ピンクシャンプーとは? 効果的な使い方と注意点 ヘアカラーの色持ちアップに!

ピンクシャンプー
この記事にわかる事

ピンクシャンプーの選び方
ピンクシャンプー使用上の注意
オススメのピンクシャンプーについて

ピンクシャンプーとは文字通り、ピンク色を補う色素が入ったシャンプー剤の事です。

使うことによって、ピンク系の髪色をキープできるのが特徴です。

ピンク系ではない髪色に対しても、ピンクの色味を追加することによって、ヘアカラーの雰囲気を少し変えたり、ブリーチヘアー独特の黄ばみを防いだりすることが可能です。

さまざまなメーカーから、ピンクシャンプーは発売されていますが、ピンクの色味や濃さ、配合成分や洗浄成分などがそれぞれ異なります。

そこで今回は、なりたい色味、維持したいヘアカラーに対しての、ピンクシャンプーの選び方と使い方の注意点を解説して行きます!

ピンクシャンプーとは?

ピンクシャンプー

実はヘアカラーで、ピンク色という色素はありません。

赤色を他の色で薄めたり、絶妙な配合で作られています。

そのため、どうしても褪色するのが早いのが難点です。

そこで、ピンク系のヘアカラーを長持ちさせる為に、使われるのがピンクシャンプーです。

しかし、ピンクシャンプーと一口に言っても、さまざまな色の種類があります。

色の濃いビビッドなピンクや、ピンクアッシュ、黄色が混ざったサーモンピンクなど。
ピンクシャンプー
その中でもさらに、色素の濃いものから、マイルドに処方されたものと多岐にわたります。

これを、維持したいヘアカラーの色味に合わせて使用していきます。

これだけ聞くと、自分に合ったピンクシャンプーがなかなか選べないと思いますので、選び方の解説をしたいと思います。

ピンクシャンプーの選び方

自分のヘアカラーに合ったピンクシャンプーを選ぶ際には、いくつか押さえておきたいポイントがあります。

商品によって染料の濃さ、染まりやすさは異なる

商品によって、入っている染料の濃さや種類、染まりやすさなどは異なります。

ピンク味を強調させたいなら、濃い目のものを選びましょう。
ピンクシャンプー

鮮やかなピンク系に染めている場合なども同様です。

先ほどもお伝えしたように、ピンクという単体の色素はないので、強く入れたい時は、赤みの強いシャンプーを選ぶのも一つの手です。
ピンクシャンプー

レッド系のヘアカラーをしている際も、赤みの強いピンクシャンプーは役に立ちます。

KYOGOKUでもピンクシャンプーをつくっていますが、ミニマリズム処方という作り方をして、求める色味を追求していたりします。

KYOGOKUカラーシャンプー

黄ばみを抑えるなら、色が濃すぎないものを
ピンクシャンプー

ピンク系のハイトーンの髪色ではないけど、少し黄ばみを抑えたいという時にも、ピンクシャンプーは有効です!

その際に使うのは、ヘアカラーを大きく変えてしまわない、色が濃すぎないタイプがおすすめです。

毎日使うのではなく、週に1~2回くらいのペースを目安に試してみましょう。

ヘアケア成分や洗浄成分も大切
ピンクシャンプー

カラーシャンプーにも、ヘアケア成分や髪に優しい洗浄成分が使われているかも、重要なポイントです。

せっかく色味をきれいにしても、手触りが悪かったり、ツヤが失われてしまうと、せっかくのヘアカラーが台無しです。

KYOGOKUのカラーシャンプーでは、低刺激の界面活性剤(洗浄成分)を使用し、頭皮と毛髪を優しく洗えるように設計されています。

カラーシャンプーを選ぶ際は、このようなポイントにも気を付けた方が良いでしょう。

ピンクシャンプー 使用上の注意ポイント

ピンクシャンプー

ピンクシャンプーを使用する際には、いくつか注意したいポイントがあります。

ピンクシャンプーの原液を服や浴室につけないように注意
ピンクシャンプーの染料は、現役の状態だと、かなり濃い状態です。

浴室の床や浴槽などに付いたまま放置してしまうと、なかなか取れなくなってしまうので注意が必要です。

付いてすぐに洗い流せば、問題ないので、すぐに流すようにしましょう。

衣類についてしまった場合なども同様、落ちなくなってしまいます。

他にも、手や爪のすき間などに色素沈着してしまうのが怖い方は、手袋などをしてシャンプーするのも1つの方法です。

ピンクシャンプーが合わなくなるパターンも?

頻繁にヘアカラーの系統を変える方は、ピンクシャンプーが合わなくなる可能性があります。

ピンク系のヘアカラーや、ピンクのテイストを加えるとキレイに見えるヘアカラーなどの場合は、ピンクシャンプーが良い働きをしてくれます。

しかし、マット(緑系)や、アッシュ系などの色味にヘアカラーを変える場合、ピンク(赤味)と正反対の色味である為、ヘアカラーの邪魔をしてしまう場合があります。
ピンクシャンプー

大きくヘアカラーを変える際は、担当の美容師さんに一度確認を取るようにしましょう。

まとめ

ピンクシャンプーの選び方や、使用する注意点などを解説してみました。

正しく使えば、サロンできれいに染めてもらったヘアカラーを、長く楽しむことが出来るので、とっても魅力的なシャンプーである事が分かりますよね!

KYOGOKUのピンクシャンプーの場合は、パープルの少しれてあって、髪の黄ばみを抑えられるように設計されています。

これにより、ピンク系のヘアカラーはもちろん、ブリーチした髪にも合いますし、黄ばみを抑えたい方にも合うようになっています。

購入者のレビューなども見れるので、一度確認してみてください!
KYOGOKUカラーシャンプー

KYOGOKUカラーシャンプー

また、KYOGOKUの公式LINE@をご登録いただくと、プレゼント企画などのお得な情報をお届けします‼

少しでも気になった方は、お気軽にご登録くださいね♪

Sns share up
コメントコメントを書き込む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。