CBDで自律神経失調症は緩和される?あなたは今どんな症状で悩んでいますか?

今体調に不安なことはありませんか?

寝起きが辛い、頭痛が取れずに倦怠感が抜けないなど、自律神経の乱れの症状はありませんか?

今しっかり向き合って改善策を見つけないと、さらに悪化し日常生活も困難になることもあります。

ストレスを抱えている方に読んでいただける事を願っています。

目次

自律神経失調症とはどんな症状?

自律神経失調症とはどんな症状?

自律神経失調症で悩んでおられる方は、近年年を齢問わず増えています。

自律神経の乱れはストレスが原因になっている事が多く、仕事や過度なダイエットなど原因が明確化しやすいことも特徴です。

でも、その原因をすぐに排除できる環境でない方も多いですよね。

我慢を重ねてしまい気が付けば日常生活が困難になってしまっている方も多く、症状が悪化してしまうと自分自身で回復することも難しくなってしまいます。

自律神経は全身の臓器に影響を及ぼすので、気持ちの浮き沈みだけでなく、身体に症状が出て初めて「自律神経失調症」と気付く方も多いです。

自律神経失調症とはどんな症状?

【主な症状】

  • 不眠(眠りが浅い)
  • 不安感(動悸)
  • 尿漏れ(尿意が我慢できない)
  • 暑くないのに汗が止まらない
  • 胃の不快感(ムカムカしたり吐き気)
  • 微熱が続く
  • 便秘や下痢を繰り返す
  • いつも体調が優れないと感じる(朝起き上がる事が困難)

CBDは、ストレス緩和に必要なセロトニンを分泌させ、副交感神経を活性化しリラックス効果を高めます。

CBDはどんな成分?

CBDとは、麻(大麻草)に含まれるカンナビジオールという成分です。

大麻と聞くと、「麻薬」や「マリファナ」など違法薬物を連想される方も多いと思います。

実際、同じ麻(大麻草)から抽出された成分でTHCという成分があります。

THSは「ハイになる」といった症状が現れます。

このTHCは麻薬としての効果があり、日本では規制されています。

THCとCBDは日本での取り扱い規制も違いますので、CBDは使用しても問題なく合法とだけ覚えておいていただければと思います。

CBDは麻(大麻草)から作られていますが違法成分ではありません。

現在CBDは日本の美容業界でも取り入れることができるほど、抗菌作用や免疫機能の正常化、ストレスの緩和など、複数の研究で実証されています。

2017年9月にWADA(世界アンチ・ドーピング機構)がCBDの安全性を認め、CBDを除外成分として認定しています。

日本では厳しい基準を設けており、日本で販売されているCBDは安心して使用できます。

ただ、今はネットでも簡単に購入できますよね。

販売元や、その販売元がどのように仕入れてCBD製品を加工しているのか、不純物は入っていないかなどはしっかりと確かめる必要があります。

どこの販売元が安心なのか、

KYOGOKUのCBD製品について

KYOGOKU PROFESSINALではいろいろな方法でCBDが摂取できるよう沢山の種類があります。

KYOGOKUのCBD製品について

【KYOGOKU CBD商品】

  • CBDグミ
  • CBDオイル
  • CBDアイソレート
  • CBDブースト(トリートメント)
  • CBDミスト
  • CBDバーム
KYOGOKUのCBD製品について 摂取方法

【代表的な摂取方法】

  • 舌下摂取
  • 食品に混ぜて摂取
  • タバコのように吸引
  • 鼻から吸引
  • 経皮吸収

鼻からの吸引、舌下摂取が一番吸収が早く、効果が実感しやすい方法です。

CBDは治療薬としてではありませんが、病院でも取り入れられているほど安心で安全な成分です。

リラックス効果が高く、睡眠の質が良くなったと体感されている方も多いです。

あなたに合ったCBDを見つけてくださいね。

そしてKYOGOKUの商品は、すべて日本の高水準の審査をクリアした成分だけを使用しています。

KYOGOKUのCBD製品について 証明

【第三者機関の検査】

  • GMP認証

(原材料の受入れから商品の出荷までの全工程で「適正な製造管理と品質管理」の証明を受けたものです。)

  • MSDS

(安全データーシート)

  • オーガニック
  • 遺伝子組み換え作物不使用

KYOGOKUのCBDはGMP認証も取得

弊社で使用しているCBDは、厚生労働省の定める厳しい基準を全てクリアしています。

その証として、GMP認証も受けている安心できる製品です。

※GMP認証とは・・・Good Manufacturing Practice の略で「適正製造規範」のこと。

 原料の受入れから最終製品の出荷に至るまでの全工程において、「適正な製造管理と品質管理」であることを認められ他製品にのみ認証されます。 

健康食品GMP認証事業は、厚生労働省の支援を受けた第三者認証制度のもとで運営されています。

KYOGOKUのCBD製品について 不純物

KYOGOKUのCBDは、人体に有害な不純物や農薬などが一切含まれていないとい証明書も取得しております。

【THCフリー】

日本で違法とされているTHCは、大麻草の「花穂」、「葉」から抽出されています。

それに対し合法成分のCBDは大麻草の「茎」、「種子」から抽出されています。

THC(違法成分)や農薬などは一切検出されないことを確認し、高品質の原料から製造されています。

弊社だけでなく、第三者機関に商品成分の分析も依頼しており、実証済ですので安心しとご使用いただけます。

CBDと自律神経失調症のまとめ

自律神経と睡眠は深い繋がりがあります。

日常的にストレスを受けていても、睡眠前にリラックスをして質のいい睡眠をとることで自律神経の乱れを緩和できるという実証もあります。

そしてCBD成分はセロトニンの分泌を促進します。

セロトニンは活動の意欲を向上させる働きがあり、交感神経の働きを向上させると考えられます。

人をリラックスさせる為には副交感神経の働きが重要であり、副交感神経が優位に立つと、ストレスの緩和や自律神経を整える効果があります。

ただ、常備薬を処方されている方や、薬を内服する場合は医師に相談してください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる