ケラチンでダメージケアを!配合トリートメントのおすすめの使い方で結果につなげる商品5選

ケラチンでダメージケアを!配合トリートメントのおすすめの使い方で結果につなげる商品5選

本ページはプロモーションが含まれています

髪の毛のお悩みで1番多いのダメージによるものです。

「ヘアカラーをしたら髪がパサパサになってしまった」

「お高いトリートメントを買ってみたけど効果が感じられなかった」

という方におすすめなのが「ケラチン配合のトリートメント」です。

「ケラチンって聞いたことがある!」という方も、ケラチンの成分やケラチントリートメントのメリットをご存じない方も多いのではないでしょうか。

今回は、ケラチントリートメントについて解説します。髪の構造やケラチン不足で起きる髪のダメージなどを説明しながら、ケラチンが持つパワーについて掘り下げていきましょう。

目次

ケラチン配合トリートメントがなぜダメージヘアにいいの?

ケラチン配合トリートメントはダメージヘアの改善になくてはならないアイテムの一つです。

ヘアカラーやブリーチによってダメージを受けた髪にケラチン配合のトリートメントを使うことによって、ケラチン不足による髪のパサつきや枝毛の改善に効果が期待できます。

健康な髪はくせが少なくつやが良い、ハリやコシがあると言われ、美しい髪を維持するためにケラチンは欠かせません。

ここからはケラチンの仕組みを中心に、ケラチン不足による髪への影響や髪質改善の秘密について詳しく解説します。

ダメージにつながるケラチン不足

ケラチン不足は髪のダメージに直結します。

ケラチンが不足すると髪のツヤがなくなるほか、切れ毛の原因にもなり、ハリやコシが失われます。

また髪の成長が遅くなって伸びにくくなり、パサつく・うねるといった症状につながるケースも少なくありません。

さらにケラチン不足が進行すれば薄毛に繋がる可能性もあります。

実はケラチン不足が体に与える弊害は髪だけではありません。

肌のハリが無くなる、肌が乾燥する、爪がもろくなるなどケラチン不足が引き起こす弊害は多岐にわたります。

最近肌が乾燥する、髪のパサつきが酷い、爪が割れやすいという場合はケラチン不足の可能性を疑ってみると良いでしょう。

そもそもケラチンとは?

ケラチンは18種類のアミノ酸が結合してできるタンパク質の一種で、炭水化物・脂質と並ぶ三大栄養素の一つです。

髪の85〜90%を占め、髪の水分量やコシ、髪色、透明感、つや感などに影響する「コルテックス」は、主にケラチンで作られています。

コルテックスがダメージを受けると空洞ができるため、ケラチンが流れ出てしまいダメージホールが大きくなれば枝毛や切れ毛の原因になることもあります。

そもそもケラチンとは?

皮膚や爪にもケラチンは存在しますが、髪のケラチンには、髪のハリ・ツヤ・弾力といった髪の美しさにつながる「シスチン」というアミノ酸が多く含まれています。

ちなみに髪の毛にはシスチンが14〜18%含まれているのに対し、爪や皮膚には3%しか含まれていないので、ケラチン不足が髪のダメージに直結するのはそのためです。

ケラチンが壊れていない健康な髪はくせが少なくつやが良い

ケラチンが健康な髪はくせが少なくつやが良いのに対し、ケラチン不足の髪はつやが無く、うねって髪がまとまりにくく広がりやすいといった特徴があります。

健康な髪とダメージを受けてしまった髪とでは毛髪表面のキューティクルのめくれ具合や毛髪内部の構造に違いがあります。

髪がダメージを受けてキューティクルが乱れると、剥がれたキューティクルのすき間から水分やケラチンが流れ出てしまうため、ダメージが髪の内部まで進んでしまいます。

毛髪の約80%はタンパク質で構成されており、そのうちの90%はケラチンで作られているため、髪の健康はケラチンが鍵を握っているといっても過言ではありません。

ケラチン補修で髪質改善へ

ダメージを受けた髪を改善するためには、体の内面と外面からケラチンの補修をするのが有効です。

ケラチンが健康な髪はくせが少なくつやが良い

具体的には以下の3点。

  • 栄養素で補う
  • サプリメントを活用する
  • ケラチン配合のヘアケア商品を使う

ケラチンはアミノ酸が結合したタンパク質の一種ですが、アミノ酸の一つである「必須アミノ酸」は体内で作り出すことができません。

ただし「タンパク質」を積極的に摂ってアミノ酸に分解し、体内で必須アミノ酸に変換することでケラチンに再合成することは可能です。

タンパク質を摂る際は、「亜鉛」や「ビタミンB」を一緒に摂取するとケラチンの再合成を促すので効果的です。

created by Rinker
DHC
¥1,428 (2024/05/20 17:04:58時点 Amazon調べ-詳細)

「毎日タンパク質を摂るのがむずかしい」という方は、亜鉛やビオチンが含まれたサプリメントを活用するのも良いでしょう。

一方、外面からケラチンを補うのも重要です。

荒れた肌に美容液が効果的なのと同じように、ケラチントリートメントを使用して髪にもケラチンを補うことで毛髪の修復が期待できます。

ケラチントリートメントの良さはなんといっても即効性。

髪と同じ成分を外から補充させるので効果がわかりやすいのがメリットです。

ケラチンがダメージを負う原因は?

ケラチンがダメージを負う原因は日常生活の至るところに存在します。

普段何気なく行っていることが実はケラチンのダメージにつながっている事も多く、心がけや工夫次第ではダメージを最小限に押さえることも可能です。

髪がダメージを負う主な原因を3つ解説します。

ヘアカラーやブリーチなどの施術

ヘアカラーやブリーチ、パーマなどは毛髪にダメージを与える可能性の高いメニューです。

特にブリーチはアルカリ剤によってキューティクルを開き、過酸化水素が毛髪内部のメラニン色素を分解して脱色するという施術。

その際、ケラチンが主成分のコルテックスがむき出しになり大きなダメージを受けます。

最悪の場合、毛髪を切ることにもなりかねないので、ダメージが少ないうちからケラチンを補うことが大切です。

ドライヤーやヘアアイロンの熱

髪は非常に熱に弱い性質をもっています。髪に熱を加えると髪内部のケラチンが変性して硬くなるだけでなく、一度変性したケラチンは元には戻りません。

ドライヤーやヘアアイロンを使う際は、なるべく短時間で仕上げる、アウトバストリートメントを使う、ドライヤーは10㎝程度離して使うなどの工夫をすること。

また、毎日のシャンプーやケアの中でケラチンを補充するのも効果的です。

紫外線によるダメージ

実は紫外線によるダメージも見過ごせません。

強い紫外線は毛髪のタンパク質を酸化させ、変性しやすい状態になるからです。

気づかないうちに紫外線ダメージが蓄積すると髪のパサつきやうねりになりやすいだけでなく、キューティクルの脂質が失われて色落ちの原因になることも。

紫外線が強い日は帽子や日傘を利用したり、ロングヘアの方はまとめてお団子にするだけでも毛先の紫外線暴露などを防げますよ。

サロン級のヘアケアを!美容室レベルの内部補修をセルフケアで!

健康でつやのある髪を維持するためには日頃の心がけと速やかなダメージ補修が重要です。

ダメージによって失われたケラチンはケラチンで補うしかありません。

中でも「ケラチン配合のトリートメント」は効果を感じやすい商品ですが、配合されていればどれでも良いというわけではありません。

トリートメントの種類によっては髪への浸透力に差があるため、できるだけ髪に浸透しやすく髪の成分と結びつきやすい商品を選ぶべきです。

特におすすめなのが「KYOGOKU」のケラチントリートメントシリーズ。

「KYOGOKU」とは美容師の世界大会「International Visionary Award2018」のカット&カラー部門で世界一の称号を獲得した「京極琉」のブランドで、SNSでも絶大な人気を誇っています。

サロンクオリティなのにセルフケアを継続しやすい、ユーザーに寄り添った価格で提供している商品が取り揃えられています。

H3インバストリートメントKYOGOKUケラチンフォーム

ケラチンを髪に浸透しやすくするためにフォーム状にした「洗い流さないトリートメント」です。泡状なのでテクニックがなくても髪全体にムラなく行きわたらせることができます。

実はケラチントリートメントは大きくわけて3種類

  • 低分子活性ケラチン
  • 低分子ケラチンの凝集結合
  • 低分子ケラチン+コーティングなど

低分子ケラチンの凝集結合と低分子ケラチン+コーティングなどは市販のケラチントリートメントにも使われていますが持続力が弱いのがデメリット。

その点、KYOGOKUのケラチントリートメントは効果が持続する「低分子活性ケラチン」を使用しているので、効果を実感しやすいのが最大のメリットです。

さらに効果を高める方法は使い方。

タオルドライの後、ケラチンフォームを揉み込んだら流さずに「洗い流すトリートメント」を重ねづけすると効果倍増!

「カシミアケラチン」という加水分解ケラチンも配合されているので、カシミア独特の柔らかい手触りは一度覚えたらやみつきですよ。

アウトバストリートメントKYOGOKUケラチンミスト

ケラチンを髪に浸透しやすくするためにミスト状にした「洗い流さないトリートメント」です。

ミスト状なのでシュッと一吹きするだけでケラチンを補えるだけでなく、植物由来の「エルカラクトン」が毛髪と結合して指どおりの良い柔らかな髪へと導きます。

特筆すべきは「ボンディング作用」。

従来の「ダメージを補修する」という考え方だけに留まらず、「髪がダメージを受ける前に髪の内側から保護・強化する」という新発想に基づいた画期的な商品です。

<ボンディング作用による髪の保護・強化>

アウトバストリートメントKYOGOKUケラチンミスト

(参考:KYOGOKUケラチンミスト(導入美容液ミスト) 原液100% 洗い流さないトリートメント| KYOGOKU PROFESSIONAL)

KYOGOKUはこの新発想をケラチントリートメント全般に取り入れ、「ダメージに負けない髪づくり」を提唱しています。

ミストは寝ぐせ直しやスタイリング前にも使えるので、1本持っておくと重宝ですよ。

ケラチンブースト+を混ぜてお手製ケラチンケア!

ケラチンの効果を最大限発揮するために開発されたのが、「髪質改善パウダー」として話題を集めた「KYOGOKU ケラチンブースト+トリートメント」です。

パウダー状なのでいろいろな使い方が可能。パウダーを直接髪につけてもトリートメントに混ぜて使っても良し、カラー剤やブリーチ剤に混ぜてもOKです。

コツはしっかりと揉み込むこと。だんだん手触りが良くなるのが実感できます。

注目すべきはケラチンの種類と配合されている成分の多さ。

このパウダーに含まれるケラチンは一般的に用いられる羊毛ケラチンではなく、人の毛髪から抽出した人毛由来のケラチンで作られているのが最大の特徴です。

羊毛ケラチンと人毛ケラチンの違いは「シスチン」の量。

人毛ケラチンのほうが羊毛ケラチンの2倍シスチンが含まれているので、髪の弾力・コシを保つ効果は人毛ケラチンにはかないません。

また、ケラチンがアミノ酸の結合によって作られているタンパク質であることを踏まえ、なんと16種類のアミノ酸を配合。

ケラチンブースト+を混ぜてお手製ケラチンケア!

(参考:KYOGOKU ケラチンブースト+トリートメント (髪質改善パウダー)3g| KYOGOKU PROFESSIONAL)

これほどの成分にこだわった商品づくりこそ「KYOGOKU」製品の特徴と言えるでしょう。

毎日のシャンプーでもケラチンケアを

シャンプーはヘアケアの基本です。毎日使うシャンプーで手軽にケラチンケアができればうれしいですよね。

ケラチン配合のシャンプーは市販品にもありますが、人毛由来のケラチンが使われている商品は他に類を見ません。

また、ノンシリコンシャンプーにありがちな「きしむ」「絡まる」という問題も、髪の表面を整える独自技術の「ダイヤモンドエフェクト」や、5種のケラチンを配合することによって解決しています。

これまでのノンシリコンシャンプーで出せなかった、なめらかな手触りを実現しました。

さらに嬉しいのが香りです。

ケラチンシャンプーは性質上どうしても臭いが気になる、硫黄の臭いに慣れないという商品が多い中で、このシャンプーは「シトラスフローラル」「ウッディ」「ムスク」の香りを採用。

ケラチンシャンプーを使っていることを忘れさせてくれる香水のようなシャンプーです。

ケラチンシャンプーは使い続けることで髪の美しさが維持できるので、毎日のバスタイムが心地よいというのは大切なことですね。

H3本気のケラチンケア「ミストケラチン」とのW使用でスペシャルトリートメント

最後に、ケラチンパワーを最大限に引き出すとっておきのアイテムを紹介します。

「KYOGOKU ケラチントリートメント」は、ダメージ補修に特化したダメージヘア専用のケラチントリートメントです。

こだわりは4種類のケラチンと6つの自然由来成分、さらにはシリコーンを配合せずあくまでも髪に優しい成分で毛髪を補修するという徹底ぶり。

シリコーンは毛髪の表面を整えるという効果はあるものの、使い続けると髪に成分が蓄積し髪がごわついたりカラーの定着が悪くなる場合があるので、あまりおすすめできません。

「KYOGOKU ケラチントリートメント」はこれ一本でダメージ補修が期待できますが、さらにおすすめなのはトリートメントを塗布する前に「ケラチンミスト」をシュッと一吹きすること。

ケラチンミストで潤った細胞をトリートメントで蓋をすればケラチンの効果を余すことなく摂取できるので、自宅にいながらサロン級のヘアケアが実現できますよ。

【ラチンでダメージケアのまとめ】

髪の美しさを左右するケラチン。

どんなに流行のヘアスタイルをしても、ケラチン不足で髪が傷んでいたら魅力が半減してしまうでしょう。

ケラチンを補うためには栄養バランスの取れた食事を心がけ、良質のケア製品で髪のメンテナンスをすれば一石二鳥。

ケラチントリートメントのイメージを一掃する「KYOGOKU」製品で、お気に入りの1本を見つけてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次