ブリーチの色落ち過程!どのくらいの期間もつの?美容師解説

「ブリーチをしてオンカラーした後の色落ち過程が気になる」

「色味によって色落ち過程は異なる?」

これから髪をブリーチしようかなと考えている方の中に、このようなお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、現役美容師がブリーチをした後のカラーの色落ち過程について詳しく解説していきます。

この記事を読めば、カラーの色落ち過程や期間について理解できるので、これからブリーチをしてオンカラーをする際の参考になりますよ。

終わりには、カラーの色持ちをアップさせられるおすすめカラーシャンプーも紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

ブリーチの色落ち過程

ブリーチの色落ち過程

髪をブリーチしてから、したい色味の薬剤を乗せて綺麗に発色させるのですが、乗せる色味や明度・髪質によって色落ち過程は大きく異なります。

ブリーチをした髪には黒や茶色のメラニン色素がないので、染めた色が抜けても綺麗な色を保つことが可能です。

担当の美容師さんと色落ち後のことも考えてカラーを決めると、2回カラーの変化が楽しめますよ。

では、カラー別に色落ち過程を詳しく解説していきます。

ブリーチの色落ち過程『オレンジ』

日本人の髪は赤みが強くブリーチをしても、1回では綺麗に色が抜けない場合が多いです。

そのため、オレンジのような暖色系は1回のブリーチ後の髪にも相性が良く、綺麗に発色してくれるのです。

オレンジカラーにもさまざまな種類がありますが、色落ちは赤みのあるブラウンかベージュに抜ける場合がほとんどです。

暖色系で赤みが含まれているカラーは、色落ちしてもどうしても赤みが残ってしまうので頻繁に違う色味を楽しみたい方には向いていないと言えます。

今回オレンジカラーをして、次にアッシュ系のカラーをしようとしても、髪に赤みが残っていると理想の色を再現できなくなる可能性があるのです。

ブリーチの色落ち過程『ピンク』

ピンクのような暖色系は、水に弱い特徴があります。暖色系の染料の分子は小さいので、髪の内部にまで浸透しますが、定着力が弱いです。

髪が水に濡れてキューティクルが開いている時間が長いほど、だんだんと染料が流れ出てしまいます。

ですので、暖色系に染めた場合は、お風呂上りに髪が濡れている時間を少なくする・シャワーの温度設定に気を付けるなどの工夫が必要です。

気になるピンクの色落ち過程ですが、鮮やかなピンクや淡いピンクなど色味の濃さや明るさによって色落ち過程は異なります。

ブリーチをしているので、どれだけ濃いピンクを入れても最終的には明るい金髪に戻っていきます。

ブリーチの色落ち過程『グレージュ』

グレージュは、色が落ちた後も綺麗なヘアカラーの1つです。グレーとベージュをミックスしたグレージュカラーは、日本人特有の嫌な赤みをかき消して、髪が柔らかく見えるように演出してくれるので世代問わず人気のあるカラーです。

グレーやアッシュのような寒色系の色味には、髪の赤みやオレンジ味を打ち消してくれる効果があるので、くすんだ外国人風のヘアカラーに仕上がり、髪に軽やかなヌケ感もでますよ。

気になるグレージュの色落ち過程ですが、染めたてはクールで上品なグレージュになります。

そして、だんだんと色が落ちていき、透明感のある綺麗なミルクティーベージュに抜けます。

寒色系は発色スピードが早いのですが、染料の分子が大きいので髪の内部にまで浸透しにくく色落ちも早いというデメリットがあります。

しかし、グレーの染料が髪に残っている間は赤みは出にくく、くすんだようなマイルドなベージュを保っていられるので綺麗な透明感溢れる状態の髪で過ごせますよ。

ブリーチ色落ちはどのくらいの期間で?

ブリーチした後は、染めた直後が1番綺麗に色味が発色していますが、毎日のシャンプーで徐々に色は落ちていきます。

ご自宅で使っているシャンプー剤の洗浄力の強さにもよりますが、大体1〜2週間経過すると金髪に戻ってしまうのです。

ブリーチをすると、もともと持っている髪の内部の黒や茶色のメラニン色素を破壊するので、綺麗な鮮やかな色味にできます。

しかし、黒や茶色のメラニン色素が無くなったことによって、何色を入れても毎回必ず金髪に戻ってしまい、何も色が入っていない金髪の状態が気になって定期的にヘアカラーをする人が多いです。

よって、ブリーチをしていない通常のヘアカラーをしている人と比べて、カラーの周期は早くなるので、その分髪への負担も多くなるのです。

色落ちの期間は環境で変わる

色落ちの期間は、毎日のシャンプー以外にも紫外線やドライヤー・ヘアアイロンの使用頻度によっても大きく変わります。

ヘアカラーの染料は熱に弱いので、毎日ヘアアイロンやコテを使用する人は、使用していない人と比べて色が早く落ちてしまうのです。

ヘアアイロンの温度設定を低温にしたりタオルドライをしっかりと行いドライヤーの時間を短縮したりして、髪への熱ダメージを減らす意識をしましょう。

ブリーチ 色落ち 汚い

一度ブリーチをすると、カラーを入れてもすぐに色が抜けて明るくなってしまいます。黒染めではない限り、どれだけ暗いカラーをしても1か月も立たないうちに元の金髪に戻ってしまうのです。

なぜかというと、ブリーチで破壊した黒や茶色のメラニン色素は再生できないので、髪が生え変わり金髪部分をカットするまでその状態は続きます。

よって、まめにヘアカラーができない方は、あまりブリーチはおすすめできません。

また、新しい髪が生えてくると、金髪と黒髪との色のコントラストが大きいので、根元のプリンが気になって通常よりも染める周期が早くなります。

ブリーチをすると髪質や過去のカラー履歴にもよりますが、黄色く金髪に抜けます。次に上から乗せるカラーがアッシュの場合は、染料の青と髪の黄色味が混ざって色落ち後に緑になってしまうケースもあるので注意しましょう。

色落ちしても綺麗なカラー ブリーチあり

色落ちしても綺麗なカラー ブリーチあり

色落ちしても綺麗なカラーは暗めの「ネイビーブルー」です。

染めたての明るさを暗めに設定しておくと色持ちも良いので、退色しながら変化するカラーを楽しめますよ。

暗めに入れたネイビーブルーの色落ち過程は、青みのネイビーが抜けて綺麗なグレーになります

そして、透明感のあるグレージュになり、柔らかい色味のベージュへと色落ちしていきます。

KYOGOKU ブルーパープルカラーシャンプー

KYOGOKU ブルーパープルカラーシャンプー

KYOGOKUのブルーパープルカラーシャンプーは、1本で「カラーケア・コンディショナー・シャンプー・地肌ケア・トリートメント・毛髪ケア」の6つの役割を果たしてくれる万能なアイテムです。

放置時間は最短1分ですが、毎日繰り返し使用することで髪の黄ばみがなくなり、綺麗な透明感あるカラーが維持できます。

”ブルーパープルカラーシャンプー”には、青と紫色の2種類の染料が配合されているので、寒色系のヘアカラーの色持ちアップにも繋がります。

シャンプー剤に、水に含まれる微量の不純物や手触りが良くなる成分などが、多く配合されているほど綺麗な発色にはなりません。  

よって、主成分の水には強くこだわり、パイロジェンフリー超純水と植物由来界面活性剤で求める色を実現できるようにしました。

また、シャンプー剤の香りは性別問わず楽しめるように、イランイラン・ベルガモット・ジャスミンを配合した気品のある香りです。

アッシュ系のヘアカラーで染めた後は、カラーシャンプーを使用して綺麗な色を持続できるように自宅でケアを行いましょう。

この記事を書いた人
RYUTA TOMONO (友野龍太)
RYUTA TOMONO (友野龍太)

2021年5月より京極琉のオファーを受諾しThe Diamond Kyogokuにディレクターとして移籍。
海外有力誌の表紙や巻頭特集を飾るなど国際的に活躍。
ヘアスタイリスト界のオスカー:NYのThe IBI Award2020で日本人初となるファイナリスト入りを果たし世界3位を受賞。
世界最大の美容の祭典:ロンドンのALTERNATIVE HAIR SHOW2021に於いて次世代のアーティスト20に選出。ヘアショーに出演。
2022年春夏ミラノコレクションで日本の2つのブランドでヘアメイクディレクターを務めた。
ヘアデザインの芸術的認知を目指して東京から世界に発信を続けている。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる