ピンクシャンプーとは? 効果的な使い方と注意点 ヘアカラーの色持ちアップに!

この記事でわかる事

ピンクシャンプーの選び方
ピンクシャンプー使用上の注意
オススメのピンクシャンプーについて

ピンクシャンプーとは文字通り、ピンク色を補う色素が入ったシャンプー剤のこと。

使うことによって、ピンク系の髪色をキープできるのが特徴です。

ピンク系ではない髪色に対しても、ピンクの色味を追加することによって、ヘアカラーの雰囲気を少し変えたり、ブリーチヘアー独特の黄ばみを防いだりすることが可能です。

さまざまなメーカーからピンクシャンプーは発売されていますが、ピンクの色味や濃さ、配合成分や洗浄成分などがそれぞれ異なります。

そこで今回は、なりたい色味、維持したいヘアカラーに対しての、ピンクシャンプーの選び方と使い方の注意点を解説いたします!

目次

ピンクシャンプーとは?

実はヘアカラーで、ピンク色という色素はありません。

赤色を他の色で薄めたり、絶妙な配合で作られています

そのため、どうしても褪色するのが早いのが難点です。

そこで、ピンク系のヘアカラーを長持ちさせる為に使われるのがピンクシャンプーです。

しかし、ピンクシャンプーと一口に言っても様々な色の種類があります。

色の濃いビビッドなピンクや、ピンクアッシュ、黄色が混ざったサーモンピンクなど。


その中でもさらに、色素の濃いものやマイルドに処方されたものなど多岐にわたります

これを、維持したいヘアカラーの色味に合わせて使用していきます。

ではベースの明るさによってピンクシャンプーの効果はどうなのか?

気になる方も多いはずです。

そこでベースの色別にまとめてみました!

ピンク シャンプー茶髪

まず『茶髪』の髪色にはピンクシャンプーの効果はどうでしょうか?

答えは「あまり効果が見られない」です。

茶髪の場合だと元のトーンが暗めな為、ピンクシャンプー単体だけを使っても効果を感じられにくいでしょう。

おすすめとしてはヘアサロンでブリーチなしの「ピンク系ブラウン」を入れた場合の「色味の持続の為」に使用すると効果的といえます。


ピンクシャンプー 黒髪

では『黒髪』だとどうでしょうか?

答えは「効果なし」です。

『黒髪』だとせっかくピンクシャンプーを購入しても効果が出ず無駄になってしまいますので、まずはブリーチで髪のトーンをあげましょう。

ピンクシャンプー白髪

最後に『白髪』の場合について説明していきます。

答えは「効果あり!」です。

白髪にピンクシャンプーを使用すると商品と毛質にもよりますが、1回でしっかり色味が分かるぐらい染まります!

ピンク シャンプー黄ばみ

また、サロンでカラーリングをしてしばらく日が経つと黄ばみが気になってきますよね。

そんな黄ばみをピンクシャンプーで抑えることはできるのでしょうか?

答えは「黄ばみを抑えられる!」です。

効果的に黄ばみを抑えるコツとしては

  • 黄ばみが強く出てくる前に、早めにピンクシャンプーの使用を開始する
  • シャンプーの放置時間をしっかり確保する

ということです。

黄ばみを抑えられるのがピンクシャンプーの魅力でもあります。

カラーシャンプーだけで染めることは出来る?

またサロンでのカラーリングなしで、ピンクシャンプーだけで効果的に髪を染める事は出来るのでしょうか?

答えは「白に近い金髪ぐらいのトーンだと染める事が出来る」です!

先ほどの『白髪』に使用した場合にあるように、ベースのトーンがかなり明るいとピンクシャンプーだけど染める事が可能になります。

ピンクシャンプー使い方

では気になるピンクシャンプーの使い方について順に説明していきます!

通常のシャンプーと同じ使い方をしてしまうと効果が出にくいので、よく読んで実践して頂ければと思います。

①髪の毛をコーミングし、お湯でしっかり予洗い

②カラーシャンプーを適量、手にとって泡立ててから髪に馴染ませます。

セミロングで500円玉ほどの量)

1〜2分ほど放置した後、しっかり洗い流します。

泡立てるまでは同じですが、カラーシャンプーは「放置」が肝心です!

この「放置」がないとしっかり染まっていかないので、使用する際はよく注意してください。

ピンクシャンプーの選び方

自分のヘアカラーに合ったピンクシャンプーを選ぶ際には、いくつか押さえておきたいポイントがあります。

商品によって染料の濃さ、染まりやすさは異なる

商品によって、入っている染料の濃さや種類、染まりやすさなどは異なります。

ピンク味を強調させたいなら、濃い目のものを選びましょう。

鮮やかなピンク系に染めている場合なども同様です。

先ほどもお伝えしたように、ピンクという単体の色素はないので、強く入れたい時は赤みの強いシャンプーを選ぶのも一つの手です。

レッド系のヘアカラーをしている際も、赤みの強いピンクシャンプーは役に立ちます。

KYOGOKUでもピンクシャンプーをつくっていますが、ミニマリズム処方という作り方をして、求める色味を追求していたりします。

KYOGOKUカラーシャンプー

黄ばみを抑えるなら、色が濃すぎないものを

ピンク系のハイトーンの髪色ではないけど、少し黄ばみを抑えたいというときにも、ピンクシャンプーはおすすめです!

その際に使うのは、ヘアカラーを大きく変えてしまわない色が濃すぎないタイプにしましょう

毎日使うのではなく、週に1~2回くらいのペースを目安に試してみてくださいね。

ヘアケア成分や洗浄成分も大切

カラーシャンプーにも、ヘアケア成分や髪に優しい洗浄成分が使われているかも、重要なポイントです。

せっかく色味をきれいにしても、手触りが悪かったりツヤが失われてしまったりすると、せっかくのヘアカラーが台無しです。

KYOGOKUのカラーシャンプーでは、低刺激の界面活性剤(洗浄成分)を使用し、頭皮と毛髪を優しく洗えるように設計されています。

カラーシャンプーを選ぶ際は、このようなポイントにも気を付けた方が良いでしょう。

ピンクシャンプーと紫シャンプーを混ぜる

またおすすめな特別な使い方として

「ピンクシャンプーと紫シャンプー」を混ぜて使用する!というものがあります。

こちら暖色系のカラーをしているけど黄ばみが気になってきた方におすすめの使い方です!

紫シャンプー単体だと青味が強すぎて緑っぽく染まってしまう場合があります。

ですが、ピンクを混ぜることによって程よく暖色系の色味を守りつつ黄ばみを抑えてくれるので、柔らかい色味になります。

ぜひ一度お試しください。


ピンクシャンプー頻度

では気になるピンクシャンプーの使用頻度はどれぐらいがベストなのでしょうか?

答えは「2〜3日に一度」です!

毎日でも問題ないのですが、商品によってはしっかりピンクの色味が入りすぎてしまう事もあるので2〜3日に一度をおすすめしています。

ピンクシャンプー 使用上の注意ポイント

ピンクシャンプーを使用する際には、いくつか注意したいポイントがあります。

ピンクシャンプーの原液を服や浴室につけないように注意

ピンクシャンプーの染料は原液の状態だと、かなり濃い状態です。

浴室の床や浴槽などに付いたまま放置してしまうと、なかなか取れなくなってしまうので注意が必要です。

付いてすぐに洗い流せば問題ないので、すぐに流すようにしましょう。

衣類についてしまった場合なども同様、落ちなくなってしまいます。

他にも、手や爪のすき間などに色素沈着してしまうのが怖い方は、手袋などをしてシャンプーするのも1つの方法です。

またピンクの色味が強すぎると思ったよりもショッキングピンク寄りに染まってしまったりと失敗してしまう場合がある為、ピンクシャンプー選びは慎重に行いましょう!

またサロンでカラーチェンジの予定がある場合はピンクの色味が残っていると次のカラーの邪魔になってしまう為、1週間前から使用を中止しましょう。

そして一番重要なのがシャンプーの成分です!

しっかりとしてヘアケア成分が入っていないと、髪の毛がパサついてしまい

せっかくの色味がキレイに見えなくなってしまうので、シャンプーの成分にもしっかり注意して選んでいきたいですね。

こちらの『KYOGOKU ピンクパープルシャンプー』だと

2種類の染料を混ぜて作る「ダブルファインティント処方」で透明感のある色味に染めあげてくれます。

ピンクシャンプーに紫をはじめから配合しているため、2つシャンプーを使う必要がなく「ピンクが強すぎて派手になり過ぎた」という失敗を防いでくれるのです。

また美容クリニックでも使われているような「パイロジェンフリー純水」が用いられているので美容液を使ったような保湿力を髪に与えてくれます。

ピンクシャンプーで迷われた方はぜひ一度「KYOGOKU ピンクパープルシャンプー」をお試しください!

KYOGOKU ピンクパープルシャンプー

ピンクシャンプーが合わなくなるパターンも?

頻繁にヘアカラーの系統を変える方は、ピンクシャンプーが合わなくなる可能性があります。

ピンク系のヘアカラーや、ピンクのテイストを加えるとキレイに見えるヘアカラーなどの場合は、ピンクシャンプーが良い働きをしてくれます。

しかし、マット(緑系)や、アッシュ系などの色味にヘアカラーを変える場合、ピンク(赤味)と正反対の色味である為、ヘアカラーの邪魔をしてしまう場合があるので気を付けましょう。

大きくヘアカラーを変える際は、担当の美容師さんに一度確認を取るようにしましょう。

ピンクシャンプーまとめ

では最後にこの記事でご紹介した『ピンクシャンプー』についてまとめていきます!

  • ピンク系のカラーは退色が早いのでご自宅での「ピンクシャンプー」でのケアが大切
  • 「白髪」だとピンクシャンプー単体でも染めれるが、「黒髪」「茶髪」だとピンクシャンプーの効果はほぼ出ないのでサロンでのピンク系カラーを入れた際の色味の補助として使う
  • ピンクシャンプーで黄ばみ防止も出来る。そして黄ばみ防止にはピンクシャンプーに紫シャンプーを混ぜるとより効果的
  • 白」に近いブリーチ毛だとピンクシャンプー単体で染める事が出来る
  • ピンクシャンプー使用時の注意点は「浴室の床や浴槽についてしまった場合はすぐに洗い流す」「布製品は染まりやすいので近くに置かない」「カラーチェンジする場合は1週間前から使用を止める」
  • せっかくカラーシャンプーで色味を入れても髪自体がパサついているとキレイに見えないので、シャンプーの成分にしっかりケア成分が入っている物を選ぶ

以上が『ピンクシャンプーとは?の効果的な使い方と注意点 ヘアカラーの色持ちアップについて』でした!

これからピンク系のカラーにする予定のある方、すでにカラーリングをしていてピンクシャンプーを使おうと思われている方、ぜひ参考にしてみてください!

KYOGOKUカラーシャンプー

また、KYOGOKUの公式LINE@をご登録いただくと、プレゼント企画などのお得な情報をお届けします‼

少しでも気になった方は、お気軽にご登録くださいね♪

この記事を書いた人
RYUTA TOMONO (友野龍太)
RYUTA TOMONO (友野龍太)

2021年5月より京極琉のオファーを受諾しThe Diamond Kyogokuにディレクターとして移籍。
海外有力誌の表紙や巻頭特集を飾るなど国際的に活躍。
ヘアスタイリスト界のオスカー:NYのThe IBI Award2020で日本人初となるファイナリスト入りを果たし世界3位を受賞。
世界最大の美容の祭典:ロンドンのALTERNATIVE HAIR SHOW2021に於いて次世代のアーティスト20に選出。ヘアショーに出演。
2022年春夏ミラノコレクションで日本の2つのブランドでヘアメイクディレクターを務めた。
ヘアデザインの芸術的認知を目指して東京から世界に発信を続けている。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる