか紹介しましたが、フラワーシニヨンやリボンシニヨンなど、変わったシニヨンもあります。

高い位置で花のような形にまとめたフラワーシニヨンは、インパクトがあり、後ろ姿で魅せることができます。

リボンシニヨンはラブリーなイメージですが、全体をタイトにまとめてサイドにリボンをつくることで、あまり子供っぽくならないので、チャレンジしやすいスタイルとなっています。

他の人とあまり被りたくない方には、この芸術作品のようなユニークなアレンジをしてみてもアリかもしれません。

まとめ

シニヨン
出典:https://beauty.hotpepper.jp/slnH000534497/style/L114975780.html?cstt=1

シニヨンは、まとめる位置やほぐし方などの少しの変化で、多くの表情を見せてくれます。

お客様のイメージを大事にしつつ、髪質、服装、場面などに合わせてさまざまなシニヨンを試してみてください。

上級者向けに見えて意外と簡単にできるシニヨンもあるので、お客様にアレンジ方法を共有してみるのもいいですね。

ぜひこの機会に、紹介したいくつかのシニヨンを組み合わせて、シニヨンアレンジのレパートリーを増やしてみてくださいね!

お知らせ

KYOGOKUの公式LINE@をご登録いただくと、プレゼント企画などのお得な情報をお届けします‼

少しでも気になった方は、お気軽にご登録くださいね♪

この記事を書いた人
井尾充将
井尾 充将
  • 2022/2月オープン予定「&chaLme」代表
  • 美容学校の技術講師
  • 2年連続ホットペッパービューティー
     人気スタイルランキング全国1位(140万人中)
東京の有名店HAIR DIMENSIONにて技術を学ぶ(有名雑誌のヘアメイクなど担当)。
美容師向けの技術講習会多数こなし、全国的なCM撮影のヘアメイクも担当。
現在は美容学校の技術講師を担当し、2022年2月には自身が代表を務めるヘアサロンをオープン予定。
美容師としての社会的地位を向上させる為に日々研究中。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる