KGカラーの種類「IROMEカラー」と「シルバーコレクション」の違いとは?

現在発売されているKYOGOKU IROMEカラーは14種類。

さらにKYOGOKU IROMEシルバーコレクションが6種類、合わせて20種類のカラーが揃っています。

単色でも絶妙なカラーデザインができるIROMEカラーですが、通常のものとシルバーコレクションで何か違いがあるのでしょうか。

今回はIROMEカラーについて説明していきます。

目次

KYOGOKU IROMEカラーの特徴

KYOGOKU IROMEカラーの特徴

通常のKYOGOKU IROMEカラーも、シルバーコレクションもベースを先にリフトアップすることからはじめます。

IROMEカラーは、ダブルカラーで最大の効果を発揮する染料の選定をしているからです。

どちらにも言えることですが、バージン毛に染めたとしても色味の変化をほとんど感じられません。

IROMEカラーの色味について

IROMEカラーの色味について

一般的にほとんどのカラー剤は、8トーンが1番発色がでるように調整されていることが多いですが、IROMEカラーにはそもそもトーンの表記がありません

IROMEカラーはベースをトーンアップした髪に使用する目的のカラー剤だからです。

明度の高いブリーチをした髪に対して、いかに透明感のある色が作れるかを基準に色味の調整を行っています。

そのためカラー剤をキャンバスの絵に色を塗るかのように、色味を自由に操ることが可能なのです。

構造がわかれば、様々組み合わせで好みのカラーが楽しめます。

IROMEカラーは低刺激で低アルカリ

退色の原因となるダメージも軽減しているIROMEカラー。

3つのこだわりにより実現しています。

こだわり1.ペリセアキレート

「キレート」は邪魔な金属イオンを封鎖して、ヘアカラーに透明感をプラスします。

さらに浸透促進作用のあるペリセアという成分が、染料を定着させてヘアカラーをより綺麗に見せる働きをしてくれます。

こだわり2.ローアルカリモイスチャー

ローアルカリモイスチャー処方は2つの働きからなっています。

マイクロアルカリ(低アルカリ)

IROMEヘアカラーシリーズはアルカリ度2.0〜3.4という数値です。

これは従来のヘアカラーと比べ、約2分の1程度なので、それだけ低ダメージと言えます。

モイスチャー(保湿)

コレステロールやレシチン(リン脂質)という成分が髪に柔らかさを与えてくれます

さらにカチオン化ポリマーという成分が、毛髪を保護する働きを持っているので、髪の毛にツヤを与えてくれるのです。

こだわり3.ダブルコンフリー

刺激緩和の作用があるコンフリーエキスが、1剤と2剤に入っています

ブリーチ毛に対して使用することを想定しているIROMEカラーは、ブリーチによるダメージのことも考えて低刺激処方にしているのです。

この3つの処方を組み合わせることで、透明感のあるヘアカラーと低刺激という、普通では対照的な2つの働きを両立させているのです。

シルバーコレクションの特徴

シルバーコレクションの特徴

IROMEカラーのマイクロアルカリやモイスチャーなどのこだわりの成分はそのままに、リフトアップさせる働きをなくしたヘアカラーです。

色味は6色あり、どれも単色で絶妙なシルバー系カラーが実現できます。

ベースをリフトアップできないので、シルバーコレクションを使用する髪は事前のブリーチが必須です。

シルバーコレクションの色味は

  • シルバー
  • チタンシルバー
  • アメジストシルバー
  • ダイヤモンド
  • ネイビーシルバー
  • プラチナシルバー

となっています。

ダイヤモンドのみ色味がなく、クリア剤のような役割で使うことができます。

その他の色味は、絶妙なシルバー系カラーなのでハイトーン施術が多いと重宝します。

通常IROMEとの使い分け

先ほども説明したように、シルバーコレクションにはリフトアップする力がありません。

そのためダブルカラーをしても質感をキープし、退色も軽減させることができます。

では、通常IROMEとは、どういうときに使い分けるのがいいでしょうか。

絶妙シルバー系を目指すならシルバーコレクション

シルバーコレクションの一番の魅力は、なんといってもその絶妙にくすみのあるカラー。

今まで難しかったミルクティーカラーやメタリック感のあるピンクなど、単色でも垢抜けできるカラーが揃っています。

ベースをきちんと抜いて、シルバーコレクションを塗布していきましょう。

若干トーンアップを狙うなら通常IROME

若干ベースをリフトしつつ色味も入れたい、というときは通常のIROMEがおすすめです。

14色もある豊富なカラーの中から好みのカラーを見つけましょう。

ちなみに、ソフトクリスタルは色味がなく、ライトナーの役割をもちます。

単色で使うといい感じにリフトアップするほか、他のカラーと混ぜて明るい髪色に調整できます。

IROMEでキレイなカラーを

通常IROMEもシルバーコレクションもこだわりの成分でできています。

どちらもダメージを軽減するマイクロアルカリ処方で低刺激、なので髪はもちろん頭皮にも穏やかに使えます。

通常のIROMEは少しリフト力があり、シルバーコレクションはリフト力がない、という風に覚えておけば使い分けしやすくなります。

ぜひ活用してみてくださいね。

この記事を書いた人
石川 舞
石川 舞
  • スピードマツエクのディプロマ取得
  • SABFAのメイク講習で検定ディプロマ取得
  • MSOJメイク検定2級取得

ナチュラルな大人可愛いから今時の可愛いまで、お客様に合わせたヘアデザインをご提案させて頂きます。メンズ似合わせカットや、透明感カラーが得意です。またアイリストのディプロマ取得済み。早いスピードと丁寧な技術でアイの施術も行っているのでヘアと合わせたトータルな似合わせのご提案は是非お任せ下さい。

KYOGOKU公式ラインでは様々なキャンペーンや情報を配信しています。

こちらも登録してみてくださいね。

ライン
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる