【何が違う?】オーガニックカラーとイルミナカラーの特徴!美容師がメリット・デメリットを解説

「オーガニックカラー」と「イルミナカラー」はどう違いますか?
「オーガニックカラー」と「イルミナカラー」の色持ち期間は?

よくこんな質問をいただくことがあります。

そこで、今回はオーガニックカラーとイルミナカラーの違いについて、メリット・デメリットを踏まえてご紹介します。

それぞれの特徴を踏まえて、自分にあった明るさ、暗さのカラーを選びましょう。

目次

オーガニックカラーとイルミナカラーの特徴について

一般的にオーガニックカラーは天然由来の成分を配合しているカラー剤の総称で、イルミナカラーはWELLA(ウエラ)というメーカーが出しているカラー剤のことを言います。

どちらも髪に優しいヘアカラーとして知られていますが、実は「全く痛まないヘアカラー」というわけではないということはご存じでしたか?

オーガニックカラーのメリット・デメリット

オーガニックカラーは主に植物成分が入っているため、

髪や地肌へのダメージが少ない

カラーリング中や後刺激臭が少ない

天然のオイル成分で乾燥を防ぐ

という利点があり、肌の弱い人や髪が傷みやすい人に向いています。

誤解しやすい点なのですが、化学成分が一切入っていないものから植物成分がほんの一部だけ入っているものまで、同じくオーガニックカラーとされています。

メーカーによってその配合は様々なので、「オーガニックカラーをしたのにいつもより髪が傷んでしまった」という場合もあるので注意も必要です。

オーガニックカラーは暗めのナチュラルカラーが得意なので、色味のバリエーションが少なく、赤みが出やすい傾向にあります。

優しい成分を配合している反面、髪を明るくしにくいので通常のカラーに比べてハイトーンや透明感のあるカラーを表現しにくくなります。

透明感のある柔らかい色が好き、こまめに色味を変えたいという人には、ちょっと向いていないかもしれません。

イルミナカラーのメリット・デメリット

イルミナカラーは特殊な技術でブリーチをしなくても明るい髪色にできるので、色味のバリエーションが豊富です。

従来のヘアカラー剤では、ブリーチで髪を明るくしないと柔らかく透明感のある色に染めることはできませんでした。

ブリーチをしない分、キューティクルへのダメージを最小限に抑えることができ、髪への負担を軽減することができます。

ブリーチよりは痛まないものの、髪を明るくする成分が強いので通常のカラーよりも傷みやすいというデメリットもあります。

「染めたては綺麗なんだけど、すぐに色が落ちちゃった」という声が多いこともあり、気に入ったカラーを長く楽しみたい人には不向きかもしれません。

オーガニックカラーとイルミナカラーの色見本

オーガニックカラーとイルミナカラーの色味のバリエーションをみてみましょう。

オーガニックカラーの色見本

イルミナカラーの色見本

イルミナカラーの色見本
参照:https://illumina.wella.co.jp/product/illuminacolor/

画像は白色の髪に染めたイメージでカラー剤自体が持っている色味になります。

カラーチャートを見ると、オーガニックカラーは落ち着いた深みのある色味で種類が少なく、イルミナカラーは透明感のある色味でバリエーションが多いですよね。

  • しっかり染めたいグレイカラーやナチュラルで暗めのカラーはオーガニックカラー
  • ハイトーンや透明感のある色はイルミナカラー

といったように、希望の色によって合うカラー剤を選ぶのが良いでしょう。

オーガニックカラーとイルミナカラーの色持ち期間は?

「オーガニックカラーは色持ちが早い」と誤解されている方も多いですが、実は通常のカラーとそんなに褪色スピードは変わりません。

通常のカラーと同じように、根元が気になったら染めるといったように大体1ヶ月〜2ヶ月程度のサイクルでメンテナンスをする方が多いです。

また、髪のベースカラーを明るくしないことで新しく生えてきた髪との色の差が目立ちにくく、気になりにくいということもあります。

オーガニックカラーについてもっと知りたい方はこちらをご覧ください。

イルミナカラーは淡い色や透明感のあるカラーが多いので、通常のカラー剤よりも色落ちが早い傾向にあります。

明るければ明るいほど色をキープするのが難しく、ダメージや日頃のお手入れによって異なりますが、平均して1〜2週間程度という方が多いです。

早い方だと数日で色落ちしてしまうということもあります。

こまめに色を変えたい人や髪色を育てたい人にとっては、次に染めたい色の邪魔になる色素が少ないので、色んなカラーを楽しむことができます。

オーガニックカラーで白髪染めはできる?

オーガニックカラーで白髪染めをしている人も多くいます。

白髪をしっかり染めたい

白髪染めで傷んでしまった

年々髪に艶がなくなってきた

といった方におすすめです。

オーガニックカラーは色味が深いので、白色の髪にもしっかり色素を入れることができます。

通常のカラーと同じように褪色をしていきますが、黄色っぽいオレンジのような色味が残るものが多く、染めたての頃よりも明るい印象になります。

使用するメーカーによってオーガニック成分の配合が違いますが、

髪や地肌に優しい成分が多ければ明るくなりにくい

化学成分が多ければ髪色を明るくできるが傷みやすい

といった特徴があるので、希望のカラーや気になるダメージによって担当スタイリストと相談してみた方が良いでしょう。

オーガニックカラーのブリーチはあり?なし?

「オーガニックカラーでブリーチをしたい」時には、ダブルカラーをするということになります。

ブリーチで一旦髪色を明るくしてから、オーガニックカラーで色を重ねるということになりますが、

メリットとしては

明るい髪色にできる

通常のカラーを重ねるよりダメージを抑えられる

と、オーガニックカラーのみでは表現できなかった透明感や柔らかさを出すことができます。

デメリットとして、

ブリーチをするので痛みやすい

色持ちが悪くなる

手触りが悪くなりやすい

と、オーガニックカラーで最小限に抑えていたダメージはブリーチによって進行してしまいます。

髪のダメージを抑えることが一番か、髪色を優先するかによりますが、現在の髪の状態や希望の色味が可能かどうかなどの判断が大切です。

ブリーチをするかどうかは担当のスタイリストに相談してみると良いでしょう。

オーガニックカラーで人気!グレージュとはどんな色?

グレージュとは、その名の通りグレーとベージュがミックスされた色のことを言います。

一般的にグレーはくすみやすく暗くなりがちですが、明るく柔らかさの出しやすいベージュを混ぜることで、外国人のような透明感のある優しい色味を表現できます。

また、褪色で黄色くなりやすいベージュをグレーが少し落ち着かせることができ、色落ちを美しく楽しめることも特徴です。

暖色系のベージュと寒色系のグレーが混ざり合っているので、

イエローベース・ブルーベースの肌色を選ばない

ファッションなどトータルコーディネートにも合わせやすい

といったことからも、大人気のカラーです。

この他ミルクティーカラーも人気ですが、こちらはグレージュよりも少しブラウンよりのまろやかな印象になります。

ミルクティとグレージュを合わせたカラーもあったりと、ハイトーンのバリエーションは豊富です。

ですが、実際に美容室でカラーをするときは、美容師によって色の認識が異なる場合があるので、口だけで色を説明しても伝わらないということも多くあります。

例えば、ミルクティーとカフェオレの色の違いって微妙ですよね。

「あ〜今頭の中に描いてる髪色を覗いてほしい」と多くのお客様が思っています。

美容室でオーダーするときは画像を見せるのが一番!

美容師は何とかしてお客様の希望を叶えてあげたい気持ちでいっぱいです。

気軽に相談してみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる