カラーシャンプーの色みを比較!色や成分など正しい選び方を解説!

「色落ちをなんとかしたい!」

髪のカラーリングをしている方にとっては、永遠の課題にも感じる色落ち問題。

カラーシャンプーはそんな悩みを解決してくれるアイテムです!

しかし、「選び方が分からない!」そんな方もいるでしょう。

そこで今回は、カラーシャンプーの選び方・色みの比較をご紹介します。

ぜひ、参考にしてください!

目次

カラーシャンプーとは?

カラーシャンプーとは?

カラーシャンプーは、カラーリングした髪から抜けた色素を補うためのシャンプーです。

カラーバターやカラートリートメントと違って、ガツンと色味を入れる感じではなく、色落ちした髪に必要な色味を補うイメージです。

抜け出た色味を入れることで黄ばみや嫌な赤みが除去され、カラーリングしたてのような髪色がキープできます。

また一緒に、ツヤや透明感も得られるでしょう。

髪色をキープするメカニズムは、補色同士が組み合わさると「無彩色」になるといった作用を利用します。

補色とは正反対の色同士のこと。

髪の黄ばみが気になる場合は、反対色の紫の色素を入れることで打ち消す効果が期待できますよ。

created by Rinker
ノーブランド品
¥4,580 (2022/10/05 17:20:04時点 Amazon調べ-詳細)

カラーシャンプーの選び方

カラーシャンプーの選び方

「カラーシャンプーを使いたい!」と思っても、すでに巷には多くのカラーシャンプーが存在しています。

美容院でなくても、コスメショップや通販でも気軽に購入できる時代です。

そこでここでは、カラーシャンプーの選び方をご紹介します。

ぜひ、カラーシャンプー購入の参考にしてください

望む髪色合わせて選ぶ

カラーシャンプー は、髪の毛の色にあったものを選びます。

しかし、近年はオリーブベージュやピンクアッシュといった「ニュアンスカラー」が流行りです。

このようなカラーでは、どちらの色を強調させたいかによってカラーシャンプーを決める必要があります。

黄ばみが出る場合は、紫シャンプーを。

ピンクの落ちが気になる場合は、ピンクシャンプーが適切です。

色の落ち方は、髪質や色の入り方によって人それぞれなので、毎日観察してみてください!

ブリーチの回数に合わせて選ぶ

ブリーチの回数によって、カラーシャンプーの効果も変わってきます。

そのため、ブリーチの回数に合わせてカラーシャンプーの濃度を変えるのもひとつの選び方です。

ブリーチなしや1回のブリーチでは、染まりやすくする原液が濃いものを選びましょう。

逆にブリーチが2回以上の方は、カラーシャンプーの色が入り過ぎてしまうことが懸念されるので、薄めに入るものを選ぶのが良いです。

なかには、放置時間によって色の入り具合が変わるシャンプーもありますよ!

泡立ちや洗浄力で選ぶ

泡立ちや洗浄力で選ぶ

カラーシャンプーのなかには泡立ちが悪いものもあるため、口コミなどを確認して泡立ちがいいものを選びましょう

泡立ちが悪いものは洗っている最中に摩擦が起きることでダメージの原因にもなります。

ブリーチやカラーによって、すでにダメージを受けている髪に追い討ちをかけてしまう行為です。

もっちりとした泡で包み込むように優しく洗いましょう。

配合成分で選ぶ

乾燥から髪を持ってくれる保湿成分など、ツヤ髪に有効な成分が配合されているシャンプーを選びましょう

特に、カラーリング後の髪は乾燥しています。

きれいな髪色でも、ツヤがなければもったいない!

色素・洗浄成分のほかにも、保湿成分などもチェックしてみてください

カラーシャンプーの色みを比較!

カラーシャンプーの色みを比較!

カラーシャンプーの選び方をご紹介しました。

続いてここでは、KYOGOKUカラーシャンプー(以下、KGカラーシャンプー)の3色を元にカラーシャンプーの色みを比較していきます。

「髪色に合うカラーシャンプーが分からない!」という方は参考にしてください!

ご自身の髪色に合うカラーシャンプーを見つけてください!

寒色系・シルバー系には紫シャンプー

寒色系・シルバー系には紫シャンプー

KGカラーシャンプーのブルーパープル(BP)は、一般的に紫シャンプーといわれる色が配合されています。

対応する髪色は寒色系・シルバー系・ホワイト系です。

黄ばみをなくして、理想的なアッシュカラーやシルバーを保ちます。

明るいカラーだけでなく、暗髪の黄ばみにも対応してくれます。

「どんなカラーをしても黄ばみが気になる!」という方は、紫シャンプーが強い味方になってくれますよ!

暖色系・ピンク系にはピンクシャンプー

暖色系・ピンク系にはピンクシャンプー

続いて、KGカラーシャンプーのピンクパープル(PP)。

いわゆる、ピンクのカラーシャンプーです。

対応する髪色は暖色系・ピンク系。

ピンクシャンプーは効果が分かりやすく、色味をプラスして鮮やかなピンクや暖色をキープしてくれます。

ブリーチしていない髪に対しても効果が実感できるため、ピンクを含めた暖色系の色を入れている方は、1本持っていて損はありません!

ベージュ系・ブラウン系にはブロンドシャンプー

カラーシャンプー1日おいた
左からブルーパープル・ブロンド・ピンクパープル

最後に、KGカラーシャンプーのブロンド(BL)です。

対応する髪色はベージュ系・ブラウン系。

ベージュをカバーしてくれるカラーシャンプーはあまり存在しませんが、KGカラーシャンプーのBLならしっかり対応してくれます。

PPと交互に使うことで、柔らかさが強調されるきれいな髪色に。

また、王道のブラウンもきれいな色をキープしてくれます。

しかし、ミルクティーベージュのように、黄みが気になる方は紫シャンプーも検討してみてください。

カラーシャンプーの使い方

カラーシャンプーの使い方

最後にカラーシャンプーの正しい使い方をご紹介します。

まず、カラーシャンプー はカラーの落ちが気になり出したタイミングで使いましょう

色落ちのタイミングは人によって異なるため、カラー後すぐに使い始める方や1〜2週間後に使う方などさまざまです。

お風呂場での使い方は、一般的なシャンプーとほとんど変わりません。

お湯で、しっかり汚れを落とした後に塗布してしっかり泡立てながら洗います。

商品によって異なりますが、5〜10分間放置して色素を定着させましょう。

KGカラーシャンプーの場合は1〜2分程度でも効果を実感できます。

時間が経ったら、しっかりすすいで完了です。

色落ちが気になり出したら、毎日使うことできれいな髪色がキープできますよ。

カラーシャンプーの選び方はシンプル!

今回は、カラーシャンプーの選び方をご紹介しました。

カラーシャンプーの色みの比較を参考に、ご自身にあったものを選んでください。

KYOGOKUカラーシャンプーの選び方は、寒色・暖色・ブラウン系と至ってシンプルです。

「補色ってなに?」とむずかしく考えずに挑戦して大丈夫。

今回ご紹介したKGカラーシャンプーは、「KYOGOKU PROFESSIONAL」で購入可能です。

KYOGOKU公式LINEに登録すると、期間限定のクーポンやプレゼント企画などのお得な情報が届きますよ! 

少しでもお得に購入したい方は、ぜひ登録してみてくださいね!

この記事を書いた人
井尾充将
井尾 充将
  • 2022/2月オープン予定「&chaLme」代表
  • 美容学校の技術講師
  • 2年連続ホットペッパービューティー
     人気スタイルランキング全国1位(140万人中)
東京の有名店HAIR DIMENSIONにて技術を学ぶ(有名雑誌のヘアメイクなど担当)。
美容師向けの技術講習会多数こなし、全国的なCM撮影のヘアメイクも担当。
現在は美容学校の技術講師を担当し、2022年2月には自身が代表を務めるヘアサロンをオープン予定。
美容師としての社会的地位を向上させる為に日々研究中。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる