【人気急上昇!】オーガニックカラー「ミルクティー」とはどんな色?

いまオーガニックカラーで人気急上昇中の「ミルクティー」をご存知ですか?

ブリーチなしでオーガニックカラーを使った「ミルクティー」は、落ち着いた優しい色合いなので、職場やアルバイト先にも採り入れやすいカラーです。

今回は、こうした「ミルクティー」やオーガニックカラーの人気色、色落ち期間についてご紹介します。

目次

オーガニックカラーで人気急上昇「ミルクティー」はどんな色?

一般的にミルクティーはベージュ系のカラーを指していることが多く、まろやかでクリーミーな色味が柔らかく優しい印象を与えます。

寒色系よりも肌馴染みがよく、顔色を明るく艶やかに見せてくれる色でもあるので、人気のカラーです。


参照:https://kyogokupro.com/note/milktea_keep

また、ミルクティーといってもいろんな色があります。

ベージュカラーはスタンダードな色ですので他の色味との相性も良く、ちょっと色味を足すだけで、可愛らしくもカッコよくもなれます。

少しピンクを混ぜて、愛らしい印象にもなります。

オーガニックカラーのベージュカラー
参照:https://www.instagram.com/p/B-TQAqSDouB

グレーをミックスしたアッシュ系のミルクティーも大人っぽくて人気です。

オーガニックカラーアッシュ系ミルクティー
参照:https://kyogokusalon.com/brevet-summer-hair-color-milk-tea

しかし、単に「ミルクティーカラーにしたい」と、そのままオーダーするのはちょっと危険です。

  • 美容師によってその認識が異なること
  • スタイリストが独自の色の名前をつけていること

このように、口だけで説明しても伝わらないことも少なくありません。

一番良い方法としては、担当のスタイリストに画像を見せて相談すること。

百聞は一見にしかず」ですので、お互いに同じものをイメージして共有することが理想のミルクティーカラーにできる近道になります。

ブリーチなしオーガニックカラーの色見本

ブリーチなしオーガニックカラーの色見本
参照:https://kyogokusalon.com/what-is-organic-color

オーガニックカラーのヴィラロドラのカラーチャート(色見本)です。
画像は白色の髪に染めたイメージで、カラー剤が持つ色味になります。

カラーチャートを見てみると、オーガニックカラーではない通常のカラーと比べると、ちょっとカラーバリエーションが少ない印象です。

色味が濃く深いので、

  • トーンダウンしたい
  • 白髪を染めたい
  • ナチュラルな仕上がりが好き

といった方にもおすすめです。

逆に明るい髪色が好みの方や、派手髪にしたい方には向いていないカラーと言えます。

職場でも問題なし?オーガニックカラーの7トーンとは?

オーガニックカラーの7トーンは、スタンダードなブラウンがベースになっているので、ベーシックなカラーを希望している方にはぴったりのカラーです。

職場で明るいトーンが禁止されているところでは、7〜8トーンまでOKとしているところも多いかと思います。

分かりやすく言うと、7〜8トーンは「ちょっと地毛が茶色い人」という明るさです。
明る過ぎず暗過ぎないのでビジネスシーンでも悪目立ちすることがありません。

オーガニックカラーに関わらず、だいたいのカラー剤は7〜8トーンぐらいが一番濃い色味になっていることが多くあります。

ですので、暗めのトーンでもオーガニックカラーで色味を楽しむことができます。

大人っぽい落ち着いた印象:ブラック・アッシュブラウン系

こんな人におすすめ!

  • 職場が髪色に厳しい
  • 大人っぽい雰囲気にしたい

柔らかい印象:ベージュ・ブラウン系

こんな人におすすめ!

  • 可愛い印象にしたい
  • 派手髪が苦手

個性的な印象:レッド・オレンジ系

こんな人におすすめ!

  • 暗めでも人と違ったカラーにしたい
  • トーンを抑えても色味をしっかり出したい

7トーンは地毛のもつブラウンの色があるので、ハイトーンに比べると色味を感じにくいですが、寒色系は黒髪に近く、暖色系はブラウンに近い色味になります。

ベースカラーを明るくし過ぎないことで、新しく生えてくる髪との明るさの差が気になりにくくなるので、カラーの頻度を抑えたいと言う人にもおすすめです。

おすすめ!オーガニックカラー「ラベンダー」

オーガニックカラーのラベンダーは、青みの入った紫色のことを言います。

ラベンダーが持つパープルが黄ばみを感じさせないので褪色も綺麗です。

特に、ハイトーンでラベンダーカラーにすると淡い紫になるまで長く色を楽しめます。

色落ちの経過を日々味わえるので、インナーカラーやバレイヤージュに取り入れやすく、リピートする人も多い人気のカラーです。

ミステリアスなイメージも多いラベンダーですが、肌のくすみを飛ばして色白に魅せてくれる特徴もあります。

定番人気のオーガニックカラー「グレージュ」

グレージュとは「グレー(アッシュ)」と「ベージュ」を合わせた色のことを言います。

ベージュの柔らかさとアッシュの大人っぽさを兼ね備えた、絶妙な色加減が人気です。

  • ベージュ系の黄ばみが気になる
  • アッシュ系の暗さが気になる

というご希望の方におすすめです。

ベージュの持つ優しい色味が沈みがちなアッシュを馴染ませるので、ハイトーンなら透け感を、ダークトーンはまろやかなブラウンに仕上げることができます。

また、寒色系と暖色系がミックスされているので、ファッションを選ばず合わせやすいという声も多いので、おしゃれをたくさん楽しみたい人にも人気のカラーです。

オーガニックカラーどのくらいで色落ちする?

オーガニックカラーはどのくらいで色落ちしていくのかというと、これは髪の状態やケアによって異なります。

<色落ちが早い人>1ヶ月未満目安

  • 髪が乾燥している
  • ダメージ毛
  • ハイトーン
  • 毎日ヘアアイロンをしている

<色落ちが遅い人>1ヶ月〜2ヶ月程度

  • 髪の痛みが少ない
  • 暗めのトーン
  • カラーシャンプーを使用している

人によって感じ方に個人差はあるものの、髪に残っているメラニン色素が多いと、色落ちしても気にならない傾向にあります。

これは、新しく生えてくる髪とカラーをしている髪の境目が目立ちにくくなるためです。

オーガニックカラーと言っても、メーカーによって特徴が違います。

ナプラ ナシードカラー ナチュラルブラウン N-8NB 80g 【業務用】 【ヘアカラー1剤】

ヘアカラー業界でも多く使われているナプラのナシードカラーは、ファッションカラーからグレイカラーまで様々な人に合うように

地毛の平均的な明るさの6レベルから、明るめの14レベルまで幅広く種類がありますが、中でも一番ベーシックなN-8NBは、ナチュラルトーンに最適のカラーです。

こんな人におすすめ!

  • ハイトーンをかなり落ち着かせたい
  • 自然な髪色にしたい
  • 白髪をしっかりとカバーしたい人

ナシードカラーには天然由来成分がたっぷりと配合されています。

  • カラーの色味を美しく・滑らかな手触りに導く、2つのシードオイル
  • 保湿効果のある6種類のオーガニックハーブエキス
  • 保湿・毛髪保護効果に優れた6種類のナチュラルハーブエキス
  • 自然由来成分による保湿

地肌ぎりぎりから塗布できるヘアカラーだからこそ、こだわりの成分を配合しているんですね。

オーガニック成分ならではの優しい香りなので、カラー中や直後の匂いが苦手な方にもおすすめです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる