カラーの色落ちに繋がるNG行動とは?|プロも絶賛するカラーシャンプーを紹介

うるうるでツヤツヤの理想のカラーに仕上がった髪を見て「ずっとこのままの髪色でいたい!」「1日でも長くこのカラーを保たせたい!」と誰しもが思うもの。

しかし髪の仕組み上どうしても色味が変化するのを完全にストップさせることは難しいのです。

とはいえ、何もできずにただ色落ちを待つしかないという訳ではないのでまだ諦めないで!

色落ちを完全にストップすることは難しいものの、色落ちのスピードをゆっくりにしてあげることは可能なんですよ。

今回は、

  • カラーが早く色落ちしてしまうNG行動
  • カラーを長持ちさせるシャンプー

を紹介していきます。

「カラーの色落ちを阻止したい」「いつも早く色落ちしてしまう…」「キレイなハイトーンカラーをキープしたい」という人はぜひ参考にしてみてください。

目次

ヘアカラーの色落ちはなぜ起こるのか?

ヘアカラーの色落ちはなぜ起こるのか?

結論から言うと、ヘアカラーの色落ちは髪表面にあるキューティクルのダメージが原因です。

髪の中身が流れ出ることを防ぐ役割を担うキューティクルが、ダメージで欠けてしまったり無くなることでカラー成分が垂れ流し状態となり、結果的にヘアカラーの色落ちが起こるのです。

ここからはより詳しく解説していきますね!

髪の構造は、表面からキューティクル・コルテックス・メデュラの3層構造になっています。

キューティクル…髪の内部組織を守るはたらき。ダメージで欠けたりはがれたりする。

コルテックス…髪の85〜90%の成分を占める。髪の色味成分(メラニン)が含まれる。

メデュラ…髪の中心にあるたんぱく質。メデュラがダメージを受けると断毛に繋がる

髪の構造をイメージするときには、のり巻きを思い浮かべてみてください。

のりの部分がキューティクル、お米の部分がコルテックス、具の部分がメデュラです。

ヘアカラーを行うときには、コルテックスに存在するメラニンという髪色の成分を脱染して明るくしてから希望するカラーの色味を入れるという2つの工程が必要となります。

メラニンを明るくするには髪の表面にあるうろこ状のキューティクルを開かせて、髪の内部へ薬剤が浸透していくための道を作らないといけません。

カラー剤に含まれるアルカリという成分には、キューティクルを浮かせるはたらきがあるので簡単に道を開くことができますが、同時にキューティクルにダメージを与える原因にもなってしまうのです。

ダメージを負ったキューティクルはいわば「閉まりきっていない半ドア状態のトビラ」と同じようなもの。

髪の中身をキープする力が弱まり垂れ流し状態になってしまいます。

そのためせっかく入れた希望する色味も、キューティクルが閉まりきっていないため髪の中から抜け放題。

通常、ブリーチをした髪は1〜2週間、ブリーチをしていない髪は1ヶ月ほどで色落ちしてしまうと言われています。

これほどに色落ちの期間が違う理由は、キューティクルのダメージレベルがブリーチをした髪の方が大きいからです。

無意識にしているかも…カラーが色落ちしてしまうNG行動とは?

無意識にしているかも…カラーが色落ちしてしまうNG行動とは?

色落ちの原因となるキューティクルのダメージはカラーだけが原因というわけではありません。

ではカラー以外には、どのような行動がキューティクルを傷める原因となるのでしょうか。

普段の生活でついやりがちなキューティクルを傷める行動を6つ紹介します。

洗浄力が強いシャンプーを使っている

洗浄力が強いからキューティクルを傷めてしまう……ということではないものの、結果的にカラーの色持ちが悪くなる状態へとつなげてしまうのが洗浄力が強いシャンプー。

洗浄力が強いシャンプーは脱脂力が高く、頭皮と髪のうるおいを必要以上に奪うことで髪を乾燥させてしまう原因となります。

乾燥した髪はハリコシやしなやかさを失い、ダメージに対する抵抗力がないもろい状態。

ダメージを負いやすいということはキューティクルがダメージを受けやすい状態になるということ。

直接的ではないものの、結果的にキューティクルの損傷に繋がり色落ちを早める原因となるため、洗浄力が高いシャンプーは避けるようにしましょう。

安いヘアアイロンを毎日使っている

ヘアアイロンは、熱と摩擦の2つのダメージが同時に加わるため、1度で髪に大きなダメージを与えてしまいます。

特に価格が1万円未満のヘアアイロンは、プレートの質が悪いためよりダメージが大きくなる傾向。

一方1万円以上のヘアアイロンであれば、摩擦を防ぐチタンを使用しているなど、熱の加わり方を均等にし髪のダメージムラを防ぐための工夫が施されています。

ヘアアイロンのダメージは、色持ちだけでなくカラーの仕上がりにも影響することがあるため、キレイなカラーを再現したいのであれば色落ちに関係なく安いヘアアイロンの使用は控える方がいいでしょう。

美容室を固定せずに渡り歩いている

理想のヘアスタイルを叶えてくれる美容師が見つからず、美容室を転々としている人もいるのではないでしょうか。

カラーの色持ちのことを考えるのなら、なるべく早く自分を担当をしてくれる美容師を1人決めてしまいましょう。

というのも、美容師によって使うカラー剤はさまざまでカラー剤の種類によっては染料の濃さや配合が全く違ってくるから。

同じ美容師に担当してもらっているのなら前回使用したカラー剤から色持ちがよくなるように薬剤の配合を調整することができますが、毎回担当する美容師が違うと髪の中の色味成分のバランスが崩れてしまいます。

色持ちが悪くなるだけでなく、理想とする色味を叶えることも難しくなるため危険です。

色落ちはもちろん思わぬリスクを避けるためにも、信頼できる美容師を1人見つけましょう。

濡れたまま10分以上過ごしている

カラーの有無に関係なく、髪が濡れるとキューティクルは開いた状態となります。

キューティクルが開いた状態で過ごす時間が多いと、摩擦ダメージの影響を大きく受けたり髪の中の水分を必要以上に失ったりする確率も高くなってしまいます。

夏場によく「お風呂から上がってすぐはドライヤーするのは暑いから、乾かすのは半分くらい自然乾燥してから!」という声を聞きますが、カラーの色落ちを大きく進行させてしまう原因になっているのです。

また、濡れたまま過ごすとクセのうねりがひどくなる・髪がパサパサした見た目になる原因にもなるため、色落ちだけでなく髪全体の状態が悪くなります。

夏場のドライヤーがツラい場合は、暑さを軽減するために温風と冷風を交互にかけたりしてクールダウンを行うなど工夫しながらなるべく早めに乾かすことをおすすめします。

紫外線対策をサボっている

顔の紫外線対策はするものの、髪は意識していない……なんてことありませんか?

髪も肌と同様に、紫外線が原因で日焼けを起こしてしまいます。

日焼けを起こした髪はキューティクルがダメージを受けるため色落ちが早くなり、他にも髪が硬くなる・指通りが悪くなるなど手触りにも大きな影響を与えてしまいます。

髪の紫外線対策としては、スプレータイプの日焼け止めを使用することをおすすめします。

プロも絶賛!カラーが長持ちするKYOGOKUカラーシャンプー

プロも絶賛!カラーが長持ちするKYOGOKUカラーシャンプー

カラーを1日でも長くキープさせたい!と思うのであれば、キューティクルのダメージに繋がる行動を避けながら、抜け出てしまうカラー成分の代わりにカラーシャンプーで色味を補充することが近道です。

今回はプロからも絶賛されるKYOGOKUブランドの人気カラーシャンプーをご紹介します。

KYOGOKUカラーシャンプーの特徴

価格2,970(税込)
内容量200ml
シリコンの有無少量配合
香りイランイラン×ベルガモット×ジャスミンの香り

有名雑誌・sweetでも紹介されたKYOGOKUカラーシャンプーは、毎日30人以上担当するカラーのプロフェショナル・京極琉が開発したこだわりのシャンプー。

実際に担当しているお客様の意見や要望を取り入れたカラーシャンプーなので、従来のカラーシャンプーにはありそうでなかった便利な工夫がたっぷり取り入れられています。

愛用者からは「しっかり泡立つカラーシャンプーは初めて!」「ブリーチした後の髪にこの滑らかさはスゴイ!」「こんなに色味がはっきりしたカラーシャンプーは他にない!」と大絶賛。

実際にどのような点が従来のカラーシャンプーと違っているのか、4つの特徴を紹介します。

爪もお風呂も汚れない扱いやすさ

カラーシャンプーと一言で言ってもメーカーによって中身はさまざま。

爪やお風呂が染料で汚れないけどヘアカラーの変化はイマイチだったり、逆にヘアカラーはしっかり変化があるけど爪やお風呂が染まって大変なことになったり。

毎日使うものだからこそ、使いやすく効果的なものを選びたいですよね。

そんな使用者側の声をしっかり取り入れ作られたのがKYOGOKUカラーシャンプー。

ブリーチなしの人でも色味の変化を感じるほど染料がしっかり入っているのに、爪やお風呂は全く汚れない配合になっています。

ノンストレスでカラーチェンジが可能なので、子育てで忙しく時間がないママさんでも気軽に使えてカラーがキレイに保てると好評です。

泡立ちバツグン!しっかり汚れも落とす

一般的にカラーシャンプーの多くは泡立ちが悪く髪を洗いづらいといったデメリットがあります。

カラーをキープするのはもちろん大切ですが、本来のシャンプーの目的である「洗う」ができていなかったら意味がありません。

KYOGOKUシャンプーは泡立ちのいい成分を主体に、しっとり髪をまとめる保湿成分を絶妙なバランスで配合したシャンプーなので、泡立ちは一般的なシャンプーと変わらないくらいモコモコ泡に仕上がります。

濃厚な泡で髪を洗うことで摩擦によるキューティクルのダメージを防ぐこともできるので、髪のストレスの軽減にも繋がります。

ブリーチしたのが嘘のような手触りに

一般的にカラーシャンプーは、傷んでいる訳ではないのに洗い上がりがキシっとした質感になる特徴があります。

元からハイダメージでパサつきや指通りの悪さが悩みの人からすると気になる部分ですよね。

カラーがキレイになったとしても、手触りが悪い状態であれば完ペキだと言えるのでしょうか?私は違うと思います。

KYOGOKUカラーシャンプーは「カラーシャンプーはキシっとするもの」という固定概念を取っ払うために、特に質感にこだわって作ったシャンプーです。

質感にこだわったKYOGOKUシャンプーの愛用者からは「ブリーチをしたのにしっとり具合が圧倒的!リピート確定!」と質感を好評する声が多く寄せられます。

「ブリーチをしたから仕方がない」と諦める前に、手触りの良さを再現するためにこだわり抜いたKYOGOKUカラーシャンプーを1度試してみてください。

放置時間で染まり具合を自由自在に操る

放置時間で染まり具合を自由自在に操る

カラーシャンプーを使う目的といえば、やっぱりカラーをキレイに保ちたいからですよね。

従来のカラーシャンプーは染まり具合の調節が難しく1つのカラーシャンプーで叶えられる色味は1つだけでした。

KYOGOKUカラーシャンプーは個人にあった色味を再現できるように放置時間で染まり具合のバランスを調整できるように作られています。

淡い薄めの色合いが好きな人は最短1分、適度に色味を表現したい人は5分、しっかり濃くはっきり色味を出したい人は10分放置すれば、理想のイメージカラーへと近づけることが可能です。

これまでカラーシャンプーを使うと染まりすぎたり、染まらなかったり上手いかない…と感じていた人には最適なカラーシャンプーです。

ダブルファインティント配合で黄ばみブロック

KYOGOKUカラーシャンプーは2つの色味が配合されたダブルファインティント処方。

単色ではなく2種類の色味が合わさることで黄みをを打ち消し絶妙な色味を表現可能にし、透明感あふれるカラーへと導きます。

また髪表面を色味がコーティングすることで、トリートメントをしたかのようなツヤのある髪をキープすることも可能となります。

created by Rinker
ノーブランド品
¥5,480 (2022/06/27 14:43:18時点 Amazon調べ-詳細)

KYOGOKUカラーシャンプーの種類

KYOGOKUカラーシャンプーには

  • ピンク系・KYOGOKUピンクパープルシャンプー
  • ブルー系・KYOGOKUブルーパープルシャンプー
  • ベージュ系・KYOGOKUブロンドシャンプー

の3種類があります。

それぞれの特徴とおすすめの人を解説していきます。

KYOGOKUピンクパープルシャンプー

KYOGOKUピンクパープルシャンプー

従来のピンクーシャンプーは、ブリーチによる黄ばみの影響でオレンジっぽい色味になってしまうことがあり使いづらいとされていました。

KYOGOKUピンクシャンプーは、業界で唯一黄色を打ち消す力を持つパープルを配合したカラーシャンプーなので、使用後の色味がオレンジではなくしっかりピンク色として表現することが可能に。

従来のピンクシャンプーの欠点をカバーしたまさに本物のピンクシャンプーといえるアイテムです。

暖色系(レッド・オレンジ系・ピンク系)のカラーを長持ちさせたい人にはもちろんのこと、暖色系の特徴であるツヤ感を求めている人や可愛らしい印象を与えたい人に選ばれています。

KYOGOKUブルーパープルシャンプー

KYOGOKUブルーパープルシャンプー

黄ばみを打ち消すパープルと、髪を品のあるクールカラーへと変えるブルーが合わさったKYOGOKUブルーパープルシャンプー。

従来のアッシュシャンプー・ムラサキシャンプーの両方の特徴を兼ね備えているため、黄ばみを抑えてステキな髪色に導きます。

黄色くなるのがイヤ・白っぽいカラーをキープしたいという人から選ばれています。

KYOGOKUブロンドシャンプー

KYOGOKUブロンドシャンプー

日本で唯一ベージュ系に特化した珍しい処方のKYOGOKUブロンドシャンプー

イエローとベージュが合わさった赤みの少ない色味で、やわらかみのある優しい透明感あるベージュカラーを表現するのに優れています。

ベージュ系・ブラウン系のやわらかいカラーをキープしたい人にはもちろん、カラーがムラっぽくなっていることに悩んでいる人でも使いやすいカラーシャンプーです。

まとめ

カラーの色落ちを防ぐためには、キューティクルのダメージにつながる行動を避け、日々のヘアケアに対する意識を見直すことが大切です。

キューティクルのダメージを予防するには……洗浄力が高いシャンプーを使わない安いヘアアイロンを使わない美容室を固定する濡れたまま10分以上過ごさない紫外線対策をしっかり行う

今回紹介したKYOGOKUカラーシャンプーは、使用者にとってまさにかゆいところに手が届く理想のアイテム。

毎日使うシャンプーだからこそ、使い心地も色味も重視したいですよね。

カラーシャンプーはどれがいいのかわからない」「色落ちがいつも早くて悩んでいる」という人にはぜひ1度試してみてほしいです。

公式ライン

今ならKYOGOKU公式サイトからの購入で1,000円分のポイントがもらえちゃいます!

お得にKYOGOKUカラーシャンプーをゲットしてくださいね。

1,000円分のポイントを取得する

この記事を書いた人
RYUTA TOMONO (友野龍太)
RYUTA TOMONO (友野龍太)

2021年5月より京極琉のオファーを受諾しThe Diamond Kyogokuにディレクターとして移籍。
海外有力誌の表紙や巻頭特集を飾るなど国際的に活躍。
ヘアスタイリスト界のオスカー:NYのThe IBI Award2020で日本人初となるファイナリスト入りを果たし世界3位を受賞。
世界最大の美容の祭典:ロンドンのALTERNATIVE HAIR SHOW2021に於いて次世代のアーティスト20に選出。ヘアショーに出演。
2022年春夏ミラノコレクションで日本の2つのブランドでヘアメイクディレクターを務めた。
ヘアデザインの芸術的認知を目指して東京から世界に発信を続けている。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる