青髪は派手?色落ちが心配ならグラデーションカラーがおすすめ

「青髪に染めたいけど派手だし色落ちしてから心配…」

こんな風に思った経験はありませんか?

実は同じような悩みを抱えてる人は多いです。

そんな人におすすめなのがグラデーションカラー!

こんにちは!福岡でフリーランス美容師をしている宇井です。

今回はKYOGOKUカラーセラム(ファンシービビットブルー)を使って、毛先が青髪のグラデーションカラーを作ります。

仕上がりの画像がこちら。

ファンシービビッドブルー仕上がり
(左・before/右・after)

ちなみに毛先は青と緑の2色に染めています。

この記事は以下のような人におすすめです。

  • 青髪の色落ちが心配
  • グラデーションカラーに興味がある
  • 青髪にしたいけど派手だから迷ってる
  • 青のカラートリートメントを使ったことがない

青髪のグラデーションカラーは、ブリーチ初心者でも気軽にできるカラーです。

参考にしてみてください。

目次

KYOGOKUカラーセラム(ファンシービビットブルー)とは?

KYOGOKUカラーセラム(ファンシービビットブルー)とは?

KYOGOKUカラーセラム(ファンシービビットブルー)は、カラートリートメントの1つです。(厳密には違いますが大きく分けた場合)

カラートリートメントは、通常のカラー剤とは全く違います。

カラートリートメントと呼ばれてるアイテムは、ビビットな発色が特徴です。

しかし、デメリットもあります。

デメリットも含めて、青髪のグラデーションカラーを紹介していきます。

青髪で派手にしすぎたくないグラデーションカラー

青髪で派手にしすぎたくないグラデーションカラー
「トータルでのファッションが重要」

青髪は人気の高いカラーです。

そして、個性的な髪色でもあります。

そのため、髪全体を青髪にすると非常に派手な髪に見えやすいです。

もちろん、派手髪がやりたくて全頭を青髪にするなら問題ありません。

ただし、1つ注意して欲しい内容があります。

それは「髪全体が青ならファッションも意識してね」ということです。

よくある例で高校を卒業したばかりの人が、個性的な派手髪にしたくて染める場合があります。

しかし、ファッションと髪色のバランスが悪く頭が浮いて見えることが多いです。

本人は髪全体が青く染まって満足だと思いますが、側から見ると違和感があります。

グラデーションカラーなら、毛先しか青く染めません。

グラデーションカラーなら、毛先しか青く染めません。

地毛部分の髪も残っているため、頭が浮いて見えづらいです。

ブリーチ初心者は、まず青髪のグラデーションカラーで染めるのがおすすめです。

一度、染めてから「もっと青髪を派手にしたい!」と感じたら全体を青に染めると失敗がありません。

青髪に必要なブリーチ回数

【基本は2回】

青髪はブリーチをしないと染まりません。

美容室だと1〜2回のブリーチで青髪に染めてくれます。

セルフで青髪にするなら、2〜3回しないと失敗する可能性が高いです。

それほど青髪のような派手な髪色は、ブリーチで色を抜くのが重要になってきます。

もし、美容師さんの読者で「どのブリーチを使っていいのかわからない」みたいな方がいたら、KYOGOKU IROME リッチクリスタル+(プレミアムブリーチ)を試してみてください。

リッチクリスタル

実際に私も使ってますが、1回のブリーチで青髪にできるくらい抜けます。

ブリーチを2回すると材料費も高くなりがちではありませんか?

KYOGOKU IROME リッチクリスタル+(プレミアムブリーチ)は、少し価格は高いですが1回で済むため結果的にはお得です。

青髪は派手だけど色落ちはどうなるの?

青髪は派手だけど色落ちはどうなるの?

【緑に色落ちする】

青髪ような派手な髪色にする上で気になるのが色落ちです。

カラーをするなら色落ちまで計算に入れるのは必須。

なぜなら、色落ちの髪色によっては次回のカラーがやりづらくなるからです。

青髪は派手な髪色ということもあり、色落ちも独特です。

通常のカラーだと、青髪に染めても金髪に色落ちします

しかし、カラートリートメントの青を使って染めると基本的に色落ちは緑です

さらに緑になってからは、ずっと色落ちしません。

ブリーチを使っても、色落ちした緑は残る場合が多いです。

金髪に色落ちをしないと、次回のカラーがやりづらくなります。

カラートリートメントを使って染めるなら、必ず知っておきましょう。

カラートリートメントのデメリットを克服

カラートリートメントのデメリットを克服

【ブリーチで色落ちする】

先ほどカラートリートメントが色落ちしないデメリットを説明をしました。

ここで活躍するのがKYOGOKUカラーセラム(ファンシービビットブルー)。

KYOGOKUカラーセラム(ファンシービビットブルー)は、簡単に色落ちします。

ブリーチを使えば、色落ち後の色は消えてくれるでしょう。

つまり、本来のカラートリートメントでデメリットだった【色落ちをしない問題】を気にしなくていいんです。

この部分がKYOGOKUカラーセラム(ファンシービビットブルー)を使う上で最大のメリットと言えます。

また、他のカラートリートメントと圧倒的に違う部分です。

私がKYOGOKUカラーセラム(ファンシービビットブルー)を使ってるのも、次回のカラーに影響をしないメリットが大きいからです。

青髪のような派手な色に染めたい一般の方でも、KYOGOKUカラーセラム(ファンシービビットブルー)ならリスクがないためおすすめ!

青髪のグラデーションカラーのリスクが低い理由

【毛先のカットで元通り】

ブリーチカラーのリスクは、大きく分けて以下の3つです。

  • 色落ちが早い
  • 髪へのダメージ
  • 伸びてくると根本が目立つ

ブリーチ経験者や美容師さんならわかるはず。

しかし、グラデーションカラーなら3つのリスクを全てクリアできます。

グラデーションカラーは、毛先のみブリーチするカラーです。

そのため、根本が伸びて目立つ心配はありません。

色落ちが早くても同系色のカラーなら毛先のみ色を被せればOK!

新たにブリーチをする必要もないため、髪へのダメージも気にしなくていいです。

さらに「青髪の派手な色に飽きたな…」と思えば、毛先のみカットすれば元に戻ります。

つまり、グラデーションカラーは数あるカラーの中でもトップクラスにリスクが少ないカラーなんです。

ブリーチ初心者や髪のダメージが気になる人は、グラデーションカラーで染めてみてください。

KYOGOKUカラーセラム(ファンシービビットブルー)で青髪に染めるコツ

【ブリーチと放置時間が大事】

青髪に染めるのは、実は難しいです。

実際に美容師さんでも失敗する人がいます。

青髪にする上で重要なのはブリーチ!

キレイにブリーチが抜けていないと、青髪に染まりません。

15レベルくらい色が抜けている髪に染めないと緑っぽく染まります。

今回、染める方のbeforeがこちら。

今回、染める方のbeforeがこちら。

15レベル抜けている状態です。

さらに青髪に染めるには、放置時間が少なくても染まりづらいです。

公式では、10分放置が目安になってます。

ただし、10分以上放置しても問題はありません。

なぜなら、KYOGOKUカラーセラム(ファンシービビットブルー)は放置時間を長めに置いても髪が傷まないからです。

KYOGOKUカラーセラム(ファンシービビットブルー)には、高い保湿成分が含まれてます。

バオバブ種子油配合

青髪に染まるか心配な人は、10〜20分放置してみましょう。

以下の2つを守ればキレイに染まります。

  • 10〜20分放置する
  • 15レベル以上の髪に使う

特にセルフカラーで染める人は守るようにしてください。

また、KYOGOKUカラーセラム(ファンシービビットブルー)を塗った後はシャンプーやリンスをする必要がありません。

シャンプーやリンスを使うと若干色落ちする可能性があるため、お湯だけで洗い流すようにしましょう。

カラートリートメントは混ぜてもOK

カラートリートメントは混ぜてもOK
【絶妙な色合いが出せる】

KYOGOKUカラーセラム(ファンシービビットブルー)には、パープルとピンクも存在します。

これら3つは、混ぜて使うことが可能です。

お客様の中で「青っぽいパープルに染めたい」と言う人もいるはず。

そんな方には、KYOGOKUカラーセラムのブルーとパープルを使って染めましょう。

混ぜるコツは、ブルーを少し多めに使うことです。

また、色には力の上下関係があるのを知っていますか?

ブルー、パープル、ピンクの3つの強さを並べ替えるとこのような感じです。

  1. ピンク
  2. パープル
  3. ブルー

青髪は派手に見えて強そうですが、ブルーは色の中では力が弱い色です。

そのため、ブルーとピンクを同じ量で混ぜてもピンク寄りの色になります。

KYOGOKUカラーセラムを混ぜて使う場合は、ブルーが少し多めというのを忘れないようにしてください。

青髪のような派手な髪色にするならグラデーションカラーから始めよう

青髪のような派手な髪色にするならグラデーションカラーから始めよう

今回のテーマ【青髪は派手?色落ちが心配ならグラデーションカラーがおすすめ】についてまとめていきます。

  • 青髪は染まりづらい
  • 青髪に染めると緑に色落ちする
  • 青髪にするなら15レベル以上抜けた髪
  • グラデーションカラーはリスクが少ない
  • KYOGOKUカラーセラムは混ぜて使ってもOK
  • KYOGOKUカラーセラムは髪へのダメージがほぼゼロ
  • 一般的にはカラートリートメントは色落ちがしづらい
  • KYOGOKUカラーセラムはブリーチで簡単に色落ちする

青髪のような派手な髪色にしたいなら、まずはグラデーションカラーをしてみてください。

もちろん、派手髪に慣れてる人は全頭を青髪にしても問題ありません。

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次