美容師が教えるブリーチの値段の相場!お得な選び方をこっそり教えます

「美容室によってブリーチの値段は異なるの?」

「これからブリーチをしたいけれど、できれば費用を安く抑えたい」

このような疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

ブリーチは高度な技術が必要なので、通常のヘアカラーよりも高めに値段設定している美容室がほとんどです。

ブリーチだけ行うメニューはあまり設定されておらず、色を抜いた後にカラーを乗せる”ダブルカラー”と記載されている場合が多いです。

本記事では、ブリーチの値段の相場とお得な選び方を紹介していきます。これからブリーチしたいな…と考えている方は参考にしてみてくださいね。

目次

美容院ブリーチ値段の相場

美容院ブリーチ値段の相場

美容院によって価格設定は異なりますが、通常のヘアカラーよりも+2000円〜3000円高い料金が平均相場です。

髪の毛の長さによってロング料金が発生する場合は、それよりも少し価格が高くなります。

しかし、ブリーチで色を金髪に抜いたままで完成という方はあまりおらず、上からカラー剤で綺麗な色に染めていくケースがほとんどで。

よって、その分の料金も必要となります。

ブリーチ料金と上から乗せるカラー剤の料金を合わせると、おおよそ10000円〜16000円程度がダブルカラーの平均相場です。

美容院ブリーチだけ値段

ブリーチをして髪の毛の色をただ抜くだけであれば、6000円~8000円ほどの価格で施術が受けられます。

施術工程は通常のヘアカラーと同じで、薬剤を髪に塗布していくだけです。しかし、色ムラにならないように均一に塗布する技術やスピーディに塗布するテクニックなどが必要です。

家で市販のブリーチを使用して自分で染めれば費用も1000円以内で抑えられますが、全体を色ムラ無く均一に染めることは難しいですよね。

よって、美容院でプロが行うブリーチは薬剤料金と技術料金で高めに設定されているのです。

美容院ブリーチ回数値段

美容院ブリーチ回数値段

ハイトーンの淡い色味や鮮やかな色味・ホワイト系のヘアカラーにしたい場合は、1回のブリーチでは髪の色が綺麗に抜けきらず、希望の色が再現できません。

2回・3回とブリーチをしないといけないケースがあります。

もちろんブリーチ1回でも綺麗に発色する色味はあるので、担当の美容師さんとブリーチ回数は相談してくださいね。

ブリーチ3回値段

ブリーチ1回の値段の相場が約6000円〜8000円なのでブリーチを3回行う場合は料金も3倍です。

ブリーチ料金に加えて、上から乗せる薬剤の費用も必要なので、合計金額は約25000円〜30000円前後となります。

ブリーチを3回すれば、よほど髪質がしっかりしている方や過去の残留色素が残っていない限り、どのような色味も表現しやすいです。

しかし、1日で3回ブリーチを行うと頭皮と髪への負担が大きすぎるので、期間を空けて行いましょう。

イベントや予定に合わせて綺麗なブリーチカラーをしたい方は、事前に美容師さんに相談してコツコツと計画的に作り上げていく方法がおすすめです。

ブリーチ2回値段

ブリーチ2回の値段も、3回行う場合と同じように、ブリーチ1回分の料金が2倍になります。

ブリーチだけを行うメニューを設定している美容室はほとんど無いので、上からのせる薬剤の費用も発生します。合計金額は、ブリーチ2回とオンカラー費用合わせて、約20000円~25000円程度です。

ブリーチを2回すれば、赤みの少ない透明感のあるカラーが再現しやすくなりますよ。

ブリーチ回数を重ねれば重ねるほど、髪への負担が大きくなるので、日々のケアがとても重要になります。

普段ヘアアイロンやコテを使う方は、髪への熱ダメージを少なくするために、温度を低めに設定することをおすすめします。

ブリーチリタッチ値段

伸びてきた黒い根本(新生毛)だけをブリーチリタッチするのであれば、全体をブリーチするよりも費用を安く抑えられます。

リタッチだけでも全体の時と同様に、ブリーチ剤を使用して色を抜くので高い技術が必要です。しかし、塗布する髪の長さが短く、使用する薬剤の量が少なく済むので、価格が安めに設定できるのです。

ですが、リタッチブリーチの放置時間は、全体ブリーチの場合とそこまで大きく変わりません。

塗布する時間は多少短くなりますが、お店の限られた予約枠を確保するのは同じです。

施術にかかる所要時間に大きな差がないことから、大幅に価格を下げることはできないのです。

部分ブリーチ値段

毛先だけブリーチする”裾カラー”や耳周りだけを染める”イヤリングカラー”など、ポイントでブリーチすることも可能です。

お店のメニューに無くても、相談すれば対応してくれるケースがほとんどなので、担当の美容師さんに聞いてみましょう。

部分だけブリーチする場合の値段の相場は、約3000円前後です。全体ブリーチよりも安く染められて、部分的に鮮やかな色味が楽しめます。

内側だけブリーチして色を入れる”インナーカラー”は、職場や学校などで髪の明るさの規定がある方におすすめです。

髪を結べばブリーチをした箇所は隠れて、髪をおろせば部分的に色が異なるスタイルにできるので、その場にあわせてヘアスタイルを切り替えられます。

お得なブリーチ方法!

お得なブリーチ方法!

透明感のある色味や鮮やかな色味を再現できるのがブリーチカラーの良さですが、施術費用が高いのが難点ですよね。

できれば安くブリーチをしてもらいたい…と思う方も多いと思います。

ここでは、お得にブリーチができる方法を紹介していきます。

新規クーポンを利用する

ネットで予約が取れる美容室は、新規の方限定でお安く施術が受けられるクーポンのサービスを行っているお店がほとんどです。

1つの美容室にこだわらない方は、新規クーポンを上手く利用して転々と渡り歩く方法もあります。

初めて行くお店で難易度が高いブリーチをしてもらうのは少し勇気がいりますよね。

ブリーチが上手いかどうかの口コミや、お店のスタイル写真などを参考に選ぶと失敗しにくいですよ。

ただし、新規クーポンを利用して指名なしで予約をした場合は、どのような美容師さんが担当になるのかが分からないですよね。

美容師歴が浅くブリーチワークが得意でない美容師に当たるのを避けたければ、ブリーチワークが上手な美容師を探して指名予約をすることをおすすめします。

家で自分でブリーチをする

ドラックストアに売っている市販のブリーチ剤を使用して、家で自分で染めるのであれば、薬剤費用の1000円ほどで済みます。

自分で染めるので、美容室で染めてもらう際に発生する技術費が要らないため、かなりお安くブリーチができるのです。

しかし、ブリーチワークが上手にできていないと、綺麗な仕上がりにはなりません。土台にムラのある状態の髪にカラーを塗っても均等に見えないですよね。

人間の頭には温度が高い箇所とそうでない箇所があります。

プロの美容師は、頭の場所の温度によって染まりやすい・染まりにくいを理解して適切な塗布量で順番に塗布していくので、全体にムラがなく仕上げることができるのです。

よって、家で自分で染める場合は、塗布の順番・塗布量などを理解してから行うことをおすすめします。

自分で染めてムラになってしまった場合、美容室に行って直してもらうのは、通常のブリーチよりも難易度が高くなります。

結局費用も多くかかってしまうので、自分でムラなく染める自信がない方は、1回目から美容室でブリーチをしてもらいましょう。

この記事を書いた人
石川 舞
石川 舞
  • スピードマツエクのディプロマ取得
  • SABFAのメイク講習で検定ディプロマ取得
  • MSOJメイク検定2級取得

ナチュラルな大人可愛いから今時の可愛いまで、お客様に合わせたヘアデザインをご提案させて頂きます。メンズ似合わせカットや、透明感カラーが得意です。またアイリストのディプロマ取得済み。早いスピードと丁寧な技術でアイの施術も行っているのでヘアと合わせたトータルな似合わせのご提案は是非お任せ下さい。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる