カラーセラム全3種!混ぜて好みのケアカラーができる

カラーセラムはKYOGOKUから発売されているカラートリートメントです。

現在「ブルー」「パープル」「ピンク」の3色が揃っています。

カラーセラムは

  • ダメージをケアしながらカラーしたい
  • セルフで気軽に色を入れたい
  • ビビッドな発色を楽しみたい

そんな人におすすめです。

それぞれ単色もきれいなのですが、今回はミックスしたカラーの発色をみていきたいと思います。

目次

カラーセラムの魅力

カラーセラムの魅力

カラーセラムはカラートリートメントなので、プロだけでなくセルフカラーとしても使用できます。

カラートリートメントは塩基性カラーともいわれ、使われている色味の成分は 塩基性染料とHC染料となっています。

塩基性カラーのしくみについては

こちらでも説明しているので、詳しくはこちらをご覧ください。

カラーセラムを混ぜてみた

カラーセラムを混ぜてみた

今回2種類を1:1で混ぜてみました。

  1. ピンク×パープル
  2. ブルー×ピンク
  3. パープル×ブルー

の3通り作ります。

カラーセラムミックス検証方法

カラーセラムミックス検証方法

まずは明るめの毛束を用意します。

カラーセラムは色味を抜くことができないので、前提としてブリーチをしていなければきれいな色味になりません。

ベースが明るければ明るいほどに鮮やかな色合いを演出できます!

ミックスしたカラーセラムを塗布します

ミックスしたカラーセラムを塗布します

それぞれ混ぜたカラーセラムを毛束に塗布して15分放置します。

10分後、流しました。

カラーセラムはトリートメントなので、塗布後のシャンプーはいりません。

カラーセラムの発色は・・・?

カラーセラムの発色は・・・?

上3本が単色、下3本がミックスしたカラーセラムで塗布したものです。

ピンク×パープル

ピンク×パープル

真ん中の毛束がピンク×パープルです。

ピンク単品、パープル単品と比較できるように間に置いてみました!

1:1ではピンクの色味が強く出ていますが、いい感じにパープルの要素が混ざっています。

青みのピンクなので単品で使うより、クールなイメージになりますね。

ブルー×ピンク

ブルー×ピンク

ブルーとピンクを混ぜたら、当然パープルになりますよね。

1:1なので単品のパープルと同じ感じになりましたが、どちらの量を増やすかで青みのパープル、赤味のパープルと好みで作ることが可能。

パープル×ブルー

パープル×ブルー

パープル×ブルーでは、このようにクリアなブルーになりました。

毛束に若干残っている黄色をパープルが打ち消した上にブルーが入るので、これだけきれいなカラーになったのだと思われます。

すっきりしたカラーで、使い勝手がよさそうです。

カラーセラムは混ぜて好みの色が楽しめます!

カラーセラムは混ぜて好みの色が楽しめます!

カラートリートメントは2剤などがいらないので、そのまま好きな分量で混ぜるだけでいろいろな色味が作れます。

セルフでもとっても簡単なのでぜひ試してみてくださいね。

この記事を書いた人
石川 舞
石川 舞
  • スピードマツエクのディプロマ取得
  • SABFAのメイク講習で検定ディプロマ取得
  • MSOJメイク検定2級取得

ナチュラルな大人可愛いから今時の可愛いまで、お客様に合わせたヘアデザインをご提案させて頂きます。メンズ似合わせカットや、透明感カラーが得意です。またアイリストのディプロマ取得済み。早いスピードと丁寧な技術でアイの施術も行っているのでヘアと合わせたトータルな似合わせのご提案は是非お任せ下さい。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる