カラーシャンプーは失敗したカラートリートメントの髪色を変えられる!?

手軽にカラーチェンジできるカラートリートメント。

しかし、手軽ゆえに「こんな髪色になるはずでは!」といった失敗も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、カラートリートメントで失敗した髪色に対して有効なカラーシャンプーの使い方をご紹介します。

「落ちるまで待とう…」と肩を落としている方必見です!

目次

カラートリートメントで髪が染まるメカニズム

カラートリートメントで髪が染まるメカニズム

一般的に美容院で行うカラーリングは、薬剤を使用して髪表面に存在する鱗状の組織「キューティクル」を開いて髪を染めます。

髪内部のメラニン色素を薬剤で分解するのです。

一方で、カラートリートメントは髪の表面をコーティングすることで色を付けます。

爪にマニキュアを塗ったような感じです。

そのため、髪へのダメージは少ない代わりに、薬剤を使用するカラーリングよりも色の持ちは長くないといった特徴があります。

カラートリートメントで失敗した場合も、通常のシャンプーを繰り返すことでどんどん落ちていきます

失敗カラーはカラーシャンプーで打ち消す

失敗カラーはカラーシャンプーで打ち消す

カラートリートメントで髪を染めるなかで、「思っていた色と違った!」「染めムラが目立つ!」「濃く染めすぎた!」といった失敗も少なからずあります。

先述したように、日々のシャンプーで徐々に色は落ちていきますが、できるだけ早く色を落としたいですよね。

そこで登場するのがカラーシャンプーです。

カラーシャンプーは、カラーリングの退色によって黄ばむ髪色に「補色」を補うことで打ち消します

補色とは正反対の色同士のことをさし、この2色を混ぜることでニュートラルな色味(無彩色)に近づくといった性質を持っているのです。

補色の性質を利用し、失敗した髪色をチェンジさせましょう!

以下で失敗した髪色に適したカラーシャンプーをご紹介します。

【失敗】緑には暖色系のカラーシャンプーを!

【失敗】緑には暖色系のカラーシャンプーを!

まず、緑色の髪色へは暖色系の赤やピンクといった色味のカラーシャンプーが最適です。

特にブリーチを行っている髪の毛は、メラニン色素によって黄色味が強いことがよくあります。

黄ばんだ髪色に寒色系のカラートリートメントを使用すると、緑色になりやすいです。

ブリーチした髪が緑色の髪になってしまった場合は、暖色系のカラーシャンプーでブラウンに近づけることができます。

緑色でもこんな場合は修復がむずかしい

黄ばみのある髪に対して、アッシュ系や寒色系の色を入れて緑色になった場合は、先述したように暖色系のカラーシャンプーで打ち消せる可能性があります。

しかし、白髪染め用のトリートメントの影響で緑色になってしまった場合はむずかしいでしょう。

白髪染め用のトリートメントで緑色になってしまった方は、中に含まれる金属成分とパーマなどで使用する薬剤が反応していることが考えられます。

この場合は、暖色系のカラーシャンプーを使用しても色が打ち消されません。

【失敗】赤色には寒色系のカラーシャンプーを!

【失敗】赤色には寒色系のカラーシャンプーを!

続いて、赤みがかった色になってしまったら、アッシュ系や寒色系のカラーシャンプーを使用してみましょう。

白髪染め用のカラートリートメントのなかには、明るめのブラウンも用意されており、色味の関係で赤っぽくなる場合があります。

補色の関係である、アッシュ系やマット系、寒色系のカラーシャンプーを使用することで赤みを抑えたブラウンに変わる可能性が高いです。

【失敗】黒色になったら美容師へ!

最後は、カラートリートメントによって黒色になってしまった場合です。この場合は残念ながらカラーシャンプーを使用してもなかなか色が変わりません。

そのため、時間の経過とともにカラーシャンプーが落ちていくのを持ちましょう

くれぐれも、市販のブリーチ剤を使用して落とそうとは考えないでください。

髪や頭皮のダメージの原因になります。

「どうしても髪色をなんとかしたい!」という方は、カラートリートメントにおけるリカバリー経験のある美容師に相談してみてください。

KYOGOKUのカラーシャンプーにお任せ!

ここまで、カラートリートメントで失敗した髪への対処法をご紹介しました。

適したカラーシャンプーを使用することで色を打ち消し、自然なブラウンへと変えることが可能です。

ここでは、緑色や赤みが入ってしまった髪色におすすめの「KYOGOKU カラーシャンプー」をご紹介します。

KYOGOKUのカラーシャンプーは赤系・ピンク系の「ピンクパープル」、青系・紫系の「ブルーパープル」、ブラウン系の「ブロンド」の3タイプで展開中です。

カラートリートメントで緑色になってしまった方には、「ピンクパープル」。

赤みがかった髪色になってしまった方には「ブルーパープル」がおすすめです。

また、「青っぽい髪色が気に入らない!」という方は、補色の関係である「ブロンド」を使ってみてください。

KYOGOKUカラーシャンプーの特徴

KYOGOKUカラーシャンプーの特徴

カラートリートメントと比べ染色する力は少ないカラーシャンプーですが、KYOGOKUの商品は「ミニマリズム処方」を取り入れ、求める色を追求した1本です。

染まりに影響する不純物が少ない「水」、そして「染料」にこだわっています。

カスタマーレビューでの評価も高く、「原液の(色の)濃さにびっくり」との声も。

カラートリートメントによる髪色の改善にも期待できるでしょう。

一度試してみてくださいね!

【KYOGOKUカラーシャンプーの染色をチェックしたい方はこちらもチェック!】

カラーシャンプーで失敗も怖くない!

今回は、カラーシャンプーでカラートリートメントによって失敗したカラーを改善させる方法をご紹介しました。

カラーシャンプーは色の補色による作用を活かし、髪色を理想に近づける効果があります。

カラーシャンプーの効果を上手に利用して「緑色になってしまった!」「赤っぽさが気になる!」といった悩みを解決しましょう。

KYOGOKUカラーシャンプーは、水と染料にこだわった「ミニマリズム処方」

暖色系・寒色系・ブロンドの3種類が用意されているため、さまざまな髪色に対応してくれます。

カラーシャンプーを自在に使って、毎日を笑顔で過ごしませんか?

今回ご紹介したカラーシャンプーは「KYOGOKU PROFESSIONAL」から購入可能です。

iPhoneユーザーならKYOGOKU公式アプリもおすすめです!

ぜひ登録してみてくださいね!

KYOGOKU公式ラインでは、お得なクーポンなどの限定情報を配信中。

この記事を書いた人
井尾充将
井尾 充将
  • 2022/2月オープン予定「&chaLme」代表
  • 美容学校の技術講師
  • 2年連続ホットペッパービューティー
     人気スタイルランキング全国1位(140万人中)
東京の有名店HAIR DIMENSIONにて技術を学ぶ(有名雑誌のヘアメイクなど担当)。
美容師向けの技術講習会多数こなし、全国的なCM撮影のヘアメイクも担当。
現在は美容学校の技術講師を担当し、2022年2月には自身が代表を務めるヘアサロンをオープン予定。
美容師としての社会的地位を向上させる為に日々研究中。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる