【白髪の原因!?】シャンプーの選び方と使い方をご紹介

「白髪が増える理由は?」
「白髪予防におすすめのシャンプーは何があるの?」

このように白髪を気にされる男性・女性のみなさまへ、白髪の原因と白髪予防のシャンプーについてご紹介します。

白髪の原因やあなたの頭皮に合ったシャンプーの選び方を確認し、白髪と上手く付き合っていきましょう!

目次

白髪の原因は何がある?

白髪の原因は何がある?

白髪の原因はひとつではありません。

  • 遺伝
  • 加齢・老化
  • ストレス

などが挙げられます。

髪はメラニン色素の量によって色が決まります

頭皮の髪が生えてくる部分には、メラニン色素を作る細胞があります。
メラニン色素を生成する細胞が活発だとメラニン色素が多くなり髪が黒くなります。

逆に、その細胞が正常に機能しなかったり、衰えたり、流出してしまうと、メラニン色素が不足し白髪が生えてくることがわかっています。

遺伝

遺伝子的にはまだ解明されていない部分が多いものの、白髪の多い家系は白髪になりやすい傾向にあります。

加齢に伴う老化

個人差はありますが、男女問わず30代〜40代で白髪が増えます
メラニン色素を作る細胞の働きが衰えることや減少してしまうことが原因です。

シャンプーや食べ物でその働きを助けることができます。

ストレス

ストレスが多くて「肌がボロボロになった」といった経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか?
ストレスによる血行不良が栄養不足や乾燥を招いたりして頭皮が赤くなったりと、地肌の環境にも影響していきます。

地肌が荒れると健康な髪が弱ってしまったり、生えてこなくなってしまったり、白髪になるといったことになり兼ねません。

ですので、白髪ケアには頭皮の環境を整えることは大変有効です。

かといって、地肌を清潔に保つために「爽快感のあるシャンプー」や「洗浄力の強いさっぱりするシャンプー」は、頭皮や髪から油分や栄養を流出させてしまいます。

次に白髪に有効なシャンプーの選び方についても解説していきたいと思います。

使用するシャンプーによって白髪が増える?

使用するシャンプーによって白髪が増えるという直接的な働きをすることはありません。
ですが、シャンプーによって頭皮の環境が悪くなって地肌の老化につながり、白髪が増える可能性は充分に考えられます。

洗浄力の強い成分のシャンプーを使用している場合は、地肌から必要以上に栄養分や油分を流してしまい、頭皮は乾燥してしまいます。

そういったことにならないように、頭皮の環境を整えることは、白髪を予防する対策のひとつとして有効です。頭皮の環境を良くするために、アミノ酸系など洗浄成分の優しいシャンプーを使用することがおすすめです。

また、洗い方も重要です。

熱めのお湯を使う、ゴシゴシ強い力で洗うなどは頭皮や髪への負担になります。

ぬるめのお湯で流したり、指の腹で優しくマッサージするように洗うことで地肌や毛髪へのダメージはかなり軽減することができます。

この他、白髪を気にならなくする方法としては、シャンプーに色素が入っているものも有効です。

カラーシャンプーによって、髪の内部の足りない色素を補うことで、直接白髪を黒くすることができ目立たなくすることが可能です。

メラニン色素生成に働きかける白髪ケアとは?

メラニン色素を作る細胞への働きを助ける良い方法としては、ストレスを緩和することです。
メラニン色素を作る細胞は、ストレスによって働きが衰えたり流出してしまうことが科学的にも解明されています

「心配事が重なって白髪が突然増えた気がする」
「悩みが解決したら前は白髪だった髪の毛が黒く生えた」

加齢による白髪は戻ることはありませんが、ストレスによる白髪は戻る可能性があるのです。

  • 好きなことをめいいっぱい楽しむ
  • 疲れた時は充分に休む
  • バランスの良い食事を摂る

心や体への負担を軽減し満たしてあげることで、ストレスを和らげることができます。
バランスの良い食事とお伝えしましたが、偏りのない食事は心身を健やかに保つ大切な要素です。

加えて、メラニン色素を作るために必要な栄養分を取り入れることも白髪ケアには良いでしょう。

<メラニン色素をつくる食べ物>

これがないと、いくらメラニン色素を作る細胞が正常で元気でも髪は黒く生えてきません。
メラニンの原料となっているのが必須アミノ酸であるチロシンというもの。

<主な食べ物>
・乳製品・ナッツ類など

糖分と一緒に摂取すると吸収が良くなる性質なので、りんごやバナナなど果物を食べると効率が良いでしょう。

<メラニン色素を作る細胞の働きを助ける食べ物>
ミネラルのヨードはヨウ素とも言われていますが、この物質が不足するとメラニンを生成する組織が規則正しく作用しなくなってしまいます。

<主な食べ物>
わかめやこんぶなどの海藻類

  • ストレスを溜めない
  • 栄養を摂る

体にとって良いことは白髪予防にも有効です。

白髪染めに最適なカラーシャンプーとその使い方

白髪のお手入れはカラーリングだけではありません。

  • 白髪染めで頭皮が染みる
  • 白髪を染めてもすぐ目立つ
  • もっと手軽に白髪ケアがしたい

こういった方は、色素が入っている白髪染め用カラーシャンプーがおすすめです。

  • 地肌や髪に優しい
  • いつも使ってるシャンプーを変えるだけ
  • 白髪に色が入るので目立ちにくくなる

なので手軽で簡単です。

created by Rinker
ピュール
¥2,939 (2022/08/15 23:55:20時点 Amazon調べ-詳細)

<使い方のポイント>

  • 爪が黒ずむので手袋は必須
  • たっぷり多めに出して、濃いめの泡を作る
  • すぐに洗い流さず、15分以上放置して泡パック

1回〜2回ではほとんど染まりません。
だいたい7〜10回目くらいで「目立たなくなってきたかな?」という感じになってきます。

そのくらいになったら週に1度程度のサイクルで使用すると良いでしょう。

<使い方のポイント>

  • 爪や手が染まるので手袋は必ず着用
  • サラサラしたテクスチャーなので、出す時注意
  • 一度で染まりますが、目立たなくなる程度
  • 週に1回がおすすめペース

<使い方のポイント>

  • 普通のシャンプーと同じように使用
  • 5分程度放置で染まりますが、ほんのり目立たなくなる程度
  • 初めは15日程度連続でしようして、その後週に1回がおすすめペース

どのメーカーもだいたいの使用方法に大きな差はありませんが、白髪染めのカラーシャンプーの特徴として、

  • 地毛と白髪の色の差を馴染ませる
  • 手触りが良くなる

「根元からしっかり染めるのは難しい」「一度で染まらない」という特性を活かして、グラデーションカラーのように徐々に白髪を目立たなくしていきます。

また、カラーリング後の補色として使用することもできますが、希望の色になりにくかったり、次回染める時に綺麗に色が出なくなってしまうことがあるので、担当美容師に相談してから使用すると良いでしょう。

また、色素や栄養が髪の内部に入ることでハリ・コシが出やすくなります。
髪の柔らかい細い人には嬉しい効果ですよね。

太めや硬めの髪質の方は染まりにくいので、焦らず気長に使い続けると良いでしょう。

白髪染めシャンプーは頭皮に優しいの?

シャンプーには、合成界面活性剤という水と油を馴染ませる成分が入っているのですが、この合成界面活性剤と染料である合成染料が合わさることで髪の毛がより染まりやすくなります。

染まりやすいといったら、すごくよさそうに感じますが、その分髪がダメージを受けやすいのです

もし続けていくなら頭皮のケアも忘れずにおこないましょう。

ネイチャーブースター

そこでおすすめしたいのがこのアイテムです。

KYOGOKUのネイチャーブースターはカラーなどによる頭皮のダメージを労わります。

毎日頭皮につけてマッサージをすることで頭皮環境を整え、毛髪に栄養を届けやすくします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる