【現役美容師が徹底解説!】イルミナカラーのメリット・デメリットについて

「イルミナカラー」と「オーガニックカラー」はどちらが良いの?
「イルミナカラー」は傷みにくい?
「イルミナカラー」は色落ちが早い?

こんな質問をいただくことがあります。
そこで、今回はイルミナカラーのメリット・デメリットを一挙にご紹介します!

現役美容師による抑えておきたいポイントをお伝えします。

目次

イルミナカラーのメリット

イルミナカラーの最大のメリットはブリーチをしなくても透明感のあるカラーを表現できるところです。

特殊な技術を用いてキューティクルへのダメージを最小限に抑えながら明るくできるので、ブリーチをしてダブルカラーをする時と比べて痛みが少なくなります。

透明感のあるカラーはベースの色を削るため、ブリーチをしてから色を重ねるという技法が多く使われています。

髪に薬剤がついている時間が長ければ、その分ダメージに繋がることがあります。

イルミナカラーでは一度で明るくしながら色素を入れていくので、その分ダメージを抑えることができます。

従来のカラーでは沈みがちな暗めカラーでも透明感のある柔らかいカラーにすることができます。

通常のカラー剤よりも絶妙な色の表現ができ、ブリーチありの場合よりも傷みにくいので、カラーをもっと楽しみたい人におすすめです。

イルミナカラーのデメリット

イルミナカラーは通常のカラー剤よりも明るくする作用が強いので、褪色が早めであることが多いというデメリットがあります。

透明感のある色素が使われているので、絶妙なカラーを表現できる反面、色落ちしやすくなってしまいます。

「カラー直後の仕上がりが気に入っていたけど、数日で何色かわからないくらい色落ちしてしまった」

ハイトーンであればあるほど、絶妙な色加減を保つのが難しくなります。

ブリーチよりは傷みにくいものの、通常のカラーよりは傷みやすいことが多いので、日頃のケアも大切になってきます。

イルミナカラーチャートをご紹介

イルミナカラーのカラーチャートを見てみると、透明感のある色が特徴的です。

透明感のある色素は柔らかさを出すことができ、様々な色と組み合わせて絶妙なカラーにすることができます。

その反面、ハッキリした色を出すことが苦手なので、「もっと色を感じたい」といった方にとっては、物足りないということになります。

イルミナカラーで色落ちするとどうなる?

イルミナカラーは色落ちすると染めた時よりも明るくなる印象です。

これはイルミナカラーがベースのカラーを明るくして色素を入れるので、色が抜けてしまうと通常のカラーよりも明るくなってしまうためです。

暗めのカラーは茶髪に近く、ハイトーンは金髪になります。

色落ちが早いと、褪色するまでの色を楽しむ期間も短くなってしまいます。

こまめに色を変えたい人にとっては残留する色素が少ないため、すぐに次のカラーにチャレンジすることができます。

ですが、カラーを長く楽しみたい人にとっては「あっという間」にその時期は過ぎてしまうことになるでしょう。

染めたては最高の仕上がりでも、希望の色を味わう期間が短いのはちょっと寂しいですよね。

イルミナカラーで染める頻度は何ヶ月おきが良い?

イルミナカラーは色落ちが早い傾向にありますが、おすすめの染める頻度は髪の状態によってそれぞれ違います

  • 髪のダメージの具合
  • 髪の明るさ
  • 染めた色

ダメージのある髪やハイトーンの髪はキューティクルが開きやすく、中の色素が流出しやすくなります。
暗めのトーンの髪よりも色落ちが早いので、1週間程度で黄ばんだり金髪に近くなることもあります。

逆にあまり傷んでいない髪や暗めのトーンは、色素が留まる期間が長めになりますので、1ヶ月程度でゆるやかに色落ちしていきます。

また、ベースの髪をあまり明るくしないことで、中のメラニン色素を多く残した状態になり、色が抜けても目立ちにくくもなります。

ですので、そんなに明るくないカラーであれば、通常のカラーと同じようにだいたい1ヶ月〜1.5ヶ月程度のサイクルで染めると、綺麗なカラーを保てます。

「根元から新しく生えてくる髪とカラーをしている部分の明るさの差が激しい」ということであれば、早い人で2週間後には気になってくるかと思います。

こまめに染めればそれだけ綺麗を保つことができますが、カラーの頻度を上げると髪へのダメージも気になるところです。

また、2〜3ヶ月以上の期間を空けてしまうと、既に染めていた部分の褪色が進んで色の明るさの差が目立ってしまいます。

さらに、新しく生える部分の髪は全て同じスピードで伸びるわけではないので、境目がまちまちになり、仕上がりが綺麗にならないこともあるので注意が必要です。

担当のスタイリストと相談しながら、綺麗なカラーを楽しみたいですね。

イルミナカラーで人気の「アッシュ」ってどんな色?

ヘアカラーのアッシュは一般的にグレーの色のことを言います。

一般的にグレーのカラーにする時には、ベースの色を明るくする必要があります。

この時に髪が元々持っている黄色味が邪魔をしてグレーにならないことがありますが、イルミナカラーではその黄ばみを抑えてアッシュにすることができます。

ブリーチをしなくても暗いトーンでアッシュにできるので、仕事などの都合で明るくできない人もチャレンジしやすい色で人気です。

イルミナカラーの「オーシャン」ってどんな色?

イルミナカラーの人気色オーシャンは、アッシュ系のカラーリングに使用されることが多くあります。

オーシャンという名の通り、海をイメージさせるような青みのある色素が地毛が持つ黄色味や赤味をくすませて綺麗なアッシュカラーになるように計算されています。

落ち着きがあり大人っぽい雰囲気が好きな人赤みのある色が苦手な方におすすめのカラーです。
ハイライトやバレイヤージュとも相性抜群なので、3Dカラーなど立体感のあるカラーも美しいです。

「普段のカラーに飽きてしまった」という方でもデザインカラーで一味違った雰囲気にすることができます。

created by Rinker
¥840 (2022/08/15 21:15:29時点 楽天市場調べ-詳細)

ヘアカラー剤「KYOGOKUIROMEシリーズ」

イルミナカラーよりもっと色鮮やかなカラーが表現できるのが、KYOGOKUIROMEシリーズです。

KYOGOKUIROMEシリーズ

カラーチャートを見てみると、濃くしっかりした色味が特徴的ですね。

時間や調合を加減することで色の表現の幅を無限に広げられるので、淡いニュアンスカラーから彩度の高いビビットカラーまで楽しめます。

調整が難しいお洒落なスモーキーカラーや、個性的なルビー系も発色が綺麗なので、ダブルカラーはもちろん、バレイヤージュやハイライトも光を味方にした綺麗なカラーになります。

また、数分でもしっかり色が入るので、時間短縮=ダメージの軽減ができます。

KYOGOKUIROMEシリーズは、色鮮やかな色味でありながら色素が残留しにくい特徴もあります。

従来の高発色のカラー剤や暗くトーンダウンさせる色味のヘアカラーは、ある程度まで褪色するとそこから抜けなくなり、次回のヘアカラーに大きく影響してしまうことがあります。

IROMEヘアカラーシリーズにはその心配がなく、ダメージを極力抑えた設計の為、色持ちも良いのが好評です。

  • 美しい色味を楽しみたい
  • ダメージを最小限に抑えたい
  • カラー直後から次のカラーまで綺麗を保ちたい

そんなお客様のご希望を叶え続けています。

この記事を書いた人
RYUTA TOMONO (友野龍太)
RYUTA TOMONO (友野龍太)

2021年5月より京極琉のオファーを受諾しThe Diamond Kyogokuにディレクターとして移籍。
海外有力誌の表紙や巻頭特集を飾るなど国際的に活躍。
ヘアスタイリスト界のオスカー:NYのThe IBI Award2020で日本人初となるファイナリスト入りを果たし世界3位を受賞。
世界最大の美容の祭典:ロンドンのALTERNATIVE HAIR SHOW2021に於いて次世代のアーティスト20に選出。ヘアショーに出演。
2022年春夏ミラノコレクションで日本の2つのブランドでヘアメイクディレクターを務めた。
ヘアデザインの芸術的認知を目指して東京から世界に発信を続けている。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる